俺流!バラとラン栽培

バラとランと WordPress に魅せられて!

コチョウランの液肥には「ハイポネックス ハイグレード洋ラン」

ランの開花がそろそろ終了間近。来期に向かって、より良い成果を上げるために試行錯誤しています。

そうした中、個人的に悩んでいるのが肥料なんです。昨年は、発酵油かすなんかを利用しましたが、匂いもさることながら、いろいろな虫がついて室内に入れるには、かなりの度胸が必要でした。

そこで、今季は化成肥料を利用するとか、液体肥料ももっと清潔なもの!?に変更しようと考えています。

ほぼ植替えも完了したコチョウランですが・・・まずは、このコチョウランからいろいろとスタートなのですが、固形肥料は「向山蘭園 モルコート」に決めました(投稿記事「コチョウランの肥料に「胡蝶蘭専用モルコート」を利用」を参照)。この固形肥料は、「窒素:14、リン酸:7、カリ:10、苦土:1」と窒素が多い。コチョウランは「葉」が他のランのバルブに相当するわけですから、葉を成長させる必要があるので、当然と言えば当然ですが・・・

では液体肥料は!?そこで参考書である岡田弘著「はじめての洋ランの育て方」(主婦の友社:2010年02月)をじっくりと読み返してみると・・・明確に記述がありました!

コチョウランのための液肥は「ハイポネックス ハイグレード洋ラン」をと!

コチョウランは、春から夏の成長期には、葉を作る窒素分の多いタイプのものを選びます。洋ラン専用液肥などを規定の1~2倍くらいに薄めたものを4~5日に一度水やり代わりに与えます。液肥は、葉にもしっかりかかるように・・・出典:岡田弘著「はじめての洋ランの育て方」(主婦の友社:2010年02月)より

上記で言う春から夏とは、参考書の定義から「4月~8月」に相当します。これで決まり!来季に向けて、コチョウランには「ハイポネックス ハイグレード洋ラン」を選定することにします。

関連する投稿記事リスト

下記に、本投稿記事と関連する投稿記事リストを自動生成しています。

自動生成は、投稿記事間の内容(80%)、カテゴリー(10%)、タグ(10%)を基準にして実施され、日付は公開日を示しています。ご興味があれば、是非、ご覧下さいませ。

気楽にコメントして頂けますように!コメントは承認後の公開です。

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

2,181スパムコメントは、これまでのところでブロックされたSpam Free Wordpress

「俺流!バラとラン栽培」Copyright © 2015-2016 by Zero Cool. All rights researved. Frontier Theme