俺流!バラとラン栽培

バラとランと WordPress に魅せられて!

ヒメコガネの発生の防除としてオルトランDX粒剤を散布

昨年、とにかく「ヒメコガネ」というんだと思いますが、かなりの量が発生して、結構バラの花を食害されました。

どうしてあんなに多くのヒメコガネが発生したのかは不明ですが、初めての経験でした。成虫が発生しているのを発見しては、殺虫剤を散布しましたが、どうやら「土の中に産卵する」ということらしい!

今年は、何とか大量発生するのを防ぎたい!

そこで、「土の上にばらまくだけ」が宣伝文句の「オルトランDX粒剤」をその通りに鉢植えのバラの近辺にばらまきました。

ちょっとヒメコガネの生態を引用しておきましょう。

植物を加害する甲虫類ではマネコガネ、ヒメコガネ、ドウガネブイブイ、ハナムグリ、ゾウムシなどをよく見かけます。種類によって異なりますが、5月頃より成虫があらわれ、雌成虫は交尾後、土中に産卵します。幼虫の状態で越冬し、春先に蛹になるというサイクルです。普通はこのように年1回の発生です(以降、略)出典:「コガネムシ[食害性害虫]/住友化学園芸」より

更に以下の記述を明記しておきましょう。

防除薬剤としては、成虫にはスミチオン乳剤やオルトラン水和剤を散布します。コガネムシ成虫の姿を見かけたら、付近に卵を産み付けた可能性が大きいので、ダイアジノン粒剤3を植物のまわりの土に混ぜます(以降、略))出典:「コガネムシ[食害性害虫]/住友化学園芸」より

どうやら「ダイアジノン粒剤」を土に混ぜた方が良さそうですが、鉢植えの土を掘り返すのは心苦しいので、土の上にばらまくだけ、という宣伝文句を信じて「オルトランDX粒剤」の散布にすることにしました。また、3月の大きな作業の一つとして、薬剤の散布がありますので、今月実施することにしたのでした。

関連する投稿記事リスト

下記に、本投稿記事と関連する投稿記事リストを自動生成しています。

自動生成は、投稿記事間の内容(80%)、カテゴリー(10%)、タグ(10%)を基準にして実施され、日付は公開日を示しています。ご興味があれば、是非、ご覧下さいませ。

気楽にコメントして頂けますように!コメントは承認後の公開です。

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

2,181スパムコメントは、これまでのところでブロックされたSpam Free Wordpress

「俺流!バラとラン栽培」Copyright © 2015-2016 by Zero Cool. All rights researved. Frontier Theme