俺流!バラとラン栽培

バラとランと WordPress に魅せられて!

園芸用ホースに絶対に必要なたった一つの条件

ガーデニングの成功は「水やり」にあり!私、最近はそんなことを考えています。ただ、意外に単純作業だし、鉢植えが多くなると以外に時間が掛かったり。私の場合、毎朝、出勤前に水やりを完了したい!だからこそ、ささっと完了したい。

そんな条件なのですが、散水用に利用しているホースは、一般的なホースでホームセンターで格安で購入したホースとノズル。購入直後は、かなり快適だったのですが、数か月で所謂「藻」がホース内に発生してしまったらしく、ノズルが詰まってしまう。そのまま利用を続けるとノズルが壊れてしまう!イライラ、イライラしながら散水。結果、水やりが雑になったり・・・

そこで、一念発起してホースを全面的に見直しました!と言っても上記の「藻」が発生しないホースを探しました!するとやっぱりあるんですね~そんなホースが。早く検討すれば良かった!

「TOYOX::トヨックス」というメーカーの「園芸散水用ホース」ってのが。「ふくれない」「藻が生えにくい」「ねじれにくい」「折れにくい」を特徴としています。私の場合、たった一つ「藻が生えにくい」という条件で「一般的なホース」ってな種類を選定しました。

それでも以下のような参考例が掲載されていて・・・正に探していたホース!

20150607_Toyox

上記のホースに同社製の「やわらかシャワー」で花苗にやさしいというたいとるがある「SP レギュラーノズル」を選択しました。帆のノズルも結構重要で、水圧を調整しなくても、植木鉢の土をえぐらないような「やわらかな出水」を選定する必要がありますから。

ホースには、いろいろな太さがあるので、しっかり太さを確認しながら、ホースやノズルを選定する必要があります。以前は、この太さでも失敗して、室外に設定されている蛇口に接続できなかったこともあったりして・・・

関連する投稿記事リスト

下記に、本投稿記事と関連する投稿記事リストを自動生成しています。

自動生成は、投稿記事間の内容(80%)、カテゴリー(10%)、タグ(10%)を基準にして実施され、日付は公開日を示しています。ご興味があれば、是非、ご覧下さいませ。

    関連する投稿記事が見つかりませんでした・・・

Updated: 2015年06月07日 — 06:57

気楽にコメントして頂けますように!コメントは承認後の公開です。

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

2,180スパムコメントは、これまでのところでブロックされたSpam Free Wordpress

「俺流!バラとラン栽培」Copyright © 2015-2016 by Zero Cool. All rights researved. Frontier Theme