俺流!バラとラン栽培

バラとランと WordPress に魅せられて!

害虫スリップス(アザミウマ)が原因で花が茶褐色になる!

これまで経験したことのないほど蕾を付けて、一見すると絶好調に見える「シークレットパフィーム」なのですが、ちょっと傷んだ花を沢山咲かせてくれている感じ。痛々しい感じすらします。一部、茶褐色に変色してしまっているし、蕾も上手く開いてくれない。

花をじっくりと観察してみると、小さな虫が花弁に着いてしまっている!これって、どうやらスリップス、別名アザミウマという害虫のようです。「シークレットパフィーム」だけではなく「ヨハネ パウロ 2世」も同様の傾向がある!

2015年6月5日 - シークレットパフィーム

スリップス・・・調べてみると・・・ありました!やっぱり「バラの家」に詳細な解説が。「オルトラン水和剤」がどうやら効果がありそうです。

そっか~

ちょっと解説を引用しておきます。

オルトランは害虫全般に効く薬剤です。

オルトランの箱に書いてある適用害虫を見ますと、アブラムシやコナガ、アオムシ、スリップス、カイガラムシなどに効果がありますと書いてあります。ですが、アブラムシなどは春1~2回位でしょうか?効果があるのは。繰り返し使っていると効果が悪くなります。

でも、バラ栽培をされるなら「オルトラン」は絶対に絶対に必需品です!!

何故?なら丹精込めて育てた花が、やっと蕾を持ち始めたと思ったら、花弁の縁などが、茶色く汚くなった事ありませんか?それはスリップス(アザミウマ)が花弁を舐めているからなんです。特にクリーム系や黄色系の花に良くつきやすいです。

(中略)

そこで効果があるのが「オルトラン!」1000 倍に薄め散布してください。スリップスが「まいりました~」となりますよ!

あと、もっと効果をあげる方法を教えちゃいます!実はオルトランと一緒に黒砂糖を500倍位に薄めて散布するんです。そうするとスリップスおバカさんなので、甘い液体に騙されて、死んでしまう薬剤を”ちゅるちゅる”と吸いまくってしまうんです!!それに甘さにつられ、近隣のスリップスも吸い寄せられるのでなおさら効果が上がるんです!!出典:「{殺虫剤}オルトラン水和剤1g×10袋(10リットル分):バラの家 【バラ苗専門店】」より

なるほど!オルトランか~昨年はヒメコガネの食害とチュウレンハバチの来襲があって、今年はスリップス。経験したくはないのですが、こうした害虫対策は経験が必要なのかもしれませんね~

関連する投稿記事リスト

下記に、本投稿記事と関連する投稿記事リストを自動生成しています。

自動生成は、投稿記事間の内容(80%)、カテゴリー(10%)、タグ(10%)を基準にして実施され、日付は公開日を示しています。ご興味があれば、是非、ご覧下さいませ。

気楽にコメントして頂けますように!コメントは承認後の公開です。

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

2,173スパムコメントは、これまでのところでブロックされたSpam Free Wordpress

「俺流!バラとラン栽培」Copyright © 2015-2016 by Zero Cool. All rights researved. Frontier Theme