俺流!バラとラン栽培

バラとランと WordPress に魅せられて!

タグ: 高原通寿

バラの根が細い、少ない!?と思う

11月に入って、鉢植えのバラの鉢替えや用土の入れ替えを実施しています。2~3年、植替えを実施してなかったり、水はけが悪かったりする鉢植えを優先的に実施しています。

「根が鉢いっぱいに張っていて、太い根が鉢底で曲がってしまっているのかな~」

そんな想像をしながら鉢をひっくり返してみるのですが・・・

「あれっ!?想像しているよりも根が少ないし、それよりも何よりも根が細いな~確かに細い根が多いように見えるけど、産毛のような根ばっかりだな~」

個人的には、かなり重視している「根」で、それなりに初根や根力に注力していたので、ちょっとショックです。何といっても「根力」があっての地上部の充実があると信じている私ですから、この根の現状には愕然としています。また、確固たる原因が分かりません。

特に根を食い荒らされたような気配はないし、根腐れしているといった兆候も見られません・・・ただただ、根が細く、弱々しい感じがする!

こりゃぁ~来年に向かって、再度、「根力」に関して勉強しなおさないと!

根力を再考する

「根力」と言えば高原通寿著「根力で咲かせるバラつくり」(農山漁村文化協会:2008年01月)が素晴らしく詳細を説明してくれていますから、再度、読み返してみます。

バラ栽培を始めた当初は、高原氏が推奨する用土を自分で配合していたのですが、「バラにとって素晴らしい用土は、害虫達にとっても素晴らしい」ということに気が付いたわけで。アリが巣を作ったり、何かの幼虫が大発生したりと、平日が忙しい私にはちょっとむいていないかな~って感じて、最近では市販されているバラ用の培養土を利用しています。

上記から「根力」のための対策としては、高原氏の主張する内容は適用できないのかもしれませんが・・・それでも参考になるでしょう!

理屈はさておき、高原氏によれば、「バラの根が好きな土とは」以下の通りです。

  1. 通気性・排水性:「通気性」が最も重要で、大量の酸素が必要です!
  2. 適度な保水性:上記の通気性とは相反するけど「保水性」も重要です!
  3. 豊富な微生物:微生物やミミズなどの小動物が重要です!
  4. 根の性質にあった土:水分を運ぶ「吸水根」、肥料を吸収する「吸肥根」、シュートなどに栄養を送る「成長根」に合わせた土の層を形成します!

上記の「通気性・排水性」に関しては、市販されているバラ用の培養土を利用しているので、改良するにはひと工夫が必要です!腐葉土や堆肥を混ぜてみようかな~とも考えているのですが。

また、「微生物」に関しては、重要性は解っているのですが、どうしても余計な事(アリや得体の知らない幼虫等々の発生)を考えてしまいますね~もうちょっと簡単に「根力」を得ることはできないものでしょうか・・・

ハダニ対策に選定した薬剤ローテーション

先日の投稿記事「クモの巣状の糸がいっぱい!・・・ハダニって!?」でハダニに浸食されているバラがあることが判明して・・・できるだけ早急に対策を打たなくては!

既に「ダニ太郎 20ml:バラの家」を所有していますが、以下のような解説があります。

ダニの怖いところはすぐに薬剤の抵抗性がつくところですので、これが効いたからと、ず~と同じ薬剤を使っていると良い事ないです。

プロが使う薬剤名では(「ダニ太郎」は)「マイトコーネ」って名前で販売されているんですが、プロもこの「マイトコーネ」と「コロマイト」「バロック」「粘着くん」あたりをローテーションしてダニを防除しているんです。出典:「ダニ太郎 20ml:バラの家」より

上記の記述でハダニに関する薬剤ローテーションは十分なような気がしますが、更に参考書高原通寿著「根力で咲かせるバラつくり」(農山漁村文化協会:2008年01月)を確認すると、「バロック」「コロマイト」「ダニトロン」「オサダン」「粘着くん」としています。「オサダン」は、販売中止になっているようなので、上記の「バラの家」の推奨ローテーションに「ダニトロン」を加えてローテーションを組もうと思います。

以下、商品の説明を加えておきます。

商品 備考

ダニ太郎
これかなり効果のある殺ダニ剤なんです。ダニの卵・幼虫・成虫と全てのステージに効くダニ対策のスペシャリストなんです!そして、害虫の天敵や益虫にはあまり影響がなく、悪さをするハダニに効果を発揮する選択性薬剤です。プロが使う薬剤名では「マイトコーネ」って名前で販売されているんです。
高原氏推奨

コロマイト
最新の殺ダニ剤をご紹介します。「コロマイト」と言いまして、今までの殺ダニ剤に耐性がついたハダニでも、かなり効果の期待できる薬です。ハダニ専門、即効性の薬剤。ハダニの卵、若虫、成虫、全てのステージに高い効果!
高原氏推奨

バロックフロアブル
全く新しいタイプの殺ダニ剤で、現在防除が困難な抵抗性のついたハダニ類にもすぐれた効果を発揮します。ハダニは繁殖して密度が高くなると防除が困難になるため、増殖を抑えることがポイントです。本剤は、殺卵効果にすぐれ、幼若虫の脱皮を阻害します。しかも残効性にすぐれるため、ハダニの繁殖を長期間抑制します。植物に対する薬害も少なく、野菜類では収穫前日まで使用できます。
高原氏推奨

粘着くん
有効成分は、食品に使用されている加工でんぷんの一種のため作業者や人畜への安全性がきわめて高い。本剤の作用性は物理的効果のため抵抗性のついた害虫にも有効です。また、本剤による抵抗性の発達のおそれもほとんどありません。本剤は散布後10分から20分(露地条件)の短時間で散布液が乾きます。薬剤の十分かかった害虫は、乾くまでにすでに死亡しています。
高原氏推奨

ダニトロンフロアブル
有効成分は「フェンピロキシメート」で、各種のハダニ類に高い効果を示し、特に幼・若虫と成虫に対して強い殺ダニ効果を示す。卵に処理した場合には孵化直後に幼虫をよく抑える。作用の発現は極めて速効性である。極めて低い濃度では速効性はみられなくなるものの、幼・若令虫が脱皮時(静止期)に死亡する作用がみられる。

ハダニは、とにかく先手必勝で予防に徹することが重要なようですが、一旦発生が確認できたら「3日毎に薬剤ローテーションを実施すこと」というのは、上記の参考書で高原氏が推奨している方法の治療のようです。

バラの冬剪定の準備

今週の日曜日(2015年2月8日)は、どうやら雨の予報です。これからのバラシーズンに向けて、バラの栽培で最も重要と理解している「冬の剪定」を土曜日に実施しなくては!

昨年は、冬の剪定に失敗したと考えています。とにかく、新しく成長した枝を切ることができなかった!どうしても、もったいないな~せっかく成長したのに、って考えてしまって。今年こそ、きちっと選定したい。

ということで、2014年12月に「冬の仮剪定」を、以下の手順で実施しました。

  1. ふところ枝(木の中心部に向かっている枝)、交差枝(他の枝と交差している枝)、曲がり枝、病弱枝、虫食い枝、枯れ枝、細い枝などを切る。
  2. 葉を全て落とす。
  3. 全体の高さの 1/3~1/2 を切る。

これだけでも、かなりさっぱりしたのですが、更に切り込むことを想定しています。既に、バラの枝を見ると、新芽が見え始めているバラがほとんどで、その新芽の出方で、冬の剪定を更に実施します。

バラに関する冬の仮剪定に関しては、参考書高原通寿著「根力で咲かせるバラつくり」(農山漁村文化協会:2008年01月)に従っています。多くの書籍では、仮剪定に関しては記述がありませんが、「根」を休めるために12月に仮剪定、2月に本剪定を実施するのが良い、としています。

多くの「Know-How」は、上記の文献を参考にしていることが多いのですが・・・まだまだ試行錯誤です。

「俺流!バラとラン栽培」Copyright © 2015-2016 by Zero Cool. All rights researved. Frontier Theme