俺流!バラとラン栽培

バラとランと WordPress に魅せられて!

月別: 2015年4月

2015年、開花一番乗りは「ベル ロマンティカ」

2013年にバラの栽培を始めて 3 度目の春がやってきました。毎年、開花一番乗りは早咲種の「オクラホマ」でした。昨年(2014年)、オクラホマを鉢植えから地植えにしたことが原因なのか、未だに蕾すらつけていない状況です。

そんなオクラホマを横目に、2015年の開花一番乗りは「ベル ロマンティカ」でした!

2015年4月29日 - ベル ロマンティカ (1)

この「ベル ロマンティカ」は、昨年の冬に無理やりオベリスクに巻いたため、枝が折れ曲がっていて開花を心配していたのですが、何と一番乗りとなってくれました。分類としては「アンティークタッチ」種にしていますが、つるバラとしての利用も可能ということで、オベリスクに誘引しています。

2015年4月29日 - ベル ロマンティカ (2)

残念ながら、期待ほど花が付いてはいませんが、それでも完全に失敗作のオベリスクへの誘引だったこともあり、嬉しいですね~また、この「ベル ロマンティカ」は肥料不足で花色が落ちるということだったのですが、どうやら上手く色も出ているように思います。

まだまだ、蕾が沢山ありますから、これから更に開花してくれるでしょう!

泥酔して記憶がないけどコチョウランを拾った!

2015年4月27日 - 拾ったコチョウラン若くないからもう泥酔するような飲み方は止めなければいけません・・・とは考えているのですが。

また、やってしまいました!泥酔・・・飲み始めたのは記憶になるのですが、疲れていることもあってすっかり泥酔して帰宅。翌朝は休暇なので仕事には影響がありませんでしたが・・・朝起きて玄関を確認するとビックリ!かなり傷んではいましたが、コチョウランの大きな鉢が置いてある!

どうしたの、これ!?

記憶がありませんでした。どうしてコチョウランの鉢があるのか。

早速、手あたり次第に「どうしたの、コチョウラン」と質問を投げました。すろと・・・「捨ててあったコチョウランを拾ってきたんだよ」と友人が教えてくれました。それでも信じ切れず、更に確認を。すると詳細は以下のようです。

「銀座でのカラオケを終わって、帰宅する時に、酔っているにも拘らず、ゴミ出し場所に置いてあるコチョウランを発見して、拾ってきて~と叫んだ」ということでした。どうやら本当に捨ててあったものを拾ってきたらしい。

2015年4月27日 - 拾ったコチョウラン (1)

ちょっと安心して、拾ってきたコチョウランを確認すると、下葉が黄色く変色して落ちてしまっているものもあるし、花もかなり枯れかかっており、確かに捨てれても仕方がないかな、という状態です。

白い花は、中輪系のコチョウランでしょうか。小さいけど、一つの花茎が二股に分かれていて、花数は相当な量になっていたはずです。これは何とかして復活させたい。

そこで、早速、鉢を購入してきて、数分けを開始しました。全ての花茎を切り落とし、水ゴケを取り除き、傷んだ根を整理して・・・何と、5 株もありました。かなり根も傷んでいる株もありましたが。

下の写真が株分け完了後の鉢です。

2015年4月27日 - 拾ったコチョウラン(植え替え後)

4 株は「4 号深鉢 + モルバーク(大粒) + コチョウラン用モルコート」で植え付け、1 株はかなり根が傷んでいたので「3.5 号素焼き鉢 + モルバーク(大粒) + コチョウラン用モルコート」に植え替えました。葉の数が少ないので、今日からどれくらい葉を増やせるかが勝負どころでしょうか。

泥酔して・・・ちょっとした拾い物をしたな~って感じです。

Xserver、WordPress の DB を MySQL 5.0 から 5.5 へ移行

本ブログは、「エックスサーバー::Xserver」で運用しています。以前から「Xserver」のデータベースで「MySQL 5.5」が利用できることは知っていたのですが、ちょっと怖くて現在のデータベースを変更することができませんでした!

しかし、この度、WordPress 4.2 のリリースに伴って、一気にデータベースを現在の「MySQL 5.0」から「MySQL 5.5」へ移行することにしました。

20150425_Xserver

既に利用している WordPress ですが、データベースの移行手順は非常に簡単です。「移行ツール」なるものが準備されていて、それを利用するだけです(詳細は「エックスサーバーのマニュアル」に記載されています)。数分もあれば、移行が完了してしまって拍子抜け。

しかし・・・あれっ、「サーバー接続エラー」ってどういうこと!?

汗が出ました!ここまできて、全てのブログを失ってしまったのか・・・慎重にアクセスし直しても同じ結果。落ち着いて・・・ネットを検索するとありました!それは「【エックスサーバー】WordPress を MySQL5.5 に移行する際の注意点 -SAKULIFE」という投稿記事。

移行後のデータベースの中身に問題がない場合、旧バージョンの MySQL を利用していたプログラムの設定ファイルにあるデータベースホスト名を、MySQL5.5 のデータベースホスト名へ変更します。

あ、wp-config か。

WordPress は wp-config.php のホスト名の書き換えが必要!

バージョンを MySQL5.5 に移行する(確認)のボタンをクリックする前に wp-config.php のホスト名の書き換える必要があったんですね。
出典:「【エックスサーバー】WordPress を MySQL5.5 に移行する際の注意点 -SAKULIFE」より

いや~最初はビックリしましたが、上記の投稿記事の通り wp-config.php を修正。再度、緊張感がある中でアクセスすると・・・無事に解決してくれていました!

バラは「さし木」でも増やせるんですね!

20150420_Syuminoengeiもう 2 年以上になるでしょうか、定期購読を始めてから。そんな「趣味の園芸」の「趣味の園芸 2015年5月号」を受け取りました!

ページを捲っていくと、「バラのふやし方」に関する特集が組んでありました。何と「バラのふやし方 – プロが教えるさし木、つぎ木、とり木」というタイトル。最初は目を疑いました!「バラって・・・さし木で増やせるの!?」ってことで。これは驚きでした。つぎ木ととり木の方法で増やすことは知っていましたが、なんと「さし木」で増やせるなんて。

当然これまでは、自分でバラを増やそうなんて考えもしていませんでした。こりゃ、この春、挑戦するしきゃない!と決意していますが。しかも、結構簡単そうです。

詳細は、上記の「趣味の園芸」を参照して頂きたいのですが、5月上旬~6月上旬に「さし木」を実施すると・・・

さし穂は、花が終わりかけた枝を利用すると良く発根する。直径 5mm 位の太さの枝は良い。さし木用の用土は、鹿沼土小粒:4、赤玉小粒:3、ピートモス:1.5、パーライト:1.5 とする。

  • 1 ヶ月位すると発根し、新芽が出てくる!新根か新芽が確認できたら、3.5~4号鉢に鉢上げする。用土は、赤玉土小粒:5、ピートモス:4、パーライト:1(用土は、さし木用の配合と相違)。
  • 夏:花を咲かせず、摘心してしまう。上記の状態で根が底穴から見えるようであれば、5号鉢に鉢増し。
  • 晩秋:蕾が付いたら花を咲かせる。花を咲かせることで枝が固くなる!

出典:「趣味の園芸 2015年5月号」より

上記が 1 年目。2 年目も非常に重要な管理方法があるようですが、本投稿記事では割愛します。

雑誌以外にも、ネット上で「バラの挿し木!簡単な方法をわかりやすく! | バラを楽しむオトメンパパの栽培日記」がとっても参考になります。しかも、多くの写真を掲載してくれているし、経過に関する投稿記事も豊富です。

いや~それにしても「さし木」で増やせるなんて・・・知らなかった!ひょっとして、常識外れかもしれませんが、新しい発見です。

【追記:2015年5月6日】
さし木の用土として。「パーライト:7、ピートモス:3」といった縫合もあるようです。とにかく重要なことは、清潔な用土を準備すること、ということのようですね!

新葉の先がちりちりと黒く焦げたようになる!バラゾウムシの被害?

2015年4月26日 - 病気!?いよいよ暖かくなってきました!多くのバラに蕾が付き出しているし、「ベル ロマンチカ」はいよいよ開花を迎えています。

しかし、一方で新葉が「ちりちりと暗く焦げたようになっている」バラが数種類あります。地植えにした「オクラホマ」や「シークレットパフィーム」が顕著にその状態が発生していることに気が付きました。

病気かな~と思いながらも、これまで全く経験がないので、何が原因かが理解できません。新葉のみの減少で、他のは葉はかなり勢いがあるし、根腐れでもなさそうだし、肥料焼けって感じでもないんです。

右の写真がその現象を撮ったところです。クリックすると拡大されますが、ちょっと分かり難いので、下にも別角度で撮影しました。当然ですが、蕾は付かないでしょうね~こうなってしまっては!

2015年4月26日 - バラゾウムシの被害!?

ネットを調べてもなかなか納得のいく回答がありませんでしたが・・・やっと見つけました!以下のような説明が!

バラゾウムシ
小型のアリほどの大きさ(3~5mm位)の、口が象の鼻のように伸びた甲虫がこれです。蕾や新芽が小さいうちに産卵して、産卵箇所より先が、ちりちりと黒く焦げたように枯れさせてしまいます。他には、長い口で汁を吸い、蕾がうなだれ枯れるなどの被害も出ます。出典:「バラの病気と害虫 | 花ひろばオンライン」より

実際に「バラゾウムシ」を見つけたわけではないので確信できませんが、上記の「ちりちろと黒く焦げたように」という表現がぴったりと合致します。

1 / 712345...最後 »
「俺流!バラとラン栽培」Copyright © 2015-2016 by Zero Cool. All rights researved. Frontier Theme