俺流!バラとラン栽培

バラとランと WordPress に魅せられて!

カテゴリー: WordPress

WordPress、テーマ、plugin、スニペットと WordPress に関する全ての投稿記事。

WordPress、ミニマルなポートフォリオ用テーマ、Maker が!

本ブログ、結構掲載する写真が増えてきました!写真は、これまで全く気にせず、ただただ撮影して掲載して・・・って繰り返しでしたが、これだけ掲載写真が多くなると、ギャラリー的なブログというよりは、ギャラリーそのものが欲しいな~なんて考えるようになってきました!

そんな時に、「WordPressでミニマルなかっこいいページが簡単に作成できる!無料で高品質なテーマファイルのまとめ | コリス」という公開記事を発見して・・・

紹介されている一つ一つのテーマを確認すると・・・「Maker」という WordPress 用のテーマがとってもシンプルだし、個人的にとっても気になります!

Posted by “WordPress for Android” in Xperia Z3 Compact.WP_Theme_Maker

ポートフォリオ用のテーマだそうだし、標準で色々とできそうだし!何よりも WordPress 用のテーマですから、使い勝手は良いはずです。市場での評判も良いし。

私ごときがポートフォリオね~とちょっと疑問に感じながらも、興味津々です!

W3 Total Cache でブログの高速化

投稿記事やアップロードしている写真数が多いと、どうも WordPress が重くなる・・・即ち、表示時間が遅くなるということ!何とか速くできないものかと試行錯誤していますが、いろいろと遅くなる原因が考えられ、どの対策が効果があるのやら・・・

そこで、色々とネットを調べて、やっぱり常套手段である「W3 Total Cache」というプラグインの有効化が効果的なのかな、という結論に達しました。本ブログで適用しているテーマ「Frontier」の作者も推奨しているし(投稿記事「Faster Loading with WordPress Caching | ronangelo」を参照)。
20150423_w3_total_cache

何もしなくても効果あり、という「Frontier」の作者の説明もあって、それこそ標準のままで有効化しました。つまり、設定の変更は全く実施せず・・・ところが、スマートフォンで確認すると、何とも動作が奇妙です。というよりも、スマートフォンではブログが表示できない。

なんだよ!とも思いつつ、一念発起してネットを検索。素晴らしい投稿記事を 2 つ発見しました。以下にリストしておきます。

上記の公開記事に従って、先ずは設定を全て見直し、もしやと思い「WordPress の W3 total cache と WPtouch を併用するには除外設定が必要」を参考にスマートフォン対応を敢行。これで解決。

詳細は、上記の投稿記事で詳細を説明していますから、それを参考にして頂いた方が安全です。私が詳細を説明して、皆様を迷わせてしまっては意味がありませんから。

カレンダーウィジェットの日付リンクを丸くする

本ブログのフッター位置にあるカレンダーウィジェットを、以前からもうちょっとデザインを工夫できないかな、と考えていて、いろいろとネットを検索していました。特にリンクに関しては、工夫したかった!

そこで、ネットで見つけた「[WordPress.com] カレンダーウィジェットの日付を丸くする | comemo」を参考にスタイルを変更しました。

先ずは Before-After を掲載しておきます。

スタイル変更前 スタイル変更後
20150501_calendar_1 20150501_calendar_2

「display」を block にすること、border-radius で角を丸めたことでしょうか。上記のコードにある px は、毎回確認しながら微調整しました。コードは、「子テーマ」の style.css へ記入しています。

Xserver、WordPress の DB を MySQL 5.0 から 5.5 へ移行

本ブログは、「エックスサーバー::Xserver」で運用しています。以前から「Xserver」のデータベースで「MySQL 5.5」が利用できることは知っていたのですが、ちょっと怖くて現在のデータベースを変更することができませんでした!

しかし、この度、WordPress 4.2 のリリースに伴って、一気にデータベースを現在の「MySQL 5.0」から「MySQL 5.5」へ移行することにしました。

20150425_Xserver

既に利用している WordPress ですが、データベースの移行手順は非常に簡単です。「移行ツール」なるものが準備されていて、それを利用するだけです(詳細は「エックスサーバーのマニュアル」に記載されています)。数分もあれば、移行が完了してしまって拍子抜け。

しかし・・・あれっ、「サーバー接続エラー」ってどういうこと!?

汗が出ました!ここまできて、全てのブログを失ってしまったのか・・・慎重にアクセスし直しても同じ結果。落ち着いて・・・ネットを検索するとありました!それは「【エックスサーバー】WordPress を MySQL5.5 に移行する際の注意点 -SAKULIFE」という投稿記事。

移行後のデータベースの中身に問題がない場合、旧バージョンの MySQL を利用していたプログラムの設定ファイルにあるデータベースホスト名を、MySQL5.5 のデータベースホスト名へ変更します。

あ、wp-config か。

WordPress は wp-config.php のホスト名の書き換えが必要!

バージョンを MySQL5.5 に移行する(確認)のボタンをクリックする前に wp-config.php のホスト名の書き換える必要があったんですね。
出典:「【エックスサーバー】WordPress を MySQL5.5 に移行する際の注意点 -SAKULIFE」より

いや~最初はビックリしましたが、上記の投稿記事の通り wp-config.php を修正。再度、緊張感がある中でアクセスすると・・・無事に解決してくれていました!

Similar Posts、関連投稿記事をリストするプラグイン

Similar Posts メニューいろいろなブログを閲覧させて頂くと、多くのブログで「関連投稿記事」と銘打って、関連する投稿記事をリストされているものを良く見掛ます。良いな~と感じながらも、本ブログでは実装していませんでした。

しかし、いろいろと本ブログへのアクセスを分析すると「直帰率」というのが 70% に迫っていて、如何に 1 つの投稿記事を閲覧して頂いてから直ぐに他のウェブへ移動されてしまっているのかが明確になりつつあります。まっ、「関連記事」をリストしたところで、直帰率が下がるとは思いませんが、それでも対策の一つにはなるのでは・・・と考えて本ブログの投稿記事でも「関連記事」をリストするようにしました!

「関連記事」をリストさせるためのプラグインは多くありますが、本ブログでは以前利用経験のある「Similar Posts」を利用しました!WordPress のプラグインのページを見ると「2 年以上更新されていません。もはやメンテナンスされていません」とのメッセージが登場しますが・・・WordPress 4.1.1 下でもきちっと稼働してくれています。

このプラグイン、以前の投稿記事で公開した「Recent Posts」と同様、「Post-Plugin Library」が無いと稼働しません(本ブログの投稿記事「Recent Posts、「最近の投稿」のカスタマイズをするプラグイン | 俺流!バラとラン栽培」を参照)。また、「Recent Posts」と同じロジックで表示方法を設定することができますから、「Recent Post」と「Similar Posts」と合わせて利用するのが、私個人では必然的ですが・・・

通常のプラグインのインストールと同様に導入。メニューは「設定」をクリックすると「Recent Posts」の下にメニューが登場し、ほとんど「Recent Posts」と同じ設定画面です。

このプラグイン、通常のテーマにある CSS でスタイルを設定することができるので、ブログとのデザインに関する整合性を取ることもできます。

「関連記事」のリストに関しては、このプラグイン一筋です。

1 / 612345...最後 »
「俺流!バラとラン栽培」Copyright © 2015-2016 by Zero Cool. All rights researved. Frontier Theme