俺流!バラとラン栽培

バラとランと WordPress に魅せられて!

大輪系コチョウランは花茎の誘導が難しい!

【追記:2015年02月22日】
先日、「世界らん展」へ行ってきました!(本ブログの投稿記事「「世界らん展日本大賞 2015」へ行ってきた!」を参照)

そこで見たコチョウランは、その多くが支柱をつけ加えていたり、花茎の大元は支柱が上手く添えられていなかったり・・・自分が考えていたように「花茎に沿ってピタッと支柱を添える」とはかなり掛け離れたものでした!つまり、あまり深刻に考える必要がないのかもしれません!

【公開時、オリジナル投稿記事】
20150214_dairin_kocyoran1中輪系、小輪系コチョウランに続いて、大輪系コチョウランも開花を始めました!

白い花・・・センターには、黄色の花色をうっすらと出していて、清潔感が強い素晴らしい花色なのですが・・・

実際には、6 株を所有していますが、その内の 3 株は、昨年(2014年)頂いたのですが、頂いたのが季節的に遅かったため、株が弱っていて最初から開花を望んでいませんでした。

しかし、残りの 3 株は、見事に花茎を伸ばしてくれていて、その内の 2 株がしっかりと開花を始めました!3 株中 2 株が開花・・・実は、もう一つは、花茎が伸び始めた当初、支柱に誘引しようとしていたら、ポキッと折れてしまった!

大輪系コチョウランは、大輪の花を咲かせるために、花茎も太く、とっても誘引するのが大変です・・・何かコツがあるのかな~最初の大輪系コチョウランの花茎を追ってしまったので、残りの 2 株の誘引は、かなり遠慮がちに誘引しています。

また、写真でも確認できますが、根の成長が素晴らしいのですが、しっかり鉢の外へ成長しています。調子が良い証らしいのですが、やっぱり見た目は「?」ですよね。

20150214_dairin_kocyoran2

大輪系コチョウランは、素晴らしいのですが、やっぱり我が家のような限られたスペースでの栽培は厳しいかも。花茎がないうちは、まだ大丈夫ですが、花茎が出てくるとかなり大きく成長します。というか、花茎が太くて長い!まっ、だから大輪系コチョウランなんですけどね。

コチョウランは、単茎性なので横に広がっていくことがありませんが、縦方向に成長していくため、ある程度、深い鉢が必要なんでしょうけど・・・飾るためには、こうした根がはみ出ることを知った上での鉢の選定が必要かもしれません・・・

関連する投稿記事リスト

下記に、本投稿記事と関連する投稿記事リストを自動生成しています。

自動生成は、投稿記事間の内容(80%)、カテゴリー(10%)、タグ(10%)を基準にして実施され、日付は公開日を示しています。ご興味があれば、是非、ご覧下さいませ。

気楽にコメントして頂けますように!コメントは承認後の公開です。

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

2,180スパムコメントは、これまでのところでブロックされたSpam Free Wordpress

「俺流!バラとラン栽培」Copyright © 2015-2016 by Zero Cool. All rights researved. Frontier Theme