俺流!バラとラン栽培

バラとランと WordPress に魅せられて!

日別: 2015年12月29日

バラ、数品種で仮剪定を実施

落葉が進んでいるバラ達です。いよいよ 2015年も数日で終わる・・・そんなバラ達ですが、今年度の失敗を参考に試行錯誤していますが、先日、たまたま参加した「京成バラ園ミニセミナー」で教えて頂いた「2 月までは基本的には選定を実施しないこと」ということが記憶にあって・・・

昨年実施した「仮剪定」を躊躇していたのですが、それでも「仕立て直し」を 2016年の大きな目標にしたいので、やっぱり「仮剪定」を実施して、2月には「本剪定」を強行することにしました!

仮剪定を強行したのは・・・

  • シークレットパフィーム(地植え)
  • オクラホマ(地植え)
  • バニラボニカ(地植え)
  • アスピリン・ローズ(地植え)
  • しのぶれど
  • ハニーブーケ
  • グランデアモーレ
  • ジョージベスト
  • ベルロマンチカ

あれっ!?ほとんどを仮剪定したことになりますね~ただ、かなり深く仮剪定を実施してしまった品種もありますし、それこそ、浅めの仮剪定で完了しているものもあります。とにかく、鉢植えのバラは、これまで剪定に躊躇があって、かなり大きく育ってしまっているので、せっかく花が咲いても、花が頭の上に咲いて、鑑賞できないといった現象が起きているので、もうちょっと低い位置での開花を目指します。

また、2015年の反省点として、花枝や主要な枝が細い!これも剪定に起因しているはず。更に、鉢植えに関しては、鉢の大きさに比べて、何ともアンバランスな高さになってしまっている品種等々・・・

剪定・・・まだまだ試行錯誤の毎日ですが・・・先ずは、仮剪定。これで、思いがけない場所からのシュート発生を抑え、2月の本制定で、さらなる向上を目指します!

自宅東側は「聖火」にすると決めた!

seika-thumb自宅東側のスペースは、結局は「聖火」という品種にすることにしました!四季咲き性の高芯咲きというキーワードでの選定であることは以前もちょっと紹介しましたが・・・それに加えて、「つるバラ」と「ブッシュ・ローズ」の違った品種を選定することができるためです。

「ツル聖火」を 2 株、中心に「聖火」を 1 株を配置したトライアンクルに地植えすることを考えています。購入は、「京成バラ園」のネットショップ。実際に、店頭に行って購入することも考えていたのですが、年末ということまあるし、ネットショップで株を購入する経験もしておきたかった・・・

「聖火」は、京成バラ園の作出で、もうこれっきゃないでしょ!花色も素晴らしい感じです。「聖火」に関するコラムを発見しましたので、引用しておきます。

1964年10月10日 今から43年前、日本で東京オリンピックが開催されました。
日本は好成績でオリンピックでは数多くのメダルを獲得し、多くの感動を日本国民の心の中に残しました。

京成バラ園芸では、そんな東京オリンピックにちなんで四季咲き大輪種「聖火」を発表いたしました。聖火は当社が作出したバラ第一号品種です。

半剣弁高芯咲きで開花につれて紅色が全体を覆うように花色が変化するさまは、まさにオリンピックの聖火台に炎がともる様子を思い出させます。

1971年 ニュージーランドにおいては国際コンクールで金賞を受賞し、世界に日本のバラのすごさをとどろかせたバラです。また、日本でも新種苗法の適用第一号となり日本のバラの育種に大いに貢献したバラです。

聖火は強健種で育てやすく初心者でもとても育てやすいバラです。京成バラ園芸の歴史を見守ってきたバラ「聖火」をあなたの手で育ててみませんか。

花色:白にローズ赤の覆輪
花形:半剣弁高芯咲
花弁数:35~40枚
花径:12~13cm
樹高:1.5m
樹形:横張り性
芳香:微香
出典:「京成バラ園芸の歴史とともに歩み続けてきたバラ 「聖火」」より

早く着荷しないかな~と今からとっても楽しみですが、先日、土を掘り返したばっかりですから、できれば 1 月の最初の土曜日か日曜日に来てくれると嬉しいな~

「俺流!バラとラン栽培」Copyright © 2015-2016 by Zero Cool. All rights researved. Frontier Theme