俺流!バラとラン栽培

バラとランと WordPress に魅せられて!

カテゴリー: 四季咲中輪系(フロリバンダ)

四季咲中輪系のフロリバンダという品種に属するバラに関する投稿記事。

ディズニーランドローズ、復活には程遠いけど!

根腐れなのか、それとも病気だったのか・・・そもそも「バラ栽培」を始めた当初に購入した「ディズニーランドローズ」でしたが、復活を祈って鉢を小さくして様子を見ていたのですが、まだまだ復活の兆しがありません。枝は落ち、花は咲かず、といった状態ですが、この秋、何とか一輪だけ花を咲かせてくれました!
2015年10月19日 - ディズニーランドローズ (1)
2015年10月19日 - ディズニーランドローズ (2)
何か頑張ってくれてるな~とは思いますが。そもそも「フロリバンダ」という品種ですから、房咲になって花を咲かせてくれるはずですが、たったの一輪です。奇麗なオレンジ色の花ですから、何とか復活して欲しいな~と祈るばかりですが。

「バラ大図鑑」を引用しておきましょう。

オレンジ色からピンクに変化する半剣弁咲き。5~10 輪ほどの房になり、花つき、鼻もちがとても良い。やや遅咲き。軽いフルーツ香。暑さに強い。黒星病に弱く、葉を落とすと樹勢が著しく落ちて冬に枯れこみやすくなる。植え込み当初に花をたくさん咲かせると株が充実しないので要注意。
木立ち性 / 横張り
うどんこ病:普通 / 黒星病:弱
樹勢 / 普通出典:「バラ大図鑑」p.97 より

上記の解説を読むと・・・決して初心者向きじゃないよな~って、改めて解ったりして・・・

瀕死状態のディズニーランドの経過報告:蕾がついたけど・・・

2015年7月11日 - ディズニーランドローズの経過昨年から調子が悪く、いよいよ瀕死状態になった「ディズニーランドローズ」なのですが、鉢のダウンサイジングを実施。その後、ゆっくりと新芽が出てきて・・・更に、小さいのですがやっとことで蕾がつくほどになりました。

ただ、まだまだ弱々しいので、摘蕾することで株の充実を図るべく観察を継続しています。

写真がちょっとボケていますが、以前の状態よりはかなり回復しているような気がします。一つの枝は、細く枯れてしまって、一時は「やっぱり復活は無理かな~」と思っていましたが、何とか新芽が成長してくれて、蕾を付けてくれるまでになっています。

それにしても枝はまだまだ細いし・・・病気になりそうな状態の時もありました。ここへきて、何とか健康になってきた様子。葉も充実してきたように見えます。

まだまだ観察が必要ですが、秋口までは摘蕾を継続して、株を充実させていきたいと考えています。それにしても・・・購入時に焦って「株が弱そうでも開花していた」ことで購入してしまった「デズニーランドローズ」ですが、こうして復活の兆しがあると、何とか完全復活して、生まれ変わった姿を見せて欲しいと願っています。

ハニーブーケが開花した!

毎年綺麗に花を付けてくれる「ハニーブーケ」ですが、今年もきちっと花を付けてくれました。直立系のバラ品種なので、枝が広がらず花を付けてくれます。

2015年5月20日 - ハニーブーケ (1)

2015年5月20日 - ハニーブーケ (2)

分類としては、フロリバンダですので、中輪系のはずなのですが、花の大きさが結構大きい。また、我が家では珍しく、花の香りがするバラ品種です。

ディズニーランドローズの復帰を祈って・・・

【2015年5月26日:追記】
復活を願って鉢のダウンサイジングを実施しましたが・・・2 本の弱々しい枝の内の 1 つから新芽が出ていることが確認できました!

2015年5月26日 - 復活の兆し!?

ただ、残りの 1 つの枝は・・・枯れかかっているような気がするけど・・・まだまだ予断の抜けない「ディズニーランド ローズ」のようです。

【公開時、オリジナル投稿記事】
2015年5月4日 - ディズニーランドローズ何はともあれ、写真を見て下さいませ。新苗ではありませんし。購入時には「開花株」だった「ディズニーランドローズ」のはずでした・・・(写真をクリックすると拡大します!)

この「ディズニーランドローズ」、購入時には、かなり人気があって在庫が少なかった。バラのことなんて何も知らない時に、たった一輪咲いていた「ディズニーランドローズ」に惹かれて購入してしまった・・・

当然ですが、開花株だというのに花一輪。枝も細いし、どことなく勢いがなかったのを記憶しています。

そんな株でしたから、年々、枝が枯れていき、昨年(2014年)は、たった 2 つの花を咲かせただけ。「その内、シュートが出てくるだろう」と簡単に考えていましたが、益々、元気がなくなってくる・・・水を控えたり、肥料を控えたり、活力剤を与えたり・・・それでも復活の兆しがありません。

そこで、覚悟して鉢替えをすることにしました!

これまで「8 号深鉢」に植え付けてありましたが、その鉢をダウングレード。「6 号鉢」にし、更には「素焼き鉢」に変更。枯れ枝を全て切り取って。更には、午前中から正午過ぎまでは日が当たる場所に移動しました。その結果が写真です。

枯れているわけではなく、細々とベーサルショートの登場気配があるため、もう少々待った方がよかったのかもしれませんが、それでももう待てない状態になる可能性もあったし、鉢をひっくり返して「根」を確認すると、まったく新しい根が出ていないことを確認しました。かと言って、根腐れしている様子もないのですが。

できるだけ水はけがよく、それでいて保水性があるように・・・元肥もしっかり鉢のサイズに合った分量を与えて・・・これで、新苗と共に管理していき、できれば復活して欲しい・・・と願っています。

「俺流!バラとラン栽培」Copyright © 2015-2016 by Zero Cool. All rights researved. Frontier Theme