俺流!バラとラン栽培

バラとランと WordPress に魅せられて!

カテゴリー: ラン

品種に限定することなく、またカテゴリーに関係なくランに関する全ての投稿記事。

デンドロビウム全てに「プロミック シンビジューム・クンシラン用」を

先日、鉢増し、鉢替え、株分けを実施したデンドロビウムですが、想像以上に良い状態を維持してくれているし、温度も 13 度以上を維持できているので、早々と施肥を開始することにしました。

参考書で「新芽が確認できたら施肥を開始する」という解説の通りなのですが・・・

デンドロビウムに関しては、肥料に関しては迷っているのですが、開花時期にはインドアに入れる必要があるため、できるだけ臭いのない肥料を、と考えているのですが。試行錯誤はしましたが、結局は最も入手し易い「プロミック シンビジューム・クンシラン用」にすることにしました。

参考書では、発酵油かすを施肥するように推奨しているようですが、結構臭いが気になるし、どうもナメクジの餌食になっているデンドロビウムの原因が、この発酵油かすのような気がしています。

ランは、デンドロビウムに限らず、全ての品種で多くの肥料が必要はないそうですから、あまり考え過ぎないこと・・・何て自分に言い聞かせたりして。「肥料が多いと高根が発生する」と言われていますが、高根が発生したら、それはそれで新しい数だと思って株増しすれば良いし・・・実際に、デンドロビウムに関しては、高根が発生したので、切り取って新しく植え込んでいます。流石にまだ開花までには至っていませんが、成長が確認できて、結構嬉しいものです!

デンドロビウム・・・既に 2017 年の開花に向けてスタートです。

デンドロビウムの鉢増し、鉢替え、株分け!

参考書によれば、温度が 13 度以上を維持できる環境であれば、デンドロビウムの鉢増し、鉢替え、株分けができると解説されているようです。2016 年、デンドロビウムに関しては、多くの開花を目指すことが大きな課題ですから、早め早めのアクションが必要なので、ちょっと早いかな~とも思いましたが、全てのデンドロビウムで「鉢増し」「鉢替え」、更には「株分け」を強行しました。
2016年3月8日 - デンドロビウムの株分け
上の写真は、株分けを強行した後のデンドロビウムです。元々は、「5号深鉢」に植え付けていたのですが、根が鉢底から見えるし、新しいバルブの成長を妨げるレベルまで大きくなってしまっていたので、株分け実施しました!単純に根を含めて半分に分けました。新芽が登場していたのですが、偏った成長ではなかったので、単純に半分。

良いのかな~これで・・・

デンドロビウムは、花径を切り取って飾ることができないため、鉢選定にはかなり神経を使いました・・・と言っても、お気に入りの「ウィッチフォード」の鉢を購入してあったので、それを使いました。結構良い感じで「株分け」できたと思っているのですが、これからが勝負といったところでしょうか。

中輪系コチョウラン(白・紫花)を再度鉢替え

2 年連続で素晴らしい花を咲かせてくれた「中輪系コチョウラン」なのですが、どうも昨年(2015 年)の 11 月頃から勢いがなくなってきました。花は咲かせてくれましたから、枯れていくわけでもないだろうし・・・

そこで、2015 年の 2 月に鉢替えを実行したのですが、再度、鉢替えを強行しました!今回は、根を整理(切り戻す)して、ちょっと深めのプラスティック鉢に植え替えました。
2016年3月7日 - 中輪系コチョウラン
用土としては、本ブログで紹介した「モルバーク(大粒)」を利用しました(投稿記事「来季に向けてプラスティック鉢とモルバークにする!」を参照)。

どうやら新しい根が少ないような気がします。あまり神経質になる必要はなさそうですが、それでもこれまで絶好調に見えたのですが、やはり葉がしわっとなって・・・水分不足かと思いますが。来年も咲かせたいので、早めに対策を打ちました!

2016年も小輪系のコチョウランは絶好調!

コチョウランが昨年に続き、開花を始めています。特に何をしたわけではありませんが、きちっと開花をしてくれています。昨年は 2 つの花径を出して、素晴らしい花を咲かせてくれた「小輪系のコチョウラン」ですが、今年は 1 つの花径が分岐して 3 つになっています。
2016年1月9日 - 小輪系コチョウラン (1)

2016年1月9日 - 小輪系コチョウラン (2)
先端がアクシデントで折れてしまったのですが、それでもなかなか見事な花を咲かせてくれていますし、私個人としてはとっても好きな色合いの花です。昨年は、インドアでも株を飾れるように鉢も変更しているので、鉢ごと玄関を飾っていてくれています。

約 1 週間ほどは、株ごと玄関に飾って、その後は花径を切り取って来年(2017年)に向けてスタートしようかな、と考えています。それにしても簡単に開花してくれます。

シンビジウム、キャンドルナイトは満開

バラに関する投稿記事ばかりのようですが、ランに関しては、結構簡単に咲いてくれているので、どうしても投稿記事がすくなってしまっています。本ブログ、何も成功事例を後悔するために公開していないので、どちらかと言うと失敗事例が多い。

それでも、備忘録として成功事例も掲載しておかなければ・・・難関と考えていたシンビジウムも、2015年12月に購入した「キャンドルナイト」と「夜想曲」という品種は大成功。何をしたわけでもないのですが。「キャンドルナイト」は、3 つの花径を 12 月上旬ごろから登場させて・・・12 月下旬には開花に至りました。

ただ、我妻のアクシデントに見舞われて折れてしまったのですが・・・それでも、素晴らしい花を咲かせてくれました。
2016年1月4日 - シンビジウム(キャンドルナイト)
あまりにも簡単に咲いてしまったので、拍子抜けの感もありますが、それでも嬉しいものです。既に花径を切ってしまって、花瓶に移動させてしまいましたが、これから 2 ヵ月は花瓶のままで美しい花を楽しめます。それがランの良さでしょうし。

実は、「キャンドルナイト」と同時に購入した「夜想曲」も絶好調。現在、5 つの花径を確認できます。既に開花が進んでいますが、もうちょっと写真は待ちたいと思いますが・・・

1 / 1012345...10...最後 »
「俺流!バラとラン栽培」Copyright © 2015-2016 by Zero Cool. All rights researved. Frontier Theme