俺流!バラとラン栽培

バラとランと WordPress に魅せられて!

月別: 2015年11月

シャコバサボテン、我が家の玄関を彩る!

バラが一段落、ラン達が花径を出し始めたこの時期に、我が家の玄関を彩ってくれているのが「シャコバサボテン」です!赤やピンクの花の品種があったのですが・・・いつの間にかいくつかの株が枯れてしまって・・・今残っている鉢の一つが・・・

あれっ!?赤とピンクだったはずが・・・白の花を咲かせている!
2015年11月30日 - シャコバサボテン
何とも不思議です!赤やピンクの花が咲いていたことは記憶していますが、「白」の花を咲かせる株はなかったはずなのですが。見事に白!しかも、多分同じ株から朱色の花も咲かせているように見えます。不思議ですね~こうしたことが起きるのが園芸の魅力です。教科書通りにやっても結果が違ってくるし、それでいて手をかけてやればしっかりと成果になって出てくる!

こんなシャコバサボテン、今、我が家の玄関を彩ってくれています。

ジョージベストに根頭がん腫病・・・

そろそろ全てのバラで花が終わりかけていて、冬支度といったところでしょうか。2015年は、春先の一番花は、どの株も素晴らしかったのですが、その後、猛暑と長雨で不調になって・・・結果としては、反省の多いシーズンだったような気がします。

そして今日・・・「ジョージベスト」という修景バラに「根頭がん腫病」を発見・・・ショックが大きいな~今年の春に新苗で購入したばかりの株なのに。
2015年11月29日 - ジョージベストの根頭がん腫
色々と調べてはみたのですが「完治することはない」病気だそうで、ある参考書には燃焼廃棄することを推奨していたのですが、「完治はしないが成長を続けることもある」との解説もあったりして。

取り急ぎ、患部をえぐり取るように切り取りました。他の株からもちょっと距離を置きました・・・再度、ショックが大きいな~何せ、初めての経験で戸惑っているというのも正直な感想です。

Nikon 1 V2、望遠レンズを追加したいな~

1 NIKKOR VR 30-110mm勉強しているほどではありませんが、写真撮影はもうちょっと上手くなりたいな~と考えているテーマです。そこで、月刊雑誌は定期購読しているのですが、内容がまだまだチンプンカンプン・・・それでも、バラやランの花を背景がぼけるような写真は少しずつ撮れるようにはなってきたような気がします。

それでも、所有している「Nikon 1 V2」の標準レンズだけでは不十分なような気がしています。だからと言って、他にどんなレンズを揃えればいいのか・・・全く見当もつかず、ただただカタログを見つめている私です!

そこで、一念発起!(ちょっと大袈裟だな~)ネットを調べると、かなり興味深いウェブページを発見しました!それが以下の 2 つのウェブページ。

上記のウェブページには、サンプル写真が掲載されていますが、「1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6」というレンズのサンプルが素晴らしい!

望遠領域での画質を優先したいときは、比較的安価であるにもかかわらず10-100mmよりしっかりした画を結ぶ「1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6(35mm 判換算 81-297mm相当)」を持ち出すこともある。ちっちゃくて安っぽいんだけど、およそ 300mm 相当の画角がこの軽さで得られることの効能は大。出典:「ニコン「Nikon 1 V3」、“オチアイ流”交換レンズの選び方 – 日経トレンディネット」より

そっか~30,000円もしないんだ!価格的には、かなりお手頃だな~確かに、これまでの知識からすると望遠レンズの方がボケが獲得しやすいし、現在所有しているレンズでは、十分な望遠効果が得られないと感じていたので、このウェブページの情報は有益です!

先ずは、こっから「交換レンズ」の世界を味わってみようかな~

Posted by “WordPress for Android” in Xperia Z3 Compact.

「1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6」修理完了!

1 Nikkor愛用しているミラーレス一眼「Nikon 1 V2」ですが、購入時のレンズで撮影しようと思ったら・・・あれっ!?真っ暗・・・

カメラに関しては、全くの素人ですから何が起きたのか全く理解できず、試行錯誤しながら「きっと自分の設定が悪いとか、間違って何かしちゃったかな!?」とか考えて、あっちこっちを確認していたのですが、何もおかしいことが見つからず。

いよいよネットを調べてみると・・・「な~んだ!そうなんだ~」

「1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6」を長期間使用したり、ズーム操作を頻繁に繰り返した場合、正常にカメラと通信できず、背面液晶モニターに警告メッセージが表示され、正しく動作しなくなることがあります。出典:「1 NIKKOR レンズ「1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6」ご愛用のお客様へ | ニコンイメージング」より

現象としては、「警告メッセージ」は表示されませんでしたが、真っ暗になってしまったし、頻繁にズーム操作を繰り返したのは間違いなし。早速電話をしてみると、送付してくれとのことでしたから、指摘された通りのアクション。返却は 25 日以降になります、と説明されていたのですが、何と何と!20 日に返却されてきました!

「Nikon 1 V2」に装着!「お~なおっているような気がする!」ってことで 1 枚を撮影。丁度大好きな「シークレットパヒューム」が咲いていたので・・・
2015年11月22日 - シークレットパヒューム
背景のボケがなかなかいい感じで撮れていると思うのですが、あくまでも自己満足の世界です。どうやら、正常に修理が完了しているようです。

最近、こうした写真を撮っていると、「もうちょっといいレンズが欲しいな~」って感じています。と言うのは、上記の写真、淡い紫色の花なのですが、もうちょっと実際は微妙に濃い紫色のような気がするんですよね~現実に近い色を表現したくなってきたんです!

写真の量が増えてきたし、もっともっと撮りたい場面があるし・・・ちょっとだけ、上のレンズでも購入しようかな~

コチョウランの花径が分岐するのって良いの?

2015年11月22日 - 中輪系コチョウラン (1)2015年、我が家のバラシーズンは、ほとんど終了。春こそ素晴らしい結果でしたが、夏以降に関しては大きな課題が発覚したシーズンだったかな~

そして、シーズンはランへ。これがバラとランの育成で良いところ!バラの開花が一段落するとランが開花を始めるんです!

今年もコチョウラン、シンビジウムと蕾が確認できるようになってきました!中輪系のコチョウランは 12 月には開花してくれそうな勢いで蕾が膨らんできました。

そんな中でも 2015年2月に開花した中輪系コチョウラン(白・紫色)ですが、今シーズンも他のコチョウランと比べて最速で開花してくれそうではあるのですが・・・前回は、1 つの花径に 9 つの花を咲かせてくれました!

しかし・・・

写真で確認できますが、何やら花径が分岐している!これって・・・勢いがあるのでしょうか、それとも変異なんでしょうか!?良いのか悪いのか・・・
2015年11月22日 - 中輪系コチョウラン (2)
全ての花径に花を付けてくれるのかも不安ではありますが、それよりも 9 つ以上の開花を期待して育ててきたので、何とか頑張ってほしいな~と応援しているのですが、何せコチョウランですから、声援にどう応えてくれるのかは全くの未知数です。

1 / 3123
「俺流!バラとラン栽培」Copyright © 2015-2016 by Zero Cool. All rights researved. Frontier Theme