俺流!バラとラン栽培

バラとランと WordPress に魅せられて!

カテゴリー: その他諸々

バラ、ラン、WordPress に関連はないが、本ブログを構築するために必要な事項に関する投稿記事。

大容量バッテリーの「ASUS ZenFone MAX」を買っちゃった!

ASUS ZenFone Maxスマートフォンは、「SONY Xperia Z3 Compact」を利用していますが、どうもバッテリーの容量に不満があって・・・とにかく直ぐに充電が必要になってしまう。出張や移動が多い私にとっては、このバッテリー切れは致命傷になってしまいます!会社支給の iPhone もありますが、メールの確認や資料の閲覧をすると、こちらも直ぐにバッテリーが不安になります。

Android タブレットというカテゴリーの「ASUS MemoPad 8」を持っていますが、Wi-FI モデルなので Wi-Fi がなければ使えない・・・って、当たり前ですが。

会社支給の iPad は大きいし、所属する会社のセキュリティーの関係で iPhone で実施することを大画面!?でやるだけ(同じことしかできない!)なので、iPhone で充分・・・何とかならんかな~と試行錯誤の毎日でしたが・・・

そんな試行錯誤を繰り返しながらウェブを徘徊していると「SIMフリースマホ「ASUS ZenFone Max」実機レビュー! | SIMチェンジ」という投稿記事を発見!「大容量バッテリー」に目が留まって、全文を読んでみるとなかなか興味深い内容です。

「大容量バッテリー」は勿論ですが「OTG ケーブルを利用すると ZenFone Max をモバイルバッテリーとしても使えるようになる」の解説に、「これっきゃない!」と確信したわけです。ASUS は「MemoPad 8」で慣れているし、インストールされているアプリもなかなか優秀だと考えていたので、抵抗はありませんでした。ただ「フリー SIM」が気にはなったのですが、Docomo から離れられない自分に「活」を入れるためにも(無理矢理の理由ですが・・・)チャレンジしようと心に決めて・・・

文章にすると長いのですが、上記の投稿記事を読了して直ぐに「予約」のクリック。「フリー SIM」は「楽天モバイル」を購入。それぞれに別々に購入予約をしましたが、4 日後に同時に着荷。嬉しい限りでした。

利用して 10 日以上が経過して・・・とっても良い感じ。不安だった「楽天モバイル」の SIM ですが、ZenFone Max が標準で提供している設定があって、APN の設定は「楽天モバイル」を選択するだけです。

さくっと利用が可能になって、早速持ち出しています!

先日、油断していたのも原因で iPhone が電池切れ。利用頻度は少ないのですが、iPhone で会社のメールを確認しているので、iPhone の電池切れは致命傷。早速、「ASUS ZenFone Max」を利用して充電!全く問題なし。当たり前かな・・・でも、これってかなり嬉しい。1 時間ほど充電しても「ZenFone Max」のバッテリーレベルは驚異の 70% レベル!

ネット接続系のアプリ(Facebook、Twitter、グノシー、銀行系アプリ等々)や GPS 系の Google Map 等を使うだけ使ってもバッテリー充電することなく、丸 3 日は大丈夫(個人差があると思いますが)。

素晴らしい!まだまだ、使い始めたばっかりですから、これからも暫くは観察する必要がありますが、今のところ十分満足です!

クリスマスローズの鉢替えを実行

先日頂いたクリスマスローズの鉢替えを実行しました!「NHK 趣味の園芸」のテキストに「開花株は、2~3 月、購入したらできるだけ早い段階で鉢替えを実行すること」という解説に基づいての実行ですから、何も変わったことではありませんが・・・
2016年2月4日 - クリスマスローズ
う~ん・・・「7号鉢」という謳い文句の鉢を購入したのですが、作業中に「ちょっと小さいな~」って感じていましたが、お気に入りの鉢が購入できていたし、根鉢を崩すと何とか収まってくれたので、これで良しとしようかな・・・クリスマスローズ・・・写真のように首を垂れてしまうので、花が見えません!

ちょっと高い位置で、見上げるように鑑賞できるような環境が必要な気がしています。

クリスマスローズ、開花株は購入したら鉢替え

先日頂いたクリスマスローズ。なかなかの花色でお気に入り!偶然ですが、本当に素晴らしい花色のクリスマスローズを頂きました。大切に育てたい。頂いたのは開花株!ポリエステルの 5 号鉢に植えてあって、何とも心持ない鉢に植えてある。これって・・・どうする!?

3 年目に入った定期購読「NHK 趣味の園芸」雑誌に丁度クリスマスローズの特集が組まれていました。正にこの特集に合わせるように頂いたクリスマスローズです。
2016年:クリスマスローズのための参考書

「趣味の園芸」によれば、購入した開花株のクリスマスローズは、以下の手順で植え替えることを推奨しています。

  1. 根鉢に対して一回り大きなサイズの鉢を用意する。
  2. 苗を鉢から抜き、取り出した根鉢を棒などで軽くほぐす。
  3. 絡まった根をほぐし、古い土を落とす。更に水を張ったバケツに根鉢をつけ、古い用土を全て落とす。
  4. 苗を鉢の中央に据える。このとき、鉢底石などを入れる必要はない。
  5. 鉢と根の間に用土を加える。
  6. 土と根の間に隙間ができないよう、棒などで用土を突く。このとき、株元を土の中に埋めないように注意する。
  7. 水をたっぷりと与え、直射日光に当たらないようにし、数日、様子を見る。

購入したクリスマスローズの鉢の多くは、根詰まりしていることが多く、できるだけ早い段階で鉢替えを実施することが重要だそうです。それによって、株のリセットができる!

ちょっと意外だったのは「用土を全て落とす」ということ。根が傷んでしまいそうな気もしますが、できるだけ早い段階で新しい環境に慣らすようにすることの方が重要そうです。

ガーデンマート様よりクリスマスローズ 2 株を頂いたぞ!

最近は、お気に入りの鉢があれば、利用する予定がなくても購入するようにしています。なかなかお気に入りの鉢というのが見つからないのが理由ですが。

とにかく、将来的に「ウィッチフォード」社製の鉢を揃えたいな~って密かに考えている私は、暇があればネットを徘徊しています。既に購入した「ウィッチフォード」小さな鉢もあるのですが、更に購入を追加・・・元々は、デンドロビウム用にと考えて購入しました。

購入したのは、「楽天市場:ガーデンマート」なのですが、「ウィッチフォード」の鉢が結構揃っている!

私が仕事に出ている時に着荷したようなのですが・・・「クリスマスローズ、買ったんだ~」との我妻の言葉に、「いやっ、購入してないよ~これ以上、他の品種の花を育てるのは難しいからね~」とは回答したのですが、どうしてクリスマスローズを着荷しているのか理解できずに帰宅。

どうやら「ガーデンマート」からのプレゼントらしい!「ウィッチフォード社製の鉢を購入された方にプレゼント」とのメッセージが。ちょっと以前に冬を彩る花として、かなり興味があったクリスマスローズですが、想像以上に高価で、品種によってはバラ苗よりも高いので躊躇していただけに何やらとっても幸せな気分。

こりゃ~クリスマスローズも育成リストに入れなければ!
2016年1月27日 - 着荷したクリスマスローズ

所謂「開花株」といって、花の色を確認できるクリスマスローズです。それしても・・・「ガーデンマート」さんはやってくれますね~素晴らしい花色で、何とも落ち着きにある姿です。ちょっとはまりそうな苗でしょ!

ちょっと写真をアップしておきますが、先ずはクリーム色とでも言いましょうか。ほんのりと紫色も出ています。
2016年1月27日 - クリーム色の花のクリスマスローズ
2016年1月27日 - クリーム色の花のクリスマスローズ(姿)

もう一つは、紫色が強く出ている花色です。こちらも濃い色というよりも何ともほんわかとした色合いです。
2016年1月27日 - パープルの花のクリスマスローズ
2016年1月27日 - パープルの花のクリスマスローズ(姿)

これからちょっと勉強しなければ!

2016年、バラとラン栽培の目標は・・・

2015年は、何かと特異な気候を理由に言い訳をしていますが、2016年はそうした悪天候の経験も生かして、心機一転!?新たな目標をたてたいと思いますが・・・開花、病気無し、害虫被害なし・・・なんて当たり前過ぎるので、かなり大胆な目標を設定してみようと思います!

バラ栽培に関する目標

最大の目標は・・・「目の高さで開花するバラ」を目指します。これまでは、剪定が弱く、更には Know-How も曖昧だったので、開花することには、かなり成長してしまって目線よりもかなり高い位置での開花でした。どうやら「仕立て直し」もできるようなので、2016 年はかなりの覚悟で;

  1. 全ての株で強剪定を実施する。
  2. 上記に関連して、花数よりも開花位置(目の高さで咲く)を意識する。
  3. シーズンを通して「目の高さで開花するバラ」を達成する。

当然ですが、病害虫に関する「俺流」の防除方法を確立するのも重要な課題です。

ラン栽培に関する目標

2015年、実はコチョウラン、デンファレ、シンビジウムに関しては、全てが開花して、自分なりに満足する結果を獲得しています。しかし、最も簡単なような「デンドロビウム」が意外とうまくいっていない・・・そこで・・・「デンドロビウムに集中して、開花を目指す」ことにしたいと思います。

  1. デンドロビウムの鉢替え(デンドロビウムだけは、花径を切り取るわけにはいかないので、鉢の剪定に気を遣う)。
  2. 上記、用土を水ゴケ「0」を目指す。
  3. 害虫被害を皆無にする(デンドロビウムだけ、新芽が食害にあう)。

もう一点、2015 年のランは、結構簡単に開花してくれたので、油断もあって花径を折ってしまう、というアクシデントが多くて涙を飲みました!2016 年は、かなりの対策が必要でしょう!特に、家族のメンバーがアクシデントで花径を折ってしまわないような対策を打つ!実は、これが一番重要もしれません。

2016 年、スタートです!

2 / 1712345...10...最後 »
「俺流!バラとラン栽培」Copyright © 2015-2016 by Zero Cool. All rights researved. Frontier Theme