俺流!バラとラン栽培

バラとランと WordPress に魅せられて!

バラは「さし木」でも増やせるんですね!

20150420_Syuminoengeiもう 2 年以上になるでしょうか、定期購読を始めてから。そんな「趣味の園芸」の「趣味の園芸 2015年5月号」を受け取りました!

ページを捲っていくと、「バラのふやし方」に関する特集が組んでありました。何と「バラのふやし方 – プロが教えるさし木、つぎ木、とり木」というタイトル。最初は目を疑いました!「バラって・・・さし木で増やせるの!?」ってことで。これは驚きでした。つぎ木ととり木の方法で増やすことは知っていましたが、なんと「さし木」で増やせるなんて。

当然これまでは、自分でバラを増やそうなんて考えもしていませんでした。こりゃ、この春、挑戦するしきゃない!と決意していますが。しかも、結構簡単そうです。

詳細は、上記の「趣味の園芸」を参照して頂きたいのですが、5月上旬~6月上旬に「さし木」を実施すると・・・

さし穂は、花が終わりかけた枝を利用すると良く発根する。直径 5mm 位の太さの枝は良い。さし木用の用土は、鹿沼土小粒:4、赤玉小粒:3、ピートモス:1.5、パーライト:1.5 とする。

  • 1 ヶ月位すると発根し、新芽が出てくる!新根か新芽が確認できたら、3.5~4号鉢に鉢上げする。用土は、赤玉土小粒:5、ピートモス:4、パーライト:1(用土は、さし木用の配合と相違)。
  • 夏:花を咲かせず、摘心してしまう。上記の状態で根が底穴から見えるようであれば、5号鉢に鉢増し。
  • 晩秋:蕾が付いたら花を咲かせる。花を咲かせることで枝が固くなる!

出典:「趣味の園芸 2015年5月号」より

上記が 1 年目。2 年目も非常に重要な管理方法があるようですが、本投稿記事では割愛します。

雑誌以外にも、ネット上で「バラの挿し木!簡単な方法をわかりやすく! | バラを楽しむオトメンパパの栽培日記」がとっても参考になります。しかも、多くの写真を掲載してくれているし、経過に関する投稿記事も豊富です。

いや~それにしても「さし木」で増やせるなんて・・・知らなかった!ひょっとして、常識外れかもしれませんが、新しい発見です。

【追記:2015年5月6日】
さし木の用土として。「パーライト:7、ピートモス:3」といった縫合もあるようです。とにかく重要なことは、清潔な用土を準備すること、ということのようですね!

関連する投稿記事リスト

下記に、本投稿記事と関連する投稿記事リストを自動生成しています。

自動生成は、投稿記事間の内容(80%)、カテゴリー(10%)、タグ(10%)を基準にして実施され、日付は公開日を示しています。ご興味があれば、是非、ご覧下さいませ。

気楽にコメントして頂けますように!コメントは承認後の公開です。

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

2,182スパムコメントは、これまでのところでブロックされたSpam Free Wordpress

「俺流!バラとラン栽培」Copyright © 2015-2016 by Zero Cool. All rights researved. Frontier Theme