俺流!バラとラン栽培

バラとランと WordPress に魅せられて!

タグ: 石田源次郎

「NHK趣味の園芸ーよくわかる栽培12か月」シリーズ

性格というか、職業柄というか・・・何かを始める時には、ありとあらゆる参考書を買い漁ります!先ずは購入してきて、手あたり次第読み漁る、というやり方を取ります。

バラやランもとにかく参考書を買いました。そうした中で、最も安心して付き合えるのが「NHK趣味の園芸ーよくわかる栽培12か月」シリーズだと思っています。特に、各月毎に必要な事項が説明されています。お勧めは、栽培を始める月の前後2か月に目を通すこと。温度によって管理方法が違いますから、その月に集中するのはちょっとお勧めできません。

例えば、今が3月であれば、4月、5月を読むこと。1月、2月を読むこと。こうすることで、忘れている作業が無かったかを確認できるし、今後何が必要になってくるのかを明確にできる!

以下、シリーズの本をリストしておきます。全ての本を手元に置いていて、いつでも確認できるようにしています。眺めているだけでも楽しいし。

所有している「NHK趣味の園芸ーよくわかる栽培12か月」シリーズ
江尻宗一著「シンビジウム新版」
シンビジュームに関する「新版」です。著者は同じ江尻宗一氏。内容はまだ確認できていませんが、これまでの内容は、大型シンビジュームが主でしたが、新版は、最近多く市場に出回ってるミニシンビジューム(テーブルシンビジウム)に関する記述もある、とのことです。
江尻光一著「シンビジューム」
シンビジュームの栽培は「目標をもってスポーツ感覚で」と主張しています。全てのランの品種の成功は、シンビジュームの成功が第一歩、とも解説しています。

葉ばかりが茂ってしまって花茎が伸びず、花が咲かないケースが多くあると言われているので、一度は、本書の内容に従って忠実に育ててみるべきかな、と感じています。

富山昌克著「コチョウラン」
冬越しのコツさえ掴めば、10~20年は生きてくれるコチョウラン、とは本書での解説です。多くのコチョウランが紹介されていますが、小輪系、中輪系は勿論、大輪系コチョウランも紹介されています。「温室がある場合」と「ない」場合の違いも明確に記述されています。手元に置いて、頻繁に見返している参考書の一冊です。

日照時間(日当たり)よりも温度管理と水やりに注目している点もこの筆者ならでは!?って感触なのですが。

石田源次郎著「デンドロビューム」
温室が無くても成長するラン、と紹介している「デンドロビューム」と解説しています。ただ、温度管理に重点を置いている内容は、他の本と同じです。

他のランに比べて、上手く育てられていないデンドロビュームなので、2015年からは、毎月念入りに本書を確認しながら栽培しようかな、と考えている頼りにしている一冊です。

富山昌克著「デンファレ」
デンファレに関する専門書は本書しかないのでは!?コチョウランの本と同じ筆者なので、内容に関する構成は似ていると感じます。

デンドロビウムと同じ仲間ですが、デンドロビウムとは違って、デンファレは寒がりで温度管理が重要、と解説しています。以前は切り花としての利用が多かったとも解説しています。古いバルブからも花茎が成長するのが最大の特徴、という謳い文句を信じて、とにかくデンファレの育成には、毎月の手入れに関しては、本書が唯一の参考書です。

「俺流!バラとラン栽培」Copyright © 2015-2016 by Zero Cool. All rights researved. Frontier Theme