俺流!バラとラン栽培

バラとランと WordPress に魅せられて!

月別: 2015年9月

ノボタン・コートダジュールが咲いた!

先週購入してきた「ノボタン・コートダジュール」が早速咲いてくれました!バラやランにはない紫色の発色はやっぱり期待通りです!
2015年9月29日 - ノボタン・コートダジュール

蕾がまだまだありますから、これから次々に咲いてくれるのではないかな~って、とっても期待しています。オフィスビルの裏庭にある紫色の花の木は「シコンノボタン」という品種で、私が購入した「ノボタン・コートダジュール」とは、似ているのですがこうして咲いた花を見てみると、花が小さめで、中央にあるめしべ!?の色が白色(シコンノボタンは紫)で、更には葉が小さめなのも「ノボタン・コートダジュール」の特徴のようです。

いや~ちょっと期待していたよりも早めに開花してくれたので嬉しいですね~やっぱり購入してよかった!

ミニキーボード「ELECOM TK-FBP043BK」を復活させる!

TK-FBP043BK_01自作 PC、Surface 3、Xperia Z3 Compact、MeMO Pad 8 がプライベート、ThinkPad(PC)、iPhone 5s と iPad Air が所属する会社支給です!全てを利用中で、全ての機器(デバイス)をネットワークに接続し利用中です!

先日、次女から「増え過ぎ!どうやって使い分けんの!?」と指摘され、それもそうだよな~なんて今更利用の方法を再考している・・・

最も重要なことは、仕事関連の電話(電話帳管理を含む)、メール、スケジュールなのですが、これまでの利用状況を考えると、電話・メール・スケジュール全てを iPhone だけで処理できる!iPad Air も同じ作業のために利用していますが、理由は簡単でキーボードを利用して入力しているので、使い易いだけ!

ってことは、iPhone でキーボードが機能すれば、電話・メール・スケジュールは全て完了することができる!ただ、電話通話に関しては、個人のスマートフォンである SONY Xperia Z3 Compact へ転送していて、公私に渡って電話通話はスマートフォン。その他、おサイフケータイが手放せないので、iPhone と Xperia を常時携行することが必須!

あ~ということは、iPhone と Xperia で利用できるキーボードがあれば、iPad Air を持ち歩く必要が無くなる、なんて簡単なことに気が付いて、昔利用していた「ELECOM TK-BFP043 シリーズ」というミニキーボードを復活することにしました!

既に生産を完了しているようですが、iPhone、Xperia 両方を接続して使い分けることができる。そもそも 9 つのデバイスを接続できるので、使い慣れてくれば Windows PC も接続できるので、便利なはず!

ELECOM の「TK-FBP043」のページで互換性を確認すると・・・あった、あった!

以下、ELECOM の解説ページからの抜粋ですが、見事に接続完了です。これで iPad Air なし、単純に iPhone と Xperia だけ持ち歩けば、電話・メール・スケジュールが完了でき、更にはプライベート利用に関しても不便が無くなるはず!だよな~

SONY Xperia Z3 Compact

本検証は「ELECOM Keyboard layout」をインストールし確認しています。
接続は以下の手順で行ってください。

  1. スマートフォンのホーム画面から「アプリ」アイコンをタップします。
  2. 「設定」をタップし、「無線とネットワーク- Bluetooth」をタップします。
  3. Bluetooth を ON にして、デバイスの検索を開始します。
  4. お使いのキーボードのキーボード名が表示されたらタップします。
  5. パスコードの入力を要求された場合は、お使いのキーボードでパスコードを入力して「Enterキー」を押します。
  6. ステータスが「接続済み」となれば接続完了です。

動作モード「mode1」でご使用下さい(TK-FBP043,044)。接続には、「miniUSB – MicroUSB 変換ケーブル」が必要です。

iPhone 5s(iOS 8.1.x)

接続は以下の手順で行ってください。

  1. スマートフォンのホーム画面から「設定」をタップします。
  2. 「Bluetooth」をタップします。
  3. Bluetooth を ON にして、デバイスの検索を開始します。
  4. お使いのキーボードのキーボード名が表示されたらタップします。
  5. パスコードの入力を要求された場合は、お使いのキーボードでパスコードを入力して「Enterキー」を押します。
  6. ステータスが「接続されました」となれば接続完了です。

ペアリングした後、[Fn]+[F12] を押してMode3にしてご使用ください。Num Lock機能がご使用いただけません。

Posted by “WordPress for Android” in Xperia Z3 Compact.

エードボール Ca をノボタン・コートダジュールへ

朝から雨です!週末、雨が降ると本当にやることが無くなってしまって・・・傘をさしてできることと言えば、簡単な剪定や施肥程度でしょうか。

さて、そんな週末なのですが、先日購入した「ノボタン・コートダジュール」は、沢山の蕾を付けていますが、ネットで調べてみると肥料不足で花色が落ちたり、葉に艶が無くなったりすることもあるそうです。ということで、肥料を探していたのですが、「NHK 趣味の園芸」という雑誌に、簡単ではありますが、「シコンノボタンには、主要三元素(窒素、リン、カリ)が均等に配合された緩効性化成肥料」を施肥するように記述がありました。

NHK の雑誌なので特定の肥料を指定してはいませんでしたが、いくつかお勧めが掲載されていて、その中で「エードボール Ca」を選択しました!理由は・・・以前、バラの枝をしっかりと育てたい時には「カルシウム」が重要、と読んだ記憶がありましたから、「ノボタン・コートダジュール」も低木の種類ですから、バラ同様、カルシウムが重要なんだろうな~って考えたから!

ちょっと解説を引用しておきましょう。

  • あらゆる植物の鉢植えの置き肥:効きめは 2~3ヵ月持続)として使えます。
  • チッ素、リン酸、カリ、さらに植物に不足しがちなマグネシウム、カルシウムを配合し、植物を丈夫に育て、花着き良く、緑鮮やかな生育を促します(N:P:K:Mg:Ca = 12:12:12:1:3)。
  • いやな臭いも無く清潔なので、室内の鉢植え用の肥料としてもおすすめです。

出典:「【楽天市場】住友化学 エードボール Ca 150g 入【住友化学】:グリーン&ライフアシスト」より

雨の中、傘をさして施肥をしましたが・・・それにしても「150g」って想定以上に小さいな~2~3 ヵ月効果があるのですから小さな方が良いのかもしれませんが。我が家の場合、ノボタンとローズマリーの鉢植えにだけこの「エードボール」を施肥することにしたので、何とか間に合っているようですが。

効果は、これから確認することになります!

サンセベリア、来期は株分け、葉挿しを目指そう!

2015年9月25日 - サンセベリアいったいいつからあるんでしょう、我が家の「サンセベリア」。いつものように我妻の気まぐれで購入されたものですが、バラやランが我が家に君臨する以前から居座っています。

記憶にあるのはもともと「4 号鉢」に入っていたと思いますが、現在は「7 号鉢」にめいっぱい入っています。夏場は直射日光は避けた方がよさそうですが、半日陰だとか遮光だとかを意識し過ぎて弱々しくさせてしまう経験があるので、葉焼けを確認できない限り、真夏でもガンガンに直射日光を当てています。

もう直ぐ 10 月・・・最低気温が 10度でも耐えるとはありますが、15度以上あった方が良い、ということですから、そろそろ室内へ移動させる準備が必要そうです。このサンスベリア、マイナスイオンを出すそうで、かなり評判になったことがあるそうで、インドアの方が一般的な気もします。

写真でも確認できますが、既に 7 号鉢では小さな感じがします!来年もそのまま放置すると鉢が割れてしまうのでは、と思わせるほどの成長ぶりです。

今年は既に 10 月になりますから、鉢替えとか株分けするには遅過ぎますよね~

来年は株分けでもして鉢に余裕を持たせないと!

サンセベリアは「株分け」と「葉挿し」で増やすことができますから、来年は初めての「株分け」と「葉挿し」にチャレンジしようかな~ってなことを考えていますが、あまり株を増やしても、置き場所がなくなるのでどうしようかな~ってことも考えています。

幸せの木、瀕死状態からの完全復活を宣言します!

昨年(2014年)の春、鉢替えを決行して、葉焼けが怖くて室外の半日陰で放置。夏越しをして、寒くなる前に室内に入れましたが、どんどん元気が無くなって、今年の冬には、葉が黄色から茶色へと変色して、1 枚、2 枚と落葉していって、最終的には下の左の写真のような姿に・・・完全に枯れた、と思っていた!

その後、水遣りを絶って、完全に乾いたな~という時にだけ水遣り。初夏に室外の日当たりが良いところへ移動させ・・・新葉が復活!そして、現在は右写真のようになっています。

幸せの木、ここに完全復活を宣言します!


いや~素晴らしい!葉が枯れ落ちた原因は、いまだに不明瞭ですが、結果として植替え後、「日光不足と水のやり過ぎ」が原因ではないかと思われます。瀕死状態でも、幹や枝がしっかりとしていれば(幹や枝が固い!)のであれば復活できるということを知りました!

肥料をやったわけでもないし、特に薬剤散布したわけでもありません。とにかく日に当てた・・・水は、用土の表面が乾いても 2 ~ 3 日は我慢して放置すること、という点にだけは気を付けました!それでも室外に放置状態でしたから、雨には当たっていました。

復活した状態を見ると、購入した時よりも奇麗に葉が発色しているようにも見えますが、その時の写真がないので「気がする」だけなんですが。

そろそろ 10 月・・・「幸せの木」は最低温度が 10度程度まで室外で大丈夫そうですからもう暫くは室外で様子を見ることになるとは思いますが・・・まだまだ直射日光を十分に楽しんでもらおうと思います。

【追記】
今後の「幸せの木」の成長のためと言っては大袈裟ですが・・・ちょっと面白いウェブページを発見したので、参考のために引用しておきます。

日本でもっとも有名な観葉植物といえば、この「幸福の木」ではないでしょうか。私も、遥か昔に初めて育てた観葉植物はこの木でした。

「木」らしい太い幹から生える、黄色の斑の入ったやさしいグリーンの葉っぱ、という樹姿が人気の理由である事は間違いないですが、「幸福の木」というネーミングも、その人気に貢献しているはずです。

(中略)

切り口(樹の上部)に塗られた黒や茶のゴムのようなものは、切り口が水や細菌で腐るのを防ぐためのものです。この幹の部分はこれ以上伸びることはありません。幹の先端付近がら吹いた葉茎がにょきにょきと伸びていきます。どんどん伸ばしても良いのですが、現在のような樹姿を維持するのであれば、伸びた葉茎の付け根から5cm位のところで、切り落とすと、切り口の下から新芽が出てくるので、樹形を仕立て直すことができる。

(中略)

耐陰性があり日陰や室内でも育ちますが、光が足りないと葉が徒長して色が薄くなり、細長く肉薄になり弱々しい葉姿になります。また、日照不足では、株自体も軟弱になり、病気や根腐れの原因になりますので、できるだけ光に当てた方が良いです。もちろん、室内でもOKですが、なるべく明るく、風通しの良い場所に置いて下さい。

(中略)

なお、真夏の直射日光は、葉焼けを起こしてしまうので、7月~9月は、遮光ネットやカーテンなどで遮光するか、直射日光の当たらない場所に移動する。マッサンゲアナは、寒さにはあまり強くないので11月から3月の冬季の置き場所は、できるだけ5度以上の温かい場所に置くのが無難です。 この時期は、光に当てる為に冷風の当たる場所に置くよりも、日照を犠牲にしても温かい場所を選んだほうが良いです。(春から秋は逆です)

通常、マッサンの鉢植えは、あまり根の張っていない幼木の状態で販売されていますので、数年植替えをしなくても結構大丈夫ですが、土自体の劣化は進みますので、やはり、2~3年に一度は土替えをした方が良いです。 土の配合は、上述の割合が基本ですが、水が乾きにくいようであれば、赤玉を少なめにしたり、逆に水が乾きやすいようであれば、 赤玉を多めにして水持ちを良くしたりとか、環境や生育状況の応じて土を作ります。出典:「ドラセナ・マッサンゲアナ(幸福の木) | 観葉植物の育て方」より

1 / 41234
「俺流!バラとラン栽培」Copyright © 2015-2016 by Zero Cool. All rights researved. Frontier Theme