俺流!バラとラン栽培

バラとランと WordPress に魅せられて!

小輪系コチョウラン、花茎を切り取って来シーズンへの栽培を開始!

20150207_syorin_kocyouran約 1 ヶ月でしょうか・・・我が家のダイニングを楽しませてくれた小輪系コチョウランですが、本日(2015年2月22日)、花茎を切り取り鉢替えを敢行しました。

期待以上の成果が得られた小輪系コチョウラン。2 本の花茎にそれぞれ 8 つ以上の花を咲かせてくれていて、小輪ということもあって、しっかりダイニングテーブルに我が物顔で咲いていてくれました。

コチョウランは、温度が20度を維持できる環境であれば、早めに花茎を切り取って、来シーズンに向けて準備を始めることができます。切り取った花茎は、切り花として、花が枯れるまで飾っておけるので、まだまだ活躍してくれるでしょうけど。

これまでは「素焼き鉢 + 水ゴケ」という常道の方法で栽培していたのですが、年間で室内で育てていても素焼き鉢にコケが付着するため、どうしても見栄えが良くないので、今回の鉢替えでは「陶器鉢 + バーク材」のコンビネーションにすることにしました。

下の写真は、植え替えが完了したところ。

image

20150222_molcoat100g用土は、先日ご紹介した「向山蘭園モルバーク(大粒)」を利用して、更に「胡蝶蘭専用モルコート」という肥料を既に投入しています。

特に「胡蝶蘭専用モルコート」は、「窒素:14、リン酸:7、カリ:10、苦土:1」という配合になっています。植え替え時に元肥として、また、成長中の株には追肥として利用することができます(と、解説されています)。しかも年 1 回施肥すれば、9~12 か月効果があるので追肥する必要がありません!ということですから、これで来シーズンまで固形肥料なしでトライしていくことになります。

植え替え後、なかなか良い感じで鉢に収まってくれているし、来シーズンも 2 つの花茎を出してくれるかな~と今からとっても楽しみな小輪系コチョウランです。

Posted by “WordPress for Android” in Xperia Z3 Compact.

関連する投稿記事リスト

下記に、本投稿記事と関連する投稿記事リストを自動生成しています。

自動生成は、投稿記事間の内容(80%)、カテゴリー(10%)、タグ(10%)を基準にして実施され、日付は公開日を示しています。ご興味があれば、是非、ご覧下さいませ。

気楽にコメントして頂けますように!コメントは承認後の公開です。

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

2,180スパムコメントは、これまでのところでブロックされたSpam Free Wordpress

「俺流!バラとラン栽培」Copyright © 2015-2016 by Zero Cool. All rights researved. Frontier Theme