俺流!バラとラン栽培

バラとランと WordPress に魅せられて!

2015年の施肥開始!肥料はバイオゴールド「セレクション薔薇」に決定

2014年は、いろいろと検討した結果、バラのための肥料は「発酵油かす」と「天然骨粉」をベースに施肥してきました。どの参考書にもこの二つは推奨されていたので安心感があったことと安価で購入できるのが大きな理由でした。

しかし、一年間利用して感じたことは、ハエとナメクジが集まってきて、結構その駆除が大変だし、かすかではありましたが臭いも個人的には耐え難いものでした。

ちょっと土を掘り返して埋め込んでしまえば、そうしたことはないのですが、思いの外、土の掘り返しが大変だったことと、結構根を切ってしまっていたので、後半は土の上に置いただけだったので、ハエとナメクジにとっては、どうやら格好の食事になってしまったようです。

そこで、2014年の経験を振り返って、今年度(2015年)に関しての方針を考える中で(いつもながら大袈裟ですが)、ふっと立ち寄った京成バラ園のミニセミナーで教えて頂いた「バイオゴールド セレクション薔薇」を利用することにしました!

もともとは、京成バラ園の培養土をバラ栽培で利用しようと決めたのがきっかけですが、「バイオゴールドの肥料だけでとっても見事な花が咲くよ」と主張され、実際にそのコンビネーションで咲かせたバラを見せて頂いたのが決め手でした!

全ての鉢バラに新芽が見え始めたので、施肥を開始!

ちょっと意外だったのは、結構臭いがあります!天然肥料で、発酵鶏ふんも含まれているようですから、当たり前と言えば当たり前なのですが。ただ、施肥した後まで臭いが残ることはありませんが、手で触れてしまうと結構臭いが手に付きますので直に触らない方がいいかもしれません。

「バイオゴールド ウェブへようこそ!天然肥料&活性液 ::: 製品案内 :::」にある内容をちょっと引用しておきます。

  • 成分:チッソ5 リンサン8 カリ5+天然ミネラル類
  • 原料・製法:各種天然素材×特許純菌発酵(主な原料はミネラルが豊富な発酵鶏ふん)
  • 効果持続: 約1ヶ月(水やり頻度・環境等で異なります)

厳選した各種天然成分を特許純菌発酵により、たっぷりと時間をかけ熟成した伝統の天然有機肥料「バイオゴールドオリジナル」をベースに成分・溶け具合などバラに照準を合わせ最適化。根元にパラパラまくだけで、株がしっかり育ち本来のバラの力を最大限に引き出します。開発陣が心血を注いで創り上げたバラの自然栽培を実現させる究極の肥料です。出典:「バイオゴールド ウェブへようこそ!天然肥料&活性液 ::: 製品案内 :::」より

上記から「天然有機肥料」ということですから、結論からすれば、バラが肥料焼けするようなことはなさそうですね!

関連する投稿記事リスト

下記に、本投稿記事と関連する投稿記事リストを自動生成しています。

自動生成は、投稿記事間の内容(80%)、カテゴリー(10%)、タグ(10%)を基準にして実施され、日付は公開日を示しています。ご興味があれば、是非、ご覧下さいませ。

気楽にコメントして頂けますように!コメントは承認後の公開です。

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

2,185スパムコメントは、これまでのところでブロックされたSpam Free Wordpress

「俺流!バラとラン栽培」Copyright © 2015-2016 by Zero Cool. All rights researved. Frontier Theme