俺流!バラとラン栽培

バラとランと WordPress に魅せられて!

タグ: 新苗

バラの新苗・大苗の植替えの方法:大川原方式の復習

ほぼ 2 年間、バラの植替えに関して試行錯誤を繰り返し、辿り着いたのが「大川原方式」と呼ばれる植替え方法!特に大苗と新苗に関する植替え方法は驚きでした!「大川原方式」と言ってもご本人がそう呼んでいるのですから、本ブログでも「大川原方式」として記述させて頂きたいと思います(あくまでも、大川原氏ご本人の方法論ですから、詳細に関する私宛の質問に関してはご勘弁を!)。

大川原氏とは、本ブログでも何度もご紹介していますが、「京成バラ園ガーデンセンター店長」である大川原清光氏のことです。

早速、「大川原方式」を復習します。

準備するもの

準備するものが非常に重要です!実際には、植替えの作業そのものは、20~30 分もあれば完了できますので難しいものではありません。以下に準備すべきものをリストしましょう。

ちょっと驚きですが、鉢は「8号深鉢」です!新苗や大苗としては、かなり大きめの鉢ですが、「大川原方式」では、この大きさを推奨しています。考えてみれば、鉢替えに頻度は少ない方が良いので、これも納得かな~とも感じます。

また、上記で最も重要なことは、用土と元肥のコンビネーション。以前は、自分で用土を作成していましたが、結局は想定以上に水はけが良かったり、元肥の効果が確認できなかったりと難しかったので、用土は上記で。というよりも「大川原方式」では、このコンビネーションが必須です。

植替え手順

以下に手順を示しておきましょう。

  1. 底が軽く隠れるほど用土を入れる(底穴が大きくなければ底網も底石も必要なし)。
  2. 元肥を鉢の中央に山になるように盛る(「8号深鉢」の場合、200g で OK!)
  3. 元肥を囲むように周囲に用土を入れる(元肥が中央に山積みになっていて、周囲に用土があるという状態)。
  4. ウォータースペースを取る(鉢の上から手の指の関節2つ分ほど)ように用土を入れながら苗を植え付ける。

上記で、ウォータースペースが重要です。大川原氏が主張するように(セミナーで解説していましたが・・・)、用土は通常の土よりも水はけが悪い!逆に言えば、水持ちが良い!そのため、水が浸透するまでに時間が掛かります。よって、ウォータースペースがないと、水が鉢の外に逃げてしまいますから、しっかりと水を溜めて浸透させる必要があります。

上記の手順で完了した新苗が下の写真です。


上記参考にしているのは以下のウェブサイトです。写真付きで解説されていますので、是非参考にしてくださね!

バラの新苗に薬剤「アタックワンAL」散布

私個人として、バラ栽培で最も曖昧な薬剤散布。昨年(2014年)は、バラの大鉢に蟻が巣を作ったり、ヒメコガネやチュウレンバチの大量発生等々に悩まされたにもかかわらず、未だにしっくりこない薬剤散布です。

それでも本ブログの投稿記事「バラの薬剤散布はローテーションする」で公開した通りに薬剤はローテーションを組んで散布しています。

その成果かどうかは不明ですが、今のところ全く昨年のような被害はないようです。って、これからなんでしょうけどね!

それにしても、上記の投稿記事での「ローテーション」って結構大変です。特に肥料とは違って、ローテーションの感覚が長いので、「あれっ!?前回は何を散布したっけ!??」ってな調子です。

そんな時に見つけたのが「アタックワンAL 1000ml」というスプレー式の薬剤。しかも絶賛されている!

ちょっとショップ店長のコメントを引用しておきます。

店長はバラの家楽天店を出店後、皆さんが簡単に使えて、色んな病害虫に効く薬剤はないか?!と色々な家庭用薬剤を調べに調べました!(中略)ちなみにベニカXスプレーと言いますと、とても簡単で、超有名な花用総合防除スプレーです。薬品ペルメトリンとミクロブタニルの混合薬剤なんです。そのベニカXなんですが、実は弱点が一つだけあったのです。

ベニカXスプレー中のペルメトリン(アディオン)は、アブラムシやケムシなどに良く効く優良な薬なのですが、副作用でまれにダニの繁殖を引き起こす場合があるんです。色んな薬剤をローテーションしながら、たまに使うのでしたらとても良い薬剤なのですが、スプレー剤で定期的に使うのには向いていない薬剤です。出典:「バラ向き薬剤アタックワンAL1000ml:バラの家」より

「ぎょっ!」これは知りませんでした!我が家では頻繁に利用している「ベニカ X スプレー」ですし、最も手軽に利用しています。何せ「病害虫」に聞くというのですから。ローテーションを組んでいますから、まだ良かったのでしょうけど・・・

上記の店長のコメントは、まだまだ続きます。

もっと皆様が簡単に病害虫を防除出来る薬はないのか!?と調べに調べました!!

そして、やっと「これだ!」という商品が見つかりました。それが「アタックワンAL 1000ml」です!

うどん粉病や黒星病に効く成分はベニカXスプレーと同じミクロブタニル(ラリー)なのですが、アブラムシやケムシに効く成分をビフェントリン(テルスター)という成分で効果を出しているんです。ダニに良く効く薬として有名なテルスターが入っているんです!テルスターはダニだけでなく、アブラムシやケムシにも効果があります。出典:「バラ向き薬剤アタックワンAL1000ml:バラの家」より

なるほど・・・これで「新苗」には、気楽にこの薬剤を散布することができそうです。新苗は、とにかく葉を多く残し、活性化させることが重要な事項になるのですから!

新苗(3品種、5株)購入!植替えは「大川原方式」で完了!

これ以上、バラを増やしてどうするの!?といった指摘を聞きながら、どうしてもグラデーションの掛かった花を咲かせる品種が欲しくて、いつもの通り京成バラ園へ出かけていきました!車で 20分程度で到着。ゴールデンウィークだというのに、全く渋滞もなければ混雑もなし。

当初、「聖火」という品種を狙っていたのですが、あまり良い新苗が揃っていないような気がして・・・全てが小さくどうも心配。更に探すと・・・もう一つの候補だった「カリフォルニア ドリーミング::California Dreaming」があった!いくつかの新苗に花が咲いていて、一気に決定!素晴らしい花色と、更には香りも素晴らしい。

早々に決まったのですが・・・我妻が「こっちの方が良いんじゃない!?」と指摘した「ジェミニ::Gemini」ってものまた素晴らしい色合いを見せていました。しかも・・・しっかりグラデーションが係っている!ということで、この品種も購入を決定。

また、大きな鉢(14号鉢)に、3~4 株入れて飾りたいと考えているミニバラを探して、結果、これも我妻が「この赤が好き」と指摘した「ジョージ ベスト::George Best」という品種を新苗で 3 株購入しました。この「ジョージ ベスト」、ミニバラとして鈴木満男氏の参考書では紹介されていましたが、京成バラ園では「ミニバラのように使える修景バラ」として定義されていましたので、本ブログでは修景バラに分類することにします。

以下に購入した新苗を総括しておきましょう!

品種 分類 特徴
カリフォルニア ドリーミング
(California Dreaming)
HT メイアン社が、かつて発表した銘花「プリンセス ドゥ モナコ」を改良し、たどり着いた自信作。「プリンセス ドゥ モナコ」に比べ、花がより大きく華やかで、強い香りがあります。樹勢が良く、乾燥に強い。葉は明るい緑の照り葉です。
ジェミニ
(Gemini)
HT 花形、花色に優れています。開花につれコーラルピンクが強くなります。紫外線による日焼けが少ない。ジェミニは「ふたご座」のこと。2000 年 AARS 受賞イタリア・モンツァ国際コンクール銀賞受賞
ジョージ ベスト
(George Best)
LD 北アイルランドの伝説的サッカー選手ジョージ・ベストに捧げられた品種。鮮やかなビロード赤の花が 15 輪程度の房咲きになる。深い赤色と濃緑の葉のバランスは大変美しく花つきもよい。黒点病に強い強健種。コンパクトな樹形で鉢植えにも向く。小輪系のバラとしては珍しく、わずかですが香りもします。

新苗は、購入後、「8 号鉢」に植え替える・・・その方法は「大川原方式」と決めていましたので、正にその方法で植替えを完了しました。下の写真は、植替え後の姿です。

2015年5月4日 - カリフォルニア ドリーミングとジェミニの新苗

2015年5月4日 - ジョージベストの新苗

実際の作業手順は「バラ苗木 大川原方式 植え方マニュアル!!鉢植え版(後編)(バラコラム)」に準じて実施しました。詳細は、投稿記事を新たにして記述したいと思います。

バラの新苗購入準備(植替え)は「大川原方式」を参考にする!

これまで、バラの新苗を購入したのはハイブリッドティーの「ローズヨコハマ」、修景バラの「バニラボニカ」と「アスピリンローズ」の 3 種のみです。修景バラは、あまり樹形に拘りが無く、更には地植えにすることを前提に購入した品種ですから、それこそ「ローズヨコハマ」だけが新苗として暗中模索で育てた唯一の新苗です!(他の品種では、大苗での購入はあるのですが・・・)

この 2 年間、飽きることのない、それでいていろいろと知識もついてきて・・・「もうちょっとバラの品種を増やしても良いかな~」ってなことを考えています。

そして・・・今年度(2015年)のバラの新苗は「大川原方式」の実践を目論んでいる!

知る人ぞ知る!?京成バラ園ガーデンセンター店長の大川原清光氏が主張する方法です!昨年の冬に、大川原氏のバラ栽培に関するセミナーに出席することで「なるほど!これだ!!忙しくても長続きできそうだ!!!」という感触と大川原氏が主張する「怠け者に最適化した栽培方法」というのが確信になっています。

ただ、参考書があるわけではありませんから、あくまでもセミナーで聞いた内容と以下のサイトを参考しての実践です。

上記のリストにあるウェブページを参考に、準備を開始したいと思います(って、既に揃ってはいるのですが・・・)。

良い新苗の選び方

先ずは、参考書を確認しながら「良い新苗の選び方」を復習します。一概に「これが正しい!」ということではないでしょうけど。下記の引用における太字は、私個人が最重要と考えている事項です。

新苗は、多くは枝が 1 本伸びて蕾がついています。よい新苗は次のような点を見極めて選びます。

  1. 節間が間のびせず、それなりにのびたもの。
  2. 葉色がよく、葉が多くついている苗。
  3. 病気や害虫の食害痕の見られない苗。
  4. 台木の太さは直径 1cm くらいがよく、太すぎず、細すぎない苗(ミニバラは台木も細い)。
  5. 台木に太さと新芽の太さがほぼそろっている。
  6. 適期の 2 月に鉢上げ下苗がよく、遅れたものは芽つぎ苗なら枝が細く、短い。切つぎ苗は葉が少なく、上部が切ってある。
  7. さし木苗は葉裏を見て、ハダニがついていないものを選ぶ。
  8. 新芽が動いているか、または蕾がついているもの。ブラインド・シュートは可。
  9. 4 月上旬で長さ 30cm を超えている苗は温室などで加温している場合が多いので、購入後は寒さや遅霜などに気をつける。
  10. 品種名のラベルがついているもの。
  11. 同じ品種が何鉢もある場合は、ほかの形状と異なるものは選ばない。

出典:鈴木満男著「よく咲く鉢バラの育て方」(主婦の友社:2013年10月)より

意外かもしれませんが、「品種名のラベル」はとにかく重要です!新苗は、花色を確認できないようなこともありますから、確実に欲しい品種を購入するためにも、このラベルがとっても重要です。

新苗植替え準備

バラの新苗は、私が説明することでもないと思いますが、通常はポットに入っていて、購入したら可能な限り早めに「植替え」の作業が必要です。その植替えに必要なものといえば・・・植木鉢、バラの培養土(土)、バラの元肥、そして当然ですがバラの新苗。

上記のウェブページ「バラ苗木 大川原方式 植え方マニュアル!!鉢植え版(前編)(バラコラム)」を参考に要点のみリストしておきましょう。

植木鉢
プラスチックで出来た鉢を使いますが、テラコッタでもかまいません。(中略)中でも、私がお勧めするプラ鉢は、鉢底石を使わなくても土が落ちず、通気性が抜群に良いザル目構造。また、下に空気の通り道が出来るので、ナメクジの住処にもなりにくい。本当にビックリです。新苗は 8 号鉢で植え替えをお勧め。出典:「バラ苗木 大川原方式 植え方マニュアル!!鉢植え版(前編)(バラコラム)」より

ちょっと意外だったのは、「8 号鉢」という大きさ。最初に購入した新苗は、最初は 6 号鉢、夏過ぎに 7 号鉢に植え替えましたが、いきなり「8 号鉢」で良いんですね!

バラの培養土と元肥
これは、「京成バラ園バラの培養土」「バイオゴールドクラッシク 元肥」の組み合わせが必須。

今まで使ってきた肥料で、コレほど良い肥料に出会ったことはありません。どの肥料よりも、植物の生育が格段に早いのです。植物達は、初期成育の、体が小さい頃に病気や虫の被害にあうことで、生育がどんどんと遅れてきます。その時、決め手になるのが初期成育を助けてくれる元肥なのです。この元肥、一度使ったら手放せなくなる肥料です。出典:「バラ苗木 大川原方式 植え方マニュアル!!鉢植え版(前編)(バラコラム)」より

詳細は、本ブログの投稿記事「怠け者のためのバラ栽培は水はけの悪い用土を選ぶ!」で説明してありますので参照して頂ければと思います。

「俺流!バラとラン栽培」Copyright © 2015-2016 by Zero Cool. All rights researved. Frontier Theme