俺流!バラとラン栽培

バラとランと WordPress に魅せられて!

バラの新苗・大苗の植替えの方法:大川原方式の復習

ほぼ 2 年間、バラの植替えに関して試行錯誤を繰り返し、辿り着いたのが「大川原方式」と呼ばれる植替え方法!特に大苗と新苗に関する植替え方法は驚きでした!「大川原方式」と言ってもご本人がそう呼んでいるのですから、本ブログでも「大川原方式」として記述させて頂きたいと思います(あくまでも、大川原氏ご本人の方法論ですから、詳細に関する私宛の質問に関してはご勘弁を!)。

大川原氏とは、本ブログでも何度もご紹介していますが、「京成バラ園ガーデンセンター店長」である大川原清光氏のことです。

早速、「大川原方式」を復習します。

準備するもの

準備するものが非常に重要です!実際には、植替えの作業そのものは、20~30 分もあれば完了できますので難しいものではありません。以下に準備すべきものをリストしましょう。

ちょっと驚きですが、鉢は「8号深鉢」です!新苗や大苗としては、かなり大きめの鉢ですが、「大川原方式」では、この大きさを推奨しています。考えてみれば、鉢替えに頻度は少ない方が良いので、これも納得かな~とも感じます。

また、上記で最も重要なことは、用土と元肥のコンビネーション。以前は、自分で用土を作成していましたが、結局は想定以上に水はけが良かったり、元肥の効果が確認できなかったりと難しかったので、用土は上記で。というよりも「大川原方式」では、このコンビネーションが必須です。

植替え手順

以下に手順を示しておきましょう。

  1. 底が軽く隠れるほど用土を入れる(底穴が大きくなければ底網も底石も必要なし)。
  2. 元肥を鉢の中央に山になるように盛る(「8号深鉢」の場合、200g で OK!)
  3. 元肥を囲むように周囲に用土を入れる(元肥が中央に山積みになっていて、周囲に用土があるという状態)。
  4. ウォータースペースを取る(鉢の上から手の指の関節2つ分ほど)ように用土を入れながら苗を植え付ける。

上記で、ウォータースペースが重要です。大川原氏が主張するように(セミナーで解説していましたが・・・)、用土は通常の土よりも水はけが悪い!逆に言えば、水持ちが良い!そのため、水が浸透するまでに時間が掛かります。よって、ウォータースペースがないと、水が鉢の外に逃げてしまいますから、しっかりと水を溜めて浸透させる必要があります。

上記の手順で完了した新苗が下の写真です。


上記参考にしているのは以下のウェブサイトです。写真付きで解説されていますので、是非参考にしてくださね!

関連する投稿記事リスト

下記に、本投稿記事と関連する投稿記事リストを自動生成しています。

自動生成は、投稿記事間の内容(80%)、カテゴリー(10%)、タグ(10%)を基準にして実施され、日付は公開日を示しています。ご興味があれば、是非、ご覧下さいませ。

気楽にコメントして頂けますように!コメントは承認後の公開です。

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

2,182スパムコメントは、これまでのところでブロックされたSpam Free Wordpress

「俺流!バラとラン栽培」Copyright © 2015-2016 by Zero Cool. All rights researved. Frontier Theme