俺流!バラとラン栽培

バラとランと WordPress に魅せられて!

2016年の薬剤は「ダコニール 1000」をメインにする!

2015年、長期の長雨と猛暑の影響で!?黒星病やうどんこ病と大量発生させてしまった・・・といっても品種によるわけですが、それでも薬剤散布に関しては、いろいろと試行錯誤してしまって。

特に病害虫に関して、同じ薬剤を繰り返し利用することで耐性ができ、薬剤散布の効果が無くなるという参考書の記述から、薬剤の「ローテーション」にばっかり気がいってしまって、結局は中途半端な結果になってしまっていました。

つまり・・・ローテーションすべき薬剤の知識ばかりに神経を集中してしまって、ろくに薬剤散布しなかった!まさかの猛暑、長雨で大量の黒星病が発生してしまうとは、春先の絶好調のバラ達からは想像できませんでした。

そこで、2016 年は、初心に返って、先ずは病害虫を中心に解説がある解説書、長井雄治著「病害虫を防いで楽しいバラづくり」(農山漁村文化協会:2010年01月)を新規に購入しました!

いや~参った!

薬剤に関しての「ローテーション」に関する記述が見当たりません!しかも、展着剤は利用していないということです。

この本中、12ヵ月間に関する薬剤散布の方法を月別に記述されているので、かなり参考になりそうです。更には・・・年間を通して 10~12 回ほどの薬剤散布を実施しているだけ!こりゃ~私のような仕事人には、とっても良いかもしれません。

2016 年は、徹底して本書を参考に薬剤散布を実施しようかな、と考えています。まっ、病害虫が発生する前に防除することは強調されていますが。

本書にて、基本的な薬剤としては、「ダコニール 1000」を愛用されているそうで、冬の剪定が完了した時期(1 月下旬から 2 月にかけて)に、先ずは最初の薬剤散布を進めています。

しかも「ダコニール 1000 の濃厚液(50倍液)を最初に散布する!と推奨しています。通常は、1,000 倍液を利用しているようですが、50 倍とは!

本ブログでも「ダコニール 1000」に関する投稿記事はあるのですが、実際には購入しただけで利用しませんでした・・・

ちょっと、「ダコニール 1000」に関する特徴を転記しておきます。

  • 広範囲の病害・作物に登録のある殺菌予防薬です。
  • 発売以来耐性菌の出現事例は確認されていません。
  • 薬液調製が容易です。水中分散性・懸濁性にすぐれていますので、所定量を水中に入れ攪拌すれば速やかに安定した散布液が出来ます。

いや~上記から「耐性菌の出現事例は確認されていません」ってことは、繰り返し利用しても大丈夫ってことですよね~やっぱり参考書は、きちっと購入して読破すべきでしたね!

関連する投稿記事リスト

下記に、本投稿記事と関連する投稿記事リストを自動生成しています。

自動生成は、投稿記事間の内容(80%)、カテゴリー(10%)、タグ(10%)を基準にして実施され、日付は公開日を示しています。ご興味があれば、是非、ご覧下さいませ。

気楽にコメントして頂けますように!コメントは承認後の公開です。

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

2,180スパムコメントは、これまでのところでブロックされたSpam Free Wordpress

「俺流!バラとラン栽培」Copyright © 2015-2016 by Zero Cool. All rights researved. Frontier Theme