俺流!バラとラン栽培

バラとランと WordPress に魅せられて!

花の写真で背景をぼかすための 3 つの基本

20150405_Mag_Cameraman本ブログで何度も記述していますが、バラやランの花をクローズアップした写真で、背景が綺麗にぼけている写真を撮りたい!いろいと勉強はしていますが・・・

そんな勉強の中、毎月購入している雑誌「カメラマン 2015年4月号」にその基本が説明されていました!

写真は、とにかく実践を通して学ばなければものにならない、とは思いますが、それでも基本は押さえておきたいところです。

「てっとり早くボケを得るには、望遠レンズを使う・被写体に寄る・明るいレンズを絞らずに使う、この 3 パターンある」というのが強調されています。

先ずは、この基本を押さえずして「ボケ」の写真を撮ることはできないということでしょう。これまで利用していた標準レンズを望遠レンズに変えて、更に至近距離で撮影してみたものが以下にある写真です。


嬉しいですね~きちょっと背景がボケてくれている!先ずは、スタートポイントとしては上出来です。上記の雑誌にある更なる説明を記述しておきましょう。

ボケはピントの合っていない部分、つまり被写体深度より外にあるものがボケて写るので、ボケを得るには被写体深度を浅くしてやれば良い、ということなのだ。

被写体深度は、焦点距離が長くなるほど浅くなり、また撮影距離が近くなるほど浅くなる。加えて、絞り(レンズ口径)が大きくなるほど浅くなる。

ボケの量は「レンズ焦点距離 > 撮影距離 > 絞り(F 値)の関係。
出典:「カメラマン 2015年4月号」より

簡単に言ってしまえば、「望遠レンズを使って、至近距離から撮影する」ということを実践することで、取り敢えず、背景がボケている写真が撮れる、ということになるわけです。正にそうしたやり方で撮影したのが、本投稿記事に掲載した写真です。そこそこ背景がボケてくれていますよね!

先ずは上々のスタートじゃないかな~

関連する投稿記事リスト

下記に、本投稿記事と関連する投稿記事リストを自動生成しています。

自動生成は、投稿記事間の内容(80%)、カテゴリー(10%)、タグ(10%)を基準にして実施され、日付は公開日を示しています。ご興味があれば、是非、ご覧下さいませ。

気楽にコメントして頂けますように!コメントは承認後の公開です。

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

2,181スパムコメントは、これまでのところでブロックされたSpam Free Wordpress

「俺流!バラとラン栽培」Copyright © 2015-2016 by Zero Cool. All rights researved. Frontier Theme