俺流!バラとラン栽培

バラとランと WordPress に魅せられて!

来季に向けてプラスティック鉢とモルバークにする!

molbark5little_otsubuラン栽培は「素焼き鉢 + 水ゴケ」が一般的なのですが、経験として、このセットだと鉢にコケが発生し洗浄するのが大変です。ランは、どの品種も冬場は室内に入れるので、コケが付いているような鉢は、かなり室内に入れるのは厳しい・・・洗浄が苦ではない人は、それで良いのかもしれませんが。

今期、私は花が終わったランは、「プラスティック鉢 + モルバーク」にして育てたいと考えています。そうすることで、コケの付着を防げるはずだし、メンテナンスが楽になると考えています。

ここで言っているモルバークとは、「向山蘭園 モルバーク(大粒)」のことで、シンビジウムに使われているラン用の用土です。コチョウランには「大粒」を利用し、シンビジウムには「中粒」を利用しようと考えています。特にコチョウランには、化粧鉢にモルバークと決めています。

用土を統一することで、管理が簡単になるはず。

「向山蘭園 モルバーク」に関する解説を以下に示しておきます。

当社(向山蘭園)指導開発ニュージーランド産高品質バーク。内陸生産と徹底した生産管理で高い品質を維持しています。特に内陸部で生産しているため塩害(ナトリウム障害)はありません。包装は業務用と小売用があります。 庭園へ草花や背丈の低い庭木を植える時、土と混ぜると最高の土壌改良材になります。

関連する投稿記事リスト

下記に、本投稿記事と関連する投稿記事リストを自動生成しています。

自動生成は、投稿記事間の内容(80%)、カテゴリー(10%)、タグ(10%)を基準にして実施され、日付は公開日を示しています。ご興味があれば、是非、ご覧下さいませ。

気楽にコメントして頂けますように!コメントは承認後の公開です。

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

2,176スパムコメントは、これまでのところでブロックされたSpam Free Wordpress

「俺流!バラとラン栽培」Copyright © 2015-2016 by Zero Cool. All rights researved. Frontier Theme