俺流!バラとラン栽培

バラとランと WordPress に魅せられて!

日別: 2015年2月22日

小輪系コチョウラン、花茎を切り取って来シーズンへの栽培を開始!

20150207_syorin_kocyouran約 1 ヶ月でしょうか・・・我が家のダイニングを楽しませてくれた小輪系コチョウランですが、本日(2015年2月22日)、花茎を切り取り鉢替えを敢行しました。

期待以上の成果が得られた小輪系コチョウラン。2 本の花茎にそれぞれ 8 つ以上の花を咲かせてくれていて、小輪ということもあって、しっかりダイニングテーブルに我が物顔で咲いていてくれました。

コチョウランは、温度が20度を維持できる環境であれば、早めに花茎を切り取って、来シーズンに向けて準備を始めることができます。切り取った花茎は、切り花として、花が枯れるまで飾っておけるので、まだまだ活躍してくれるでしょうけど。

これまでは「素焼き鉢 + 水ゴケ」という常道の方法で栽培していたのですが、年間で室内で育てていても素焼き鉢にコケが付着するため、どうしても見栄えが良くないので、今回の鉢替えでは「陶器鉢 + バーク材」のコンビネーションにすることにしました。

下の写真は、植え替えが完了したところ。

image

20150222_molcoat100g用土は、先日ご紹介した「向山蘭園モルバーク(大粒)」を利用して、更に「胡蝶蘭専用モルコート」という肥料を既に投入しています。

特に「胡蝶蘭専用モルコート」は、「窒素:14、リン酸:7、カリ:10、苦土:1」という配合になっています。植え替え時に元肥として、また、成長中の株には追肥として利用することができます(と、解説されています)。しかも年 1 回施肥すれば、9~12 か月効果があるので追肥する必要がありません!ということですから、これで来シーズンまで固形肥料なしでトライしていくことになります。

植え替え後、なかなか良い感じで鉢に収まってくれているし、来シーズンも 2 つの花茎を出してくれるかな~と今からとっても楽しみな小輪系コチョウランです。

Posted by “WordPress for Android” in Xperia Z3 Compact.

Recent Posts、「最近の投稿」のカスタマイズをするプラグイン

20150212_wp_memu本投稿記事は、あくまでも自分用の忘備録です。理由は、利用しているプラグインが古いことと、既にメンテナンスが終了しているようですから、他のブログでの利用はお勧めできませんから。ただ、古いプラグインではありますが、全く問題なく機能しているので使い続けています。

サイドバーに掲載している「最近の投稿」は、標準ではかなりフォーマットが限定されていて、自由度に欠けています。当然ですが、感じ方は人それぞれですから、現行で満足するのであれば、それで十分です。ただ、私の場合、いろいろなフォーマットで「最近の投稿」を出力したいし、カテゴリー別に「最近の投稿」をリスト表記したり、と考えていることは沢山あるわけです。

そんな願いを叶えてくれるのが「Recent Posts」というプラグインです。使い始めて、どれ位になるんでしょう・・・かなり長い間使い続けています。この「Recent Posts」プラグインは、単独では機能してくれないので、「Post-Plugin Library」と組み合わせます。

先ずは、他のプラグイン同様、「Recent Posts」と「Post-Plugin Library」とをインストール、有効化します。すると、WordPress の管理画面のメニューから、「設定」、「Recent Post」をクリックすると下記のような画面が登場します。

20150212_recent_posts

「オプション」としては以下のようなものがあります。

  • General Settings:「最近の投稿」に関する一般的な設定をする(例:リスト数、リストする投稿記事のタイプ等)。
  • Output Settings:出力の方法を設定する(リストだったり、table だったり・・・)。
  • Filter Settings:カテゴリー別やタグ別等の「最近の投稿」を設定する。
  • Placement Settings:「最近の投稿」を置く配置を設定する。
  • Other Settings:上記で含まれない設定をする。

上記の設定は、標準としての設定になります。即ち、「最近の投稿」は、カスタマイズしなければ、上記の設定が全てに適用されます。ただ、上記の設定を場面ごとに変更することもできるので、記憶しておく必要があるかもしれません。

PAK86_codeing_700x200

上記の設定では、最初の 2 項目(General と Output)のみ、設定を実施しています。General Settings では、リストすべき「最近の投稿」を 10 に設定。それだけです。即ち、標準で利用すれば、「最近の投稿」は 10 の投稿記事がリストされます。

もう一つ、Output Settings は、フォーマットを以下の通りのコードにしました。

「Recent Posts」は、古いプラグインと言っても、しっかりとウィジェットを作成してくれます。上記のコードで、本ブログのサイドバーに表記されているような「最近の投稿」を出力してくれます。「投稿記事の公開日:カテゴリー:投稿記事のタイトル」ってな感じになります。

実は、このフォーマットが個人的に欲しかった!ウィジェットには、リストすべき投稿記事数を選択することができますので、General Settings を意識する必要がないのも嬉しい!

さて、上記とは別に、投稿記事や固定ページに「最近の投稿」をリストすることもできます。私の場合、PHP が稼働できるような環境が必要です。私は、「Exec-PHP」というプラグインで PHP を稼働できるようにしています。

そこで、標準のフォーマットではなく、以下のコードを本投稿記事に記述しておきます。

実際には、以下のようなリストを出力してくれます。上記とは違ったフォーマットでの出力が可能になります。{data} とか {link} とかタグと呼ばれていて、その多さにビックリしますが、使い方さえマスターしてしまえば、それほど苦になりませんでした!

サンプル出力(最近の投稿)

上記の PHP コードで以下のようなリストが作成されます。

「俺流!バラとラン栽培」Copyright © 2015-2016 by Zero Cool. All rights researved. Frontier Theme