俺流!バラとラン栽培

バラとランと WordPress に魅せられて!

タグ: グランデ アモーレ

つるバラの「グランデ アモーレ」が開花しました!

【追記:2015年5月16日】
オリジナルの投稿記事を公開してから 2 日が経って、更に「グランデ アモーレ」が花を開いてくれました!ちょっと写真がはっきりしませんが・・・

2015年5月16日 - グランデ アモーレ

昨年(2014年)、大苗で購入した株ですから、まだまだこれからの成長が楽しみですが、想定以上に明るい赤の花にとっても満足です。ちなみに、写真の鉢には 3 株が同居しています。

【公開時、オリジナル投稿記事】
葉に勢いがないな~と感じていたつるバラの「グランデ アモーレ」ですが、何とか開花してくれました。このつるバラ、我妻がどうしても赤い花が咲くバラが欲しいということで昨年(2014年)に大苗で購入した品種です。

2015年5月14日 - グランデ アモーレ

写真よりは実際には明るい赤色ですが・・・期待以上に大型の花形で結構満足しています。

このバラ、玄関前に大苗を 3 株、15 号の深鉢に植え付けています。ちょっと通常では推奨しない鉢植えの方法を取っていますが、1 株よりもかなり豪華に見えるはず、という推奨もあって、チャレンジしています。

この品種は、そもそも成長がゆっくりだそうですから、じっくりと作り込んでいきたいな~なんて生意気なことを考えています。

以下に「京成バラ園」に掲載されている解説を引用しておきます。

剣弁高芯の花形が素晴らしい正統派の赤バラで、「大きな愛」の名のとおり情熱的でロマンティックな花です。蕾は長くスマートで、1房に2~3輪花を付けます。寒冷地ではブッシュローズとしても楽しめます。耐病性に優れています。2005年ADR受賞。出典:「京成バラ園芸 ネット通販」より

なるほど・・・「1 房に 2~3 輪花」を付けるはずなんですね~我が家では、1 房にまだ 1 輪ですから、まだまだこれからと言うことでしょうね!

つるバラには「オベリスク」、それとも「トレリス」!?

現在所有しているつる系のバラは以下の 4 種。どれも2013年の秋に大苗で購入した品種です。

  • ベル ロマンティカ::Belle Romantica
  • ポンポネッラ::Pomponella
  • レイニー ブルー::Rainy Blue
  • グランデ アモーレ::Grande Amore

2014年は、大苗での購入したということもあって、花が咲いても特に誘引することなく、枝も浅く剪定するということで処理しました。その後、つる系のバラですから、当然、誘引できるようになることが基本なのですが、いったい「オベリスク」が良いのか、それとも「トレリス」が良いのか・・・全く判断できまず!

購入時にアドバイスをもらえば良かったのに・・・

私の場合、上記のポンポネッラにはトレリスを、他の品種にはオベリスクで誘引しましたが、吉と出るか凶と出るか・・・全く想像ができません。特に、ベル ロマンチカに関しては、枝が結構かたくてオベリスクじゃ無いんじゃないかな~とも感じています。


つる系のバラは、全て大苗で購入・・・どのバラをオベリスクにするのか、またはトレリスにするのかがとっても判断が難しい。結局は、花後の姿を見て判断するしかないのかな~と考えているのですが、2015年は、そんなことも考えながらの栽培になりそうです。

バラの大苗の冬剪定を実施

バラの冬の剪定を実施。「つるバラ」は、乱れた枝の剪定と残っている葉を全て落とす程度の剪定に留めました。鉢植えのバラは、ちょっとだけ顔を出している新芽をベースに全体のバランスを考えて選定しました。昨年は、かなり間延びしてしまった傾向があって大きく育ち過ぎた傾向があったので、かなり深めの剪定となりした。

そんな中、「うらら」という品種と「グランデ アモーレ」という品種は、昨年2014年10月に購入した大苗で、枝が伸びていたので(伸ばしていた!)、これまでに成長した新芽を全て5mmほど残して切り落としました。

下は、「うらら」の剪定前(Before)と選定後(After)の様子です。

Before After
20150206_urara_1 20150206_urara_2

この鉢、「京成バラ園」で購入した株なのですが、「大きな鉢に3~4株を同時に植えると見事な鉢姿になるよ」とのアドバイスを頂いて、これまでの「1 鉢 1 株」の原則を破った初めての鉢なんです。

私個人は、「大苗の購入は9~10月上旬」までに、と決めているため、「うらら」も「グランデ アモーレ」も新芽が昨年中に伸びてしまっているのですが、その方が根が張り冬越しが簡単という書籍のアドバイスから、その原則を守っています。

流石に、この時期になると葉が痛んでいて、黄色く落葉寸前なので、結構大胆に選定を実施することができます。

「俺流!バラとラン栽培」Copyright © 2015-2016 by Zero Cool. All rights researved. Frontier Theme