俺流!バラとラン栽培

バラとランと WordPress に魅せられて!

日別: 2015年2月15日

「世界らん展日本大賞 2015」へ行ってきた!

世界らん展日本大賞2015昨年(2014年)もちょっと気になった「世界らん展日本大賞」でしたが、昨年は購入した「シンビジウム」が開花せず、ランに関しては、諦めムードでしたから、結局は出向くことはありませんでした。

しかし、今年(2015年)は俄然興味があって・・・是非、見に行ってみたいと考えていました。場所は東京ドームだったので、ドームへ行ったことのない我妻、長女も私に同行する気満々でしたから。しかし、先週末に体調が優れなかったので、ちょっと心配でしたが・・・完全とはいかないものの、出歩くには問題なしと判断して、午前中に自宅を出ました!

どんなランがあるんだろうとか、大賞を受賞したのはどんなランなんだろう・・・といったことよりも、「黄色の花のコチョウラン」が欲しくて、あれば購入する気で行ったのですが、残念ながら、黄色のコチョウランはあったのですが、どれも花色が想定以上に薄い黄色で、どうしても購入に踏み切れませんでした。

image右の写真は、正面入り口を入って直ぐに飾られていた「大賞受賞」のデンドロビウムだそうですが・・・素晴らしい花付で、それこそ専門家にしてみれば本当に素晴らしいのでしょうけど・・・私も我妻も長女も、色が今一つだね~ってコメントで。かなり大きな株ですが、花色はシックで、どうやら我が家の好みではなかったようです。

受賞作品と共に、気になったのは、当然ですがコチョウラン、シンビジウム、デンドロビウム。とにかく所有していますから、我が家での成長とらん展に出品されているのとでは、どう成長等が違うのかを観察すること。

ただ、私のような素人と出展されているものとでは、あまりにも違うのかな~特にコチョウランの花茎の誘導は気になっていたのですが、どうやらピシッと支柱が花茎と同期をとるように誘導されているものはほとんどなかったので、かなり安心しました。また、花茎に対して短い支柱に対しては、長さを調整するために、短い支柱を更に括り付けているようなケースもあって・・・これで、我が家も支柱の立て方が理解できました!支柱の長さがビシッと花茎と同じになることなんてないわけね!

もう一つ、私個人として気になっていたのが、「ディスプレイ部門」にあるはずの「向山蘭園」「須和田農園」のディスプレイ。「向山蘭園」は、偶然ですが我が家にある 3 つの株全てが「向山蘭園」から出荷されたものだったこと。「須和田農園」は、我が家のある千葉県をベースにした農園であることと、「趣味の園芸」ではおなじみの江尻光一(えじりこういち)氏が園主であるから。

いや~「向山蘭園」はシンビジウムだらけ!流石です。嬉しかったのは、我が家にもあるシンビジウムも飾ってあって・・・いや~ここまで大きくなるんだ~と俄然やる気が出てきました!

「須和田農園」は、独特のディスプレーを演出していますが、その中でもカトレアの魅力は、素晴らしい感触で、大株は素晴らしい香りもあって。

向山蘭園 須和田農園
image image

「世界らん展日本大賞2015」では、ちょっと投げ売りのような感があったのと、混雑でじっくりと株を選定する、といった感じではなかったので、購入を断念しました。というよりも、今の季節、ちょっとランを購入するのは如何なものか、とも考えていたので、ここは我慢でした。

ただ・・・「カトレア」がこれほどまでに魅力的とは考えていなかったので、春には「カトレア」購入に奔走するかもしれません。

Posted by “WordPress for Android” in Xperia Z3 Compact.

中輪系のコチョウランは絶好調!

大輪系のコチョウランに比べて、中輪や小輪系の花が咲くコチョウランは寒さに強いそうですが・・・それよりも、中輪系や小輪系のコチョウランは、とっても育て易いような気がします。寒さに強いだけではなく、以下のような特徴があります。

  1. 価格はとってもお手頃です!
  2. 花の色の種類が多く、選択するのが大変(選択するプロセスがとっても楽しい)。
  3. 花茎が誘導し易い。
  4. 花後、株が小さめなので場所を取らずに栽培できる。
  5. 上記のような特徴に加えて、大輪系のコチョウランと同じように花持ちが長い。

我が家は、中輪系コチョウランを 2 株持っていますが、一つは既に花が終わって来季に向けて勝ち替えを完了しています。そして、もう一つの中輪系コチョウランが、ほぼ、ほぼ花が咲きそろってきました!
20150214_churin_kocyuran2
最初に開花した中輪系コチョウランは、白に紫が入った花でしたが、こちらの株は全体的に紫がかった花色。今となっては、コチョウランとしか言えないのですが、中輪系のコチョウランは絶好調です!

中輪と言っても、そこそこ花の大きさもあるし、花茎を切り取っても大輪系コチョウランと同じくらい長持ちするし。とにかく花色が豊富で、見ているだけでも楽しい中輪系、小輪系のコチョウランです。

「俺流!バラとラン栽培」Copyright © 2015-2016 by Zero Cool. All rights researved. Frontier Theme