俺流!バラとラン栽培

バラとランと WordPress に魅せられて!

カテゴリー: その他諸々

バラ、ラン、WordPress に関連はないが、本ブログを構築するために必要な事項に関する投稿記事。

アジサイの万華鏡を購入!素晴らしい!

2016年5月7日 - アジサイ(万華鏡)「母の日」ということで、毎年購入しているカーネーションは、どうやっても複数年咲かない・・・原因が分からず、ちょっといじけている私ですが、どうやら最近の「母の日」はアジサイが流行っているらしい・・・って、勝手に理解しています。

アジサイは、我が家では 15 年以上も花を咲かせているものがあるのですが、かなり大型になってしまっているのですが、少なくとも 15 年以上は楽しめる!そんな思いから「今年の母の日はアジサイの鉢植えを購入しようかな~」って考えていると、テレビ番組で素晴らしいアジサイが紹介されました!

その名も「万華鏡」という品種。見たこともない繊細な姿・・・もうこれで決まり!通販での購入となったので、ちょっと心配していましたが、到着した「万華鏡」は写真の通り!もう一言「素晴らしい」に尽きます。ブルー系を購入しましたが、深いブルーというよりは、白に近いブルー。発色が悪い、と評価される方もいらっしゃるようですが、私は深いブルーよりも士らに近い方が好きな色です(自宅にあるアジサイは、きちっとブルー色なので)。

さて、この「万華鏡」ですが「島根県アジサイ研究会」の作出だそうです!当然、来年も再来年も咲かせたいし、個人的には 10 年以上も楽しめるのがアジサイと理解していますから、入手後の管理方法が大切です。

「島根県アジサイ研究会」のウェブに掲載されている管理方法を以下に引用しておきます。

万華鏡の管理方法
時期 置き場所 温度 日光 水やり 肥料
開花時 室内
ベランダ
なるべく涼しく 当てない 十分に
水を切らさない
液肥を月に1回
花を切戻し後 室内
軒下
ベランダ
あまり暑くしない 朝か夕方少し 十分に
水を切らさない
液肥を月に2〜3回または緩効性肥料を月に1回
戸外
ベランダ
あまり暑くしない 当てる 十分に
水を切らさない
液肥を月に2〜3回または緩効性肥料を月に1回(9月末迄に)
軒下
ベランダ
室内(寒冷地)
霜に当てない
0度以下にしない
朝か夕方少し 乾きすぎないように注意 与えない

花の咲くまで
戸外
軒下
ベランダ
霜に当てない 当てる 十分に
水を切らさない
液肥を月に2〜3回または緩効性肥料を月に1回

上記以外には、花が終わったころの剪定はとっても重要ですが、これは他のアジサイと同じ!鉢替えは、9 月中旬がよさそうです。購入時は、「5 号鉢」ですから、いったいどこまで大きくなるでしょうか・・・壮大なアジサイプロジェクトの始まりです(大袈裟だな~)。

サンセベリアの株分けを強行

かなり大きく育ってしまった「サンセベリア」の株分けを強行ししました!一株で大きくすることも考えたのですが、今後の置き場所を考えると株分けした方が何かと移動させやすいと考えたので。

参考にしたのは、「サンセベリアの殖やし方(増やし方)-株分け」というウェブページ。解説にあるように切れに分割することが不可能だったので、単純に真っ二つに切り分けてしまいました!良いのかな~とちょっと不安ではあったのですが、葉挿しでも増えてくれるわけですから、ばっさりやっても問題無いだろうと勝手に解釈しました。下の写真は株分けを完了した姿です。


実は、実際に株を分けたのは 3 日前。日陰で放置して、水分をとりました。この目的が理解できていませんが、解説通りに実行しました。利用した用土は、「サンセベリアの土」という市販の用土を偶然見つけたのでそれを利用。鉢は、インドアへの移動を前提にしているので、ちょっとお洒落!?なイタリアンテラコッタの「9 号鉢」です。

「サンセベリア」は、一年中インドアでも良いようですが、私はあくまでも「生き物」は、可能な限り日光に当てることを原則としているので、今から外出しです。多分、11 月頃までは、がっつりと玄関を飾ってくれるはずです。

初雪かずらをグランドカバーに

地植えのバラの周囲には、色々と植えてあるのですが、どうもパッとしません。そうした現状を何とかして打破しようと試行錯誤するのが楽しいと言うこともあるのですが・・・

数年前からほったらかしにしてあった「初雪かずら」ですが、本来白くなるはずの葉が深い緑色で単なるツル状の草のようになっていました。何とかして従来の白い色の葉に戻したい!どうやら日の当たりが少ないことと、鉢植えのため根詰まりを起こしているのでは、と言うことに行き当たって。

大掛かりに切り詰めて、更に直射日光が当たる軒下の地植えに移動しました!特に土の品種に拘らなくて良さそうだし、バラの裏側に位置するので、バラのグランドカバーとして機能してくれると嬉しいな~って考えて。

下の写真は、地植え完了時のものですが・・・識別しにくいな~
初雪かずら

想像する景観は、バラの裏側に白色にピンク系の筋が入った葉が、グランドカバーとして覆い尽くしてくれている・・・そんな背景に、ちょっと濃いめの葉にクリーム色の花をいっぱいに咲かせた「バニラボニカ」が・・・ってなことに・・・

妄想に終わるかな~

サンセベリアの葉挿しを鉢上げ:俺流だぞ!

【2016年5月3日】
ちょっと早いかな~って自覚があるものの、結構しっかりと新しい根が確認できていたので、早速「エードボール」を施肥しました!本肥料、効果のほどは自分では感覚でしかありませんが、観葉植物や多肉植物にはとっても良いように感じています。カルシウムを強調しているので、初根には素晴らしい効果を発揮してくれている・・・と感じています。

【公開時、オリジナル投稿記事】
先日公開した「サンセベリア」の葉挿し。増やそうと意識して葉挿ししたわけではありませんが、強風で立派に成長した葉が折れてしまったので、捨てるのは心が痛いので、葉挿しにしてみた・・・そんなサンセベリアに新芽が見え出して感無量!

どんな経緯であれ、新しい命の誕生は感動でした!

早速、葉挿しのサンセベリアを鉢上げします。それにしても・・・鉢上げの方法に関しての記述がネット上にもあまりないんですよね~葉挿しなので、無骨に残っている古葉の部分をどうするのかな。用土の中に埋めてしまうのか、それとも切り取るのか。

参考になったのは、以下のサイトの一文。

発根後の鉢上げ
新芽が伸び始めてから鉢に植え替えます。新芽が十分に生長した後に、古い葉は切除します。なお、サンセベリアは葉挿しすると黄色の斑がなくなります。出典:「鉢物の管理:観葉植物の殖やし方② 葉挿し」より

先ずは、新芽が見えている葉挿しのサンセベリアを取り出しました!
2016年4月30日 - 葉挿しのサンセベリア

きちっと根が確認できます。驚くことに用土に埋まっていた部分の新芽は真っ白です!まだ早かったかな~もうちょっと新芽が成長してからの方が良かったかも。それでも取り出しちゃったし。この葉挿しの古い葉の部分を切り落とすのですが・・・

初根は、古い部分の葉の全体に確認できるので、100% 切り落とすことは出そうになりませんから、新根のぎりぎりの部分まで切り落としました。切り戻しの感覚。
2016年4月30日 - サンセベリアの葉挿し

初根が確認できれば、新芽を埋めても大丈夫・・・と言う自分勝手な強制説得を自分にして、鉢上げ完了としました。
2016年4月30日 - 葉挿しのサンセベリアの鉢上げ

利用した用土は、市販されている観葉植物用を利用しました。ただ、市販されている観葉植物用の用土は、ピートモスの割合が多いようで、単純に乾いたまま利用するとピートモスが鉢の上の方に浮いてしまって上手くいかないので、植え付ける前に活性液を十分に吸わせまました。

充分に活性液を吸った用土を 1/3 程鉢に入れて上の写真にある葉挿しを植え付けますが、あまり浅く植えるのも問題が出そうなので、もともと用土の中にあった新芽の部分を用土内に埋まるように植え付けました。緑に色づいている葉を用土の上に出すようにして・・・

後は、自宅の東側・・・特に早朝から昼過ぎまで陽があたる場所に設置しました。これで今後の成長を見守りたいな~って考えています。これでいいのかな~!??今後にこうご期待!

葉挿しのサンセベリアに新芽を確認!

昨年(2015年)10 月に強風で折れてしまった「サンセベリア」の大きめの葉を、季節外れと解っていたのですが、それでもあまりにも素晴らしく育った葉だったので、ネットを調べて 3 つに切り離し葉挿しにしてみました!

明るい日陰・・・と言っても屋内の東側の曇りガラスの所に置いて様子を見ていました。何も変化が確認できなかったのですが、しっかりとした葉がそのまま維持できていたので、定期的に(用土の表面が乾いた時に)水やりをするだけで、辛抱強く何もせずに待っていたのですが・・・

何と!下の写真のように新芽が確認できます!
2016年4月24日 - 葉挿しのサンセベリア

3 つある葉挿しの内のどれに新芽が登場してきているのかは確認できませんが、間違いなく生きている!育ってきている!!新しい命が!!!

ガーデニングをやっていると、色々な発見があるのですが、こうした新しい命の誕生が何とも神秘的で、感動ものです。ちょっと乙女チック!?ですが、そんなことはお構いなし。ただただ感動の一瞬です。

本日、更なる成長を期待して、日当たりの良いベランダに移動させました。成長が速い「サンセベリア」ですから、年末までにどれ位の大きさになるのか、今から楽しみです!

1 / 1712345...10...最後 »
「俺流!バラとラン栽培」Copyright © 2015-2016 by Zero Cool. All rights researved. Frontier Theme