俺流!バラとラン栽培

バラとランと WordPress に魅せられて!

サンセベリアの葉挿しを鉢上げ:俺流だぞ!

【2016年5月3日】
ちょっと早いかな~って自覚があるものの、結構しっかりと新しい根が確認できていたので、早速「エードボール」を施肥しました!本肥料、効果のほどは自分では感覚でしかありませんが、観葉植物や多肉植物にはとっても良いように感じています。カルシウムを強調しているので、初根には素晴らしい効果を発揮してくれている・・・と感じています。

【公開時、オリジナル投稿記事】
先日公開した「サンセベリア」の葉挿し。増やそうと意識して葉挿ししたわけではありませんが、強風で立派に成長した葉が折れてしまったので、捨てるのは心が痛いので、葉挿しにしてみた・・・そんなサンセベリアに新芽が見え出して感無量!

どんな経緯であれ、新しい命の誕生は感動でした!

早速、葉挿しのサンセベリアを鉢上げします。それにしても・・・鉢上げの方法に関しての記述がネット上にもあまりないんですよね~葉挿しなので、無骨に残っている古葉の部分をどうするのかな。用土の中に埋めてしまうのか、それとも切り取るのか。

参考になったのは、以下のサイトの一文。

発根後の鉢上げ
新芽が伸び始めてから鉢に植え替えます。新芽が十分に生長した後に、古い葉は切除します。なお、サンセベリアは葉挿しすると黄色の斑がなくなります。出典:「鉢物の管理:観葉植物の殖やし方② 葉挿し」より

先ずは、新芽が見えている葉挿しのサンセベリアを取り出しました!
2016年4月30日 - 葉挿しのサンセベリア

きちっと根が確認できます。驚くことに用土に埋まっていた部分の新芽は真っ白です!まだ早かったかな~もうちょっと新芽が成長してからの方が良かったかも。それでも取り出しちゃったし。この葉挿しの古い葉の部分を切り落とすのですが・・・

初根は、古い部分の葉の全体に確認できるので、100% 切り落とすことは出そうになりませんから、新根のぎりぎりの部分まで切り落としました。切り戻しの感覚。
2016年4月30日 - サンセベリアの葉挿し

初根が確認できれば、新芽を埋めても大丈夫・・・と言う自分勝手な強制説得を自分にして、鉢上げ完了としました。
2016年4月30日 - 葉挿しのサンセベリアの鉢上げ

利用した用土は、市販されている観葉植物用を利用しました。ただ、市販されている観葉植物用の用土は、ピートモスの割合が多いようで、単純に乾いたまま利用するとピートモスが鉢の上の方に浮いてしまって上手くいかないので、植え付ける前に活性液を十分に吸わせまました。

充分に活性液を吸った用土を 1/3 程鉢に入れて上の写真にある葉挿しを植え付けますが、あまり浅く植えるのも問題が出そうなので、もともと用土の中にあった新芽の部分を用土内に埋まるように植え付けました。緑に色づいている葉を用土の上に出すようにして・・・

後は、自宅の東側・・・特に早朝から昼過ぎまで陽があたる場所に設置しました。これで今後の成長を見守りたいな~って考えています。これでいいのかな~!??今後にこうご期待!

関連する投稿記事リスト

下記に、本投稿記事と関連する投稿記事リストを自動生成しています。

自動生成は、投稿記事間の内容(80%)、カテゴリー(10%)、タグ(10%)を基準にして実施され、日付は公開日を示しています。ご興味があれば、是非、ご覧下さいませ。

気楽にコメントして頂けますように!コメントは承認後の公開です。

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

2,180スパムコメントは、これまでのところでブロックされたSpam Free Wordpress

「俺流!バラとラン栽培」Copyright © 2015-2016 by Zero Cool. All rights researved. Frontier Theme