俺流!バラとラン栽培

バラとランと WordPress に魅せられて!

タグ: バイオゴールド

2016年、バラシーズン到来!再剪定を強行

約 1 ヵ月振りのブログ更新となってしまいました!2 月の週末は、とにかくやることがいっぱいあって午前中に作業をして一休みすると、疲れ切ってしまって寝てしまう・・・そんな週末を過ごしていました!

そんな状態で、既に 3 月に突入。いよいよバラシーズン到来です。といっても、私個人としては 2 月がシーズン開始と考えているので、既にスタートを切っているという感じでしょうか。2 月中は、事前に薬剤散布や集中的に活性剤や液肥をスタートダッシュとして実行しています。

そして、3 月最初の週末。固形肥料の施肥を開始しました!今年も昨年同様「バイオゴールド セレクション薔薇」使おうと決意していますので、この固形肥料を規定量(それほど厳密じゃなくていいのが嬉しい)施肥。

更に、今年の目標である「鉢バラをコンパクトに仕立て直す」の達成のために、更に切り込みを実施しました!
2016年3月5日 - ローズヨコハマ
既に全ての鉢バラで新芽が確認できるので、ちょっと気が惹けましたが、新芽のかなり深いところ(用土面に近いところ)で、更に選定を実施しました。上記の写真は、「ローズ・ヨコハマ」ですが、冬剪定の状態から更に 10~15cm ほど切り込んでいます。新芽の数は少なくなりますが、それでも「コンパクト」に咲かせたいので、敢えて切り込む!剪定では、外芽とか内芽とか、良い芽を残すとか、参考書には専門的な事項が説明されていますが、やっぱり素人の私には判断できません。よって、全くの素人の感覚で、拘りなく剪定しています。

さ~これからどうなるのでしょう・・・春が楽しみであり、また不安でもありますが、とにかく「バラ栽培 2016」はスタートしています。

記録的な猛暑と豪雨・・・バラは見るも無残な夏バテ!

20150921_vrna_main_w「Surface 3」に「自作 PC」・・・更に「Windows 10」とバラやランとは掛け離れた話題が続きましたが、我が家のバラとランですが・・・特にバラは、私が住む千葉県での記録的な猛暑続きと豪雨で、所謂「夏バテ」状態です。

葉が黄色く変色、落葉という状態で、病気というよりは正に「夏バテ」の状態でしたが、週末に雨が降るとウェークエンドガーデナーの私には、成す術がなくただただ茫然とバラ達を眺めていた状態が続いたこともあって、ミニバラはほぼ全滅状態、春に購入した新苗も全滅。黄色く変色したと思ったら一気に落葉という状態!そして・・・順調に育っていると思っていたさし木達も落葉という非常事態。

唯一、夏バテしてないのは「グランデ アモーレ」と「ベル ロマンチカ」の 2 品種のみといった状態です。

そこで、いろいろとネットを調べて必要な対処法として「活性剤」の投与というのがあったので、肥料の投与を中止して、「バイオゴールド バイタルV-RNA」の投与を開始しました。バイオゴールドの肥料や活性剤を今年(2015年)は利用することを決めているので、ちょっとバイオゴールドのウェブページから「V-RNA」の解説文を引用しておきたいと思います。

こんな場合におすすめ

  • 根痛みや土壌が原因で弱った場合
  • 異常気象の影響で弱った場合
  • 酷暑・冷夏・寒さなどによるダメージを受けたとき
  • 思わぬ落葉によるダメージを早く回復させたいとき
  • 一刻もはやく根づかせたいとき
  • 新芽や葉を速く出したいとき
  • 花後・実り後・移植後などに
  • 日照不足による生育不良 など

出典:「バイオゴールド ウェブへようこそ!天然肥料&活性液 ::: 根・土壌集中活性液バイタルV-RNA :::」より

正に解説にあるような状況ですから間違いないとは思いますが・・・秋、花を咲かせてくれるのかはかなり懐疑的になってきた私ですが、それでも新芽や新葉が確認できますから、辛抱強く見守っていきたいと思います!

バラの新苗・大苗の植替えの方法:大川原方式の復習

ほぼ 2 年間、バラの植替えに関して試行錯誤を繰り返し、辿り着いたのが「大川原方式」と呼ばれる植替え方法!特に大苗と新苗に関する植替え方法は驚きでした!「大川原方式」と言ってもご本人がそう呼んでいるのですから、本ブログでも「大川原方式」として記述させて頂きたいと思います(あくまでも、大川原氏ご本人の方法論ですから、詳細に関する私宛の質問に関してはご勘弁を!)。

大川原氏とは、本ブログでも何度もご紹介していますが、「京成バラ園ガーデンセンター店長」である大川原清光氏のことです。

早速、「大川原方式」を復習します。

準備するもの

準備するものが非常に重要です!実際には、植替えの作業そのものは、20~30 分もあれば完了できますので難しいものではありません。以下に準備すべきものをリストしましょう。

ちょっと驚きですが、鉢は「8号深鉢」です!新苗や大苗としては、かなり大きめの鉢ですが、「大川原方式」では、この大きさを推奨しています。考えてみれば、鉢替えに頻度は少ない方が良いので、これも納得かな~とも感じます。

また、上記で最も重要なことは、用土と元肥のコンビネーション。以前は、自分で用土を作成していましたが、結局は想定以上に水はけが良かったり、元肥の効果が確認できなかったりと難しかったので、用土は上記で。というよりも「大川原方式」では、このコンビネーションが必須です。

植替え手順

以下に手順を示しておきましょう。

  1. 底が軽く隠れるほど用土を入れる(底穴が大きくなければ底網も底石も必要なし)。
  2. 元肥を鉢の中央に山になるように盛る(「8号深鉢」の場合、200g で OK!)
  3. 元肥を囲むように周囲に用土を入れる(元肥が中央に山積みになっていて、周囲に用土があるという状態)。
  4. ウォータースペースを取る(鉢の上から手の指の関節2つ分ほど)ように用土を入れながら苗を植え付ける。

上記で、ウォータースペースが重要です。大川原氏が主張するように(セミナーで解説していましたが・・・)、用土は通常の土よりも水はけが悪い!逆に言えば、水持ちが良い!そのため、水が浸透するまでに時間が掛かります。よって、ウォータースペースがないと、水が鉢の外に逃げてしまいますから、しっかりと水を溜めて浸透させる必要があります。

上記の手順で完了した新苗が下の写真です。


上記参考にしているのは以下のウェブサイトです。写真付きで解説されていますので、是非参考にしてくださね!

バイオゴールド「セレクション薔薇」の使用量の目安

バラの追肥には、今年から「バイオゴールド セレクション薔薇」にしています。効果の確認は流石にできていませんが、昨年利用していた発酵油かすや骨粉よりも、間違いなく害虫が寄ってこないと感じています。

また、鉢植えには適量を用土の表面にばらまくだけ、というのも施肥が簡単で重宝しています。

しかし・・・「適量」、つまり「使用量」の設定が結構厄介です!解説に「与える粒数は”だいたい”でO.K。自分の手でひとつかみ何粒位かを覚えておくと手際よく・楽にまくことができます」とあるのですが、想定以上に匂いがあるので、直に手で扱うと匂いが手に残る!

我が家の場合、一番小さい鉢でも「8号鉢」ですから、使用量は「約30粒」ですから、簡単に数えることが難しい・・・

そこで、私の場合、粒がそこそこ揃っている長所を活かせば、「10 粒が約 15g である」ことを考えて、以下のように使用量を計量しました!

鉢サイズ 使用量(推奨値) 換算量(俺流) 使用量(実質)
8 号 約30粒 45~50g 約50g
10 号 約30~50粒 45~75g 約75g
12 号 50~100粒 75~150g N/A
12 号以上 100粒以上 150g 以上 約200~250g

上記を基準に 1 ヶ月に 1 度、施肥を継続することとしています。また、以下は基本中の基本ですが、解説から引用しておきます。

目安量を参考にしながら新苗などの小さな株には少なめに、大きい株には多めに適宜加減をして与えます。環境・土壌・管理等で効果の出方が異なります。初使用・初環境等の場合は少なめからお試し下さい。出典:「天然肥料&活性液 ::: バイオゴールドセレクション薔薇 :::」より

これで、毎月計算する必要がなくなるな~こうした記録は、マメにメモするべきだな~って改めて考えたりもする・・・

「バイオゴールド バイタル」を葉面散布したら葉に艶が!

バイオゴールドバイタル寒暖差が大きいためか、数品種のバラでどうも勢いがありません!特に、その表情は葉に出ているような気がします。

黒星病でもないようだし、うどんこ病でもなさそうです。ただただ、疲れているような感じ。

そこで、以前から知ってはいたのですが、半信半疑だったため実践していなかった「バイオゴールド バイタル」の葉面散布を思いたちました。

噴霧器に規定量の希釈液を作って、おもむろに葉面散布してみました。

そして数日後、確認してみると・・・目に見えて、葉に艶が出ている!正に解説にある艶が出ているわけです。この艶が良いのか、割るのかは不明なのですが、明らかに「元気になった」ように見えます。

【葉面】艶と弾力のある強い葉に
霧吹きや噴霧器などに希釈液を入れ、葉面に散布します。頻度は、標準で週1回〜月2回(水をたっぷり与えてから散布してください)。活性化されると、葉からの蒸散・根からの吸い上げが激しくなり、植え込み材(土・水苔等)が乾きやすくなります。出典:「バイオゴールド ウェブへようこそ!天然肥料&活性液 ::: バイオゴールドバイタル」より

上記から「艶」と「弾力」がある葉は、強い葉ということになって、活性化しているということになるのでしょう!人間で例えれば、新陳代謝が活発化されているということになって、成長には欠かせないということでしょうか。

何はともあれ、想定以上の成果にちょっとビックリですが、今後も定期的に散布しようかな、と考えています。

1 / 212
「俺流!バラとラン栽培」Copyright © 2015-2016 by Zero Cool. All rights researved. Frontier Theme