俺流!バラとラン栽培

バラとランと WordPress に魅せられて!

カテゴリー: 四季咲大輪系(ハイブリット)

花径 10 ~ 15cm の大輪の花を咲かせ、香りの強い品種が他の系統よりも多い系統、ハイブリットティーローズに関する投稿記事。

見事!カルフォルニアドリーミングが 1 輪

昨年(2015年)の秋に大苗で購入した「カルフォルニア・ドリーミングが1輪開花しました!というよりも、多くの花を開花させることを制御して、たった1輪の開花にしました。

好きですね~この色といい、実は香りも素晴らしい!大苗での購入でしたから、開花させることを制御していますが、この大柄の素晴らしい花が数輪開花した姿を想像するだけでワクワクしますがもう少々経過を観察しなければなりません。
2016年5月4日 - カルフォルニア・ドリーミング

開花した花は、ほぼ完全に開いた段階で直ぐに切り取りました。先ずは、株の充実を図る必要があり、開花したまま時間を経過すると、株に負担が掛かりますから。とにかくコンパクトに。

既に新芽が確認できましたが、コンパクトにすることと株の充実を図るために、花を切りとって直ぐに、更に切り戻しを実施しました。花の直下の 3 枚葉や 5 枚葉を切り詰めました。花の大きさに比べてちょっとアンバランスなくらいにコンパクトに。

そもそも四季咲の品種なので、この後の開花は 8 月以降にしないといけないかもしれません・・・待てるかな~

ローズヨコハマ、鉢替えを実施

2015年11月22日 - ローズヨコハマ何も知らない駆け出しの時に新苗で購入した「ローズヨコハマ」。鉢苗を見た時にその香り、花姿に惚れて購入した記憶があります。

しかし、まだまだ初心者(今もですけど・・・)で、暗中模索の頃だったので新苗で購入したのに、春からバンバン花を咲かせて(と言ってもあまりまともに咲いてくれませんでしたけど・・・)、日当たりの加減も確認せずに、単純に玄関先に置いていました。

その後、ひょこひょこと伸長して、剪定も上手くいかず・・・今に至っています!

写真から一目瞭然!間延びしたような茎・・・葉が少ないし・・・当然のように花数が少ない!2015年春こそ、7 輪の素晴らしい香の花を咲かせてくれましたが、その後は 1 輪ずつといった感じ。可能であれば、最低でも 4 輪くらいは開花して欲しいのですが、弱々しい花が 1 輪ずつしか咲いてくれません。咲いた花は、確かに素晴らしい香りと大輪の濃い黄色の花なのですが。

2016年、思い切って深く剪定しようと考えているのですが、その準備として、先ずは鉢替えを決行しました。ちょっと小さめの鉢に植えてあったので、かなり根が張っているだろうと想像していたのですが。

「あれっ!?太い根がないし、根も張っていないような気がする!」

これは想定外でした。かなり神経を使って水遣りや肥料をやっていた気になっていましたが、根の成長が芳しくありません。日当たり、水やりが原因かな~冬の剪定が浅く、かなり枝が伸びてしまっていることは自覚しているのですが・・・

2016年、相当の覚悟をもって仕立て直す必要がありそうです。

本来は房咲のはずのシークレット パフィームが 1 輪!

我が家では最も古い、と言っても 2013 年 5 月に開花株として購入した「シークレット パフィーム」ですが、昨年鉢植えから地植えに移して、その後も思うように咲いてくれません!本来、房咲のようなのですが・・・

1 輪、1 輪を咲かせてくれます。大輪だし香りも素晴らしいのですが・・・この秋、やはりひっそりと咲いてくれました!
2015年10月24日 - シークレットパフィーム (1)
2015年10月24日 - シークレットパフィーム (2)
素晴らしい花姿ではありますが、やっぱり本来の房咲を見てみたいな~とは考えています。購入当時は、あまり株の状態を考えることなく、花が咲いているという理由だけで購入してきた経緯があるので、最初から状態が良くなかったのかもしれませんが・・・

「バラ栽培」を始めた最初の時期に購入した株ですから、これからも元気でいて欲しいな~と祈るばかりです。

素晴らしい「カリフォルニア ドリーミング」が咲いたぞ!

いや~素晴らしい!今年の春に新苗で購入した「カルフォルニア ドリーミング」が咲き乱れています。今年の猛暑と記録的な豪雨の影響と思われる壊滅的なダメージが多い我が家のバラ達ですが、素晴らしい花を咲かせてくれました!
2015年10月12日 - カルフォルニアドリーミング
写真では 2 輪が写っていますが、全体として 6 輪ほどが乱舞していて、かなり見応えがあります。想定以上に大輪形の花で、遠目で見ても目立ちます。また、個人的には中心部分は黄色に近く、外側に向けて白からピンクにグランデーションが掛かっている!そもそも、この花色に惚れて購入したのですから、当たり前と言えば当たり前ですが、自分のバラだと思うと、一人ほくそ笑んでしまいますね!

これだからバラは止められない!

ちょっと参考までに「バラ大図鑑」の解説を引用しておきます!

アイボリー色にピンク覆輪の丸弁高芯咲き。日が当たるとピンクが濃くなる。花枝が短く、花首が強く、花つき、花もちがよい。強い芳香がある。生育はゆっくりで、株のまとまりがよい。成株はベーサル・シュートが出にくくなる。耐寒性、耐暑性がある。うどんこ病には強いが黒星病は中程度。

木立性のバラ:中 / 四季咲き / 半横張り
うどんこ病:強、黒星病:普通
樹勢:普通出典:「バラ大図鑑」p.69 より

「ヨハネ パウロ 2世」の2番花は見るも無残な結果に

花数も多いし、大きさも十分大きいし、花姿も素晴らしい(はず)の「ヨハネ パウロ 2世」に 2 番花が開花し出しました。1 番花は、本ブログの投稿記事「白バラ ベスト 3 の「ヨハネ パウロ 2世」が開花した!」に記述しました。

しかし、2 番花の結果はちょっと残念な結果に・・・花数は多いのですが、綺麗に咲いてくれていません。

2015年6月5日 - ヨハネ パウロ 2世の 2 番花

何が原因なんでしょう・・・単純に雨によるシミが出来たといったことではないような気がします。昨年は、ヒメコガネという害虫に徹底的に食い荒らされ、今年は何が問題なのか・・・まだまだ、研究が必要な「ヨハネ パウロ 2世」です。

1 / 3123
「俺流!バラとラン栽培」Copyright © 2015-2016 by Zero Cool. All rights researved. Frontier Theme