俺流!バラとラン栽培

バラとランと WordPress に魅せられて!

月別: 2015年3月

シンビジウムの鉢増しを実施!

現在所有しているシンビジウムは 3 品種。全てが「5 号プラスティック深鉢」にて栽培しています。ってか、そもそも購入した時に「5 号深鉢」に咲いていたものです。

かなり新芽が育つには厳しい大きさのため、「7 号プラスティック深鉢」へ鉢増しを実施しました。最初は、植替えを考えていましたが、あまり根を動かしたくなかったので、単純に鉢増しにしました。

2015年3月30日 - シンビジウムの鉢増し

用土には「向山蘭園 モルバーク(中粒)」を使い、同じく向山蘭園の「モルバーク(シンビジウム用)」を規定量施肥しました。バーク材は、本当に簡単に鉢増しができるんですね~あっという間に完了できました!

大輪系コチョウランに 2 番花が咲いた!

大輪系コチョウランの2番花 - 2015年3月29日写真の大輪系コチョウラン・・・これ「2 番花」なんですよ。素晴らしいですね~8 輪も花が付いています。

実は、このコチョウラン、一番成長が早く、昨年末には花茎が伸び出していて、初めてのランの開花・・・になるはずでした。

しかし、店頭販売されているようなコチョウランと違って、花茎が真横に伸び出して、おーちになっていなかった!当然ですが、真横に伸び出した花茎をアーチ状にしたかった!

そこで、支柱を購入してきてアーチ状に誘導しようと考えた!

ところが・・・「ポキッ」と音とをたてて花茎の途中から折れてしまったコチョウランなんです。もうその時のショックと言ったら、言い表すことができないほどです。最初の花茎では、蕾が付いてはいましたが、開花までは至っていないので、写真が「2 番花」とは言えないかもしれませんが。

参考書には、「コチョウランは 2 番花を咲かせることができる」といった説明がありましたから、花茎が折れてからも辛抱強く栽培を継続したので、そのご褒美として花を付けてくれたと信じています。

花茎の誘導は慎重に・・・ということを学ばせてくれたコチョウランなんです。
大輪系コチョウラン - 2015年3月29日
それにしても根の成長は素晴らしいものの、多くの根が鉢の外へ成長するのは見栄えが良くありませんね~今後、こうして外へ成長した根をどうやって隠すかが大きな課題です。何と言っても、コチョウランは室内で飾りたいですから!

バイオゴールド ヴィコント564 と 064 の施肥を開始

新芽がかなり成長しだしたので、いよいよバラのシーズン到来ですね!暑い季節が嫌いな私ですが、バラの栽培だけは「やっとシーズンが来たな~」って感覚です。

今年は、ちょっと頑張ってバラの液肥も定期的にしっかりと実践していきたいと考えています。液肥に関しては、「バイオゴールド ヴィコント 564」と「バイオゴールド ヴィコント 064」に決めました。これから 1 週間に一度、それぞれを交互に施肥することになります。

ヴィコント 564 ヴィコント 064
20150329_vicont564_bottle02 20150329_vicont064_bottle02
細胞分裂を促進させるバイオゴールド独自の成分「V-RNA」をベースにチッソ・リン酸・カリを加え、植物の吸収率が良いビタミン・ミネラル等の有用成分を、独自技術により水に溶ける限界量まで溶かし込んでいる他に類のないほどバランスのとれた液体肥料。チッソ・リン酸・カリの数字だけでは語れない成分比は、この液肥のみに許されたバイオゴールドバランス。 細胞分裂を促進させるバイオゴールド独自の成分「V-RNA」をベースに、花に働きかける最高級のリン酸分、その働きを助ける豊富なミネラル類が含まれている特別な液体肥料。花数を増やすのはもちろん、より冴えわたる花色の鮮やかさ・艶やかさなど、ひとつひとつの花のクオリティーも高めます。

もうちょっと価格が安くなってくれると嬉しいんですけどね~昨年は利用していませんでしたから、効果は今年確認できるのかな~と今から楽しみです。

活性液「バイオゴールド バイタルV-RNA」を開始

20150329_vrna_main3bバラ栽培に欠かせないのが肥料・・・それだけではありませんが、肥料は重要な要素であることは間違いなさそうです。何度も記述していますが、昨年は「発酵油かす + 骨粉」で切り抜けようと考えましたが、どうもナメクジやらヒメコガネやらと食害にあって、なかなか上手く機能しなかったような気がしています。

更に、分量が不明瞭で(発酵油かすの大きさが不安定)、どれ位を施肥すれば良いのかが把握し辛かった。また、鉢土の上に置くだけでは、見た目も良くなかったし。

今年は、固形肥料も液体肥料も「バイオゴールド」を選定することを決めているので、もう直ぐ 4 月ということで、いよいよ液肥も開始です。全ての鉢バラに新芽が勢い良く育ってきていることもありますから。

先ずは、集中活性液と呼ばれている「バイオゴールド バイタルV-RNA」を開始しました。詳細は「バイオゴールド ウェブへようこそ!天然肥料&活性液 ::: 製品案内 :::」に記載されていますが、自分用の備忘録として引用しておきます。

伝統に培われた活性液”バイタル”が、バイオゴールド独自の新技術”V-RNA”との融合で大きく進化。細胞分裂促進によりもたらす強烈な根張り、さらに有効菌の増加による土壌改善。生命の源である根と土壌にかかる様々なストレスを解消し、根の持つ可能性を引き出します。独自の粒子構成:FR-grainで重厚感を持った大地に響くような効果を実感できます。出典:「バイオゴールド ウェブへようこそ!天然肥料&活性液 ::: 製品案内 :::」より

ちょっと臭いがあるので個人差があるとは思いますが、気になる方にはかなり気になると思いますが・・・私個人としては、発酵油かすよりもかなりましだと思っているので、意外に平気だったりします。

また、想定以上に大量に(水 2 リットルにキャップ 1 杯)使用するので、経済的ではないかもしれませんが、成果を考えれば、今年は様子見かな~と考えています。

「テーマ」標準の表記を変更する方法(英語を日本語へ等)

本ブログで適用しているのは、当然ですが「WordPress 日本語版」ですから、ほとんどの部分で日本語表記になっています。「テーマ」も管理画面は流石に英語ですが、閲覧者の皆様には不都合がない程度に英語になっているはず。

しかし、数か所で英語が残っています。

例えば、投稿記事の下の方に登場する「Previous Post」や「Next Post」があります。ちょっとスクリーンショットをアップしておきます。

20150306_Theme_Translation1

これ、全く気にならない方は気にならないと思いますし、多くの他のブログでも英語表記になっているものもありますよね。ただ、せっかく日本語表記を採用していますから、完全に日本語表記にしたい!

PAK86_codeing_700x200

オリジナルテーマの「Frontier」のブログにありました!翻訳の方法が。しかも、簡単に functions.php へコードを記入するだけで翻訳してくれる!「Change or Translate Text on a WordPress Theme | ronangelo」に説明があります。

本ブログで採用したコードを以下に示しておきます。

上記のコードを加えると、「Previous Post」や「Next Post」が以下のように変わってくれました!

20150306_Theme_Translation2

いや~嬉しいですね~特別に翻訳のためのファイルを準備しなくてもできるんですね。ついでに「Comments」も英語表記だったので「コメント」という日本語表記に変更することにしました。単純に上記コードの 5 行目、6 行目と同様に翻訳部分を挿入するだけで実現できました。

1 / 812345...最後 »
「俺流!バラとラン栽培」Copyright © 2015-2016 by Zero Cool. All rights researved. Frontier Theme