俺流!バラとラン栽培

バラとランと WordPress に魅せられて!

モスキートガーデン対策にスミチオン!

週末に限らず、朝の日課として、庭にあるバラへの水遣りは必須になっています。状態の確認やら剪定、更には薬剤散布と本当は実施すべきことは多いはずですが・・・そこまでやっていると、時間がいくらあっても足りませんから、平日は水遣りだけに決めています!

水遣りだけですと、30 分程度で完了できる!

しかし、この時期、この 30 分でやぶ蚊は私を発見して刺し続けます!この暑がりの私が、30 分のために長袖、長ズボンという出で立ちで水遣りするのは本当に大変です。このやぶ蚊・・・どうにかなりませんかね~たった 30 分でb 10 か所以上も刺されるような状況です。

そこで、ネットを調べると・・・どなたもやぶ蚊には悩まされているようですが、それでもかなり有効な!?対策方法が!

アブラムシを退治するため、シーズンで初めて使用した殺虫剤「スミソンの散布」である。するとどうだろう、スミソンの散布を境に明らかに蚊がいなくなったではないか。

「スミソン」とは「スミチオン」と「マラソン」の混合薬であるが、調べたところ「スミチオン」は蚊、ボウフラ、蚤、蠅等の衛生害虫の駆除に用いられているとのこと。去年までは電池式の散布機で限定的な農薬散布を行っていたが、今年からは電気コード式の圧倒的に強力な散布機を使って庭全体に散布できるようになっているため、アブラムシのみならず、陰に潜んでいた衛生害虫をも一網打尽にしたようなのだ。出典:「バラと蚊」より

更に・・・

やぶ蚊の駆除
夏の庭仕事は蚊に悩まされます。蚊取り線香、ハエ・力用エアゾール剤、虫よけスプレーが有効ですが、この時期は庭木の害虫防除を兼ねスミチオン乳剤を周辺の茂みに散布するのもーつの方法です。スミチオン乳剤は衛生害虫駆除剤としても広く使われています。ヤブ蚊退治エアゾールなど、ピレスロイド系薬剤を配合した剤は速効性がありさらによく効きます。ただ効果は7~10日<らいしか続きません。蚊の幼虫のボウフラの発生を抑えることも大切で、庭先の水たまりを可能なかぎりなくします。水たまりにスミチオン乳剤を流し込むとボウフラを退治できますが、薬剤が外の水系に流れ出さないよう十分注意して下さい。出典:「NPO法人 メリーポピンズの会 花と緑のボランティア 資料編 園芸薬剤あれこれ」より

なるほど!「スミチオン」や効くらしい!偶然ですが、スミチオンはバラの害虫駆除のために準備してあったので、ちょっと試しに散布しようかな、と思い立って。昨日夕刻、徹底してスミチオンを散布しました。勿論、バラの害虫駆除(予防)が主目的でしたが、上記のような記述を見ると、どうしてもやっておきたかった!

ちょっとはましになるかな!??

関連する投稿記事リスト

下記に、本投稿記事と関連する投稿記事リストを自動生成しています。

自動生成は、投稿記事間の内容(80%)、カテゴリー(10%)、タグ(10%)を基準にして実施され、日付は公開日を示しています。ご興味があれば、是非、ご覧下さいませ。

気楽にコメントして頂けますように!コメントは承認後の公開です。

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

2,183スパムコメントは、これまでのところでブロックされたSpam Free Wordpress

「俺流!バラとラン栽培」Copyright © 2015-2016 by Zero Cool. All rights researved. Frontier Theme