俺流!バラとラン栽培

バラとランと WordPress に魅せられて!

タグ: 害虫駆除

2016年の薬剤は「ダコニール 1000」をメインにする!

2015年、長期の長雨と猛暑の影響で!?黒星病やうどんこ病と大量発生させてしまった・・・といっても品種によるわけですが、それでも薬剤散布に関しては、いろいろと試行錯誤してしまって。

特に病害虫に関して、同じ薬剤を繰り返し利用することで耐性ができ、薬剤散布の効果が無くなるという参考書の記述から、薬剤の「ローテーション」にばっかり気がいってしまって、結局は中途半端な結果になってしまっていました。

つまり・・・ローテーションすべき薬剤の知識ばかりに神経を集中してしまって、ろくに薬剤散布しなかった!まさかの猛暑、長雨で大量の黒星病が発生してしまうとは、春先の絶好調のバラ達からは想像できませんでした。

そこで、2016 年は、初心に返って、先ずは病害虫を中心に解説がある解説書、長井雄治著「病害虫を防いで楽しいバラづくり」(農山漁村文化協会:2010年01月)を新規に購入しました!

いや~参った!

薬剤に関しての「ローテーション」に関する記述が見当たりません!しかも、展着剤は利用していないということです。

この本中、12ヵ月間に関する薬剤散布の方法を月別に記述されているので、かなり参考になりそうです。更には・・・年間を通して 10~12 回ほどの薬剤散布を実施しているだけ!こりゃ~私のような仕事人には、とっても良いかもしれません。

2016 年は、徹底して本書を参考に薬剤散布を実施しようかな、と考えています。まっ、病害虫が発生する前に防除することは強調されていますが。

本書にて、基本的な薬剤としては、「ダコニール 1000」を愛用されているそうで、冬の剪定が完了した時期(1 月下旬から 2 月にかけて)に、先ずは最初の薬剤散布を進めています。

しかも「ダコニール 1000 の濃厚液(50倍液)を最初に散布する!と推奨しています。通常は、1,000 倍液を利用しているようですが、50 倍とは!

本ブログでも「ダコニール 1000」に関する投稿記事はあるのですが、実際には購入しただけで利用しませんでした・・・

ちょっと、「ダコニール 1000」に関する特徴を転記しておきます。

  • 広範囲の病害・作物に登録のある殺菌予防薬です。
  • 発売以来耐性菌の出現事例は確認されていません。
  • 薬液調製が容易です。水中分散性・懸濁性にすぐれていますので、所定量を水中に入れ攪拌すれば速やかに安定した散布液が出来ます。

いや~上記から「耐性菌の出現事例は確認されていません」ってことは、繰り返し利用しても大丈夫ってことですよね~やっぱり参考書は、きちっと購入して読破すべきでしたね!

ジョージベストに根頭がん腫病・・・

そろそろ全てのバラで花が終わりかけていて、冬支度といったところでしょうか。2015年は、春先の一番花は、どの株も素晴らしかったのですが、その後、猛暑と長雨で不調になって・・・結果としては、反省の多いシーズンだったような気がします。

そして今日・・・「ジョージベスト」という修景バラに「根頭がん腫病」を発見・・・ショックが大きいな~今年の春に新苗で購入したばかりの株なのに。
2015年11月29日 - ジョージベストの根頭がん腫
色々と調べてはみたのですが「完治することはない」病気だそうで、ある参考書には燃焼廃棄することを推奨していたのですが、「完治はしないが成長を続けることもある」との解説もあったりして。

取り急ぎ、患部をえぐり取るように切り取りました。他の株からもちょっと距離を置きました・・・再度、ショックが大きいな~何せ、初めての経験で戸惑っているというのも正直な感想です。

モスキートガーデン対策にスミチオン!

週末に限らず、朝の日課として、庭にあるバラへの水遣りは必須になっています。状態の確認やら剪定、更には薬剤散布と本当は実施すべきことは多いはずですが・・・そこまでやっていると、時間がいくらあっても足りませんから、平日は水遣りだけに決めています!

水遣りだけですと、30 分程度で完了できる!

しかし、この時期、この 30 分でやぶ蚊は私を発見して刺し続けます!この暑がりの私が、30 分のために長袖、長ズボンという出で立ちで水遣りするのは本当に大変です。このやぶ蚊・・・どうにかなりませんかね~たった 30 分でb 10 か所以上も刺されるような状況です。

そこで、ネットを調べると・・・どなたもやぶ蚊には悩まされているようですが、それでもかなり有効な!?対策方法が!

アブラムシを退治するため、シーズンで初めて使用した殺虫剤「スミソンの散布」である。するとどうだろう、スミソンの散布を境に明らかに蚊がいなくなったではないか。

「スミソン」とは「スミチオン」と「マラソン」の混合薬であるが、調べたところ「スミチオン」は蚊、ボウフラ、蚤、蠅等の衛生害虫の駆除に用いられているとのこと。去年までは電池式の散布機で限定的な農薬散布を行っていたが、今年からは電気コード式の圧倒的に強力な散布機を使って庭全体に散布できるようになっているため、アブラムシのみならず、陰に潜んでいた衛生害虫をも一網打尽にしたようなのだ。出典:「バラと蚊」より

更に・・・

やぶ蚊の駆除
夏の庭仕事は蚊に悩まされます。蚊取り線香、ハエ・力用エアゾール剤、虫よけスプレーが有効ですが、この時期は庭木の害虫防除を兼ねスミチオン乳剤を周辺の茂みに散布するのもーつの方法です。スミチオン乳剤は衛生害虫駆除剤としても広く使われています。ヤブ蚊退治エアゾールなど、ピレスロイド系薬剤を配合した剤は速効性がありさらによく効きます。ただ効果は7~10日<らいしか続きません。蚊の幼虫のボウフラの発生を抑えることも大切で、庭先の水たまりを可能なかぎりなくします。水たまりにスミチオン乳剤を流し込むとボウフラを退治できますが、薬剤が外の水系に流れ出さないよう十分注意して下さい。出典:「NPO法人 メリーポピンズの会 花と緑のボランティア 資料編 園芸薬剤あれこれ」より

なるほど!「スミチオン」や効くらしい!偶然ですが、スミチオンはバラの害虫駆除のために準備してあったので、ちょっと試しに散布しようかな、と思い立って。昨日夕刻、徹底してスミチオンを散布しました。勿論、バラの害虫駆除(予防)が主目的でしたが、上記のような記述を見ると、どうしてもやっておきたかった!

ちょっとはましになるかな!??

遂にゴマダラカミキリムシがバラに!

昨年は「ヒメゴガネ」と言われる害虫にかなりに被害を受けました!特に「ヨハネ パウロ 2世」は、蕾の内に花に侵入されて食害された・・・結構被害は大きくて、秋口まで綺麗に花が咲かなかった!

2015年、3 月に害虫に対する万全!?の対策をして、今年はほとんど「ヒメコガネ」の被害はありません。が、しかし・・・先日、たまたま出勤時に家の前に「ゴマダラカミキリムシ」がいるのを発見。バラに止まっていたわけではありませんでしたからあまり気にしなかったのですが。

2 度目の発見は「シークレットパフィーム」に止まっていた・・・これは、かなり気になって補殺はしていたのですが、「どっかから飛来したんじゃないの」と油断していました。

どころが・・・3 度目の発見!昨日、「ローズヨコハマ」にしっかりととまっていて・・・何かをしでかしている風には見えませんでしたが、それでもこれだけ頻繁に発見すると、今後、被害が増大するのではないか、とかなり気になります。

2015年7月12日 - ゴマダラカミキリムシ

成虫は補殺すれば問題はありませんが、それよりも気になるのが幼虫です。どうやって対策をするのか・・・たくさんの幼虫が地中や鉢の用土内に存在しているとすると、それこそ対策のしようがないのでは!?まだ、詳細を調べていないのですが、再度、オルトランを用土の表面や地植えのバラの株元にばらまこうかと思案中です。

ハダニ対策に選定した薬剤ローテーション

先日の投稿記事「クモの巣状の糸がいっぱい!・・・ハダニって!?」でハダニに浸食されているバラがあることが判明して・・・できるだけ早急に対策を打たなくては!

既に「ダニ太郎 20ml:バラの家」を所有していますが、以下のような解説があります。

ダニの怖いところはすぐに薬剤の抵抗性がつくところですので、これが効いたからと、ず~と同じ薬剤を使っていると良い事ないです。

プロが使う薬剤名では(「ダニ太郎」は)「マイトコーネ」って名前で販売されているんですが、プロもこの「マイトコーネ」と「コロマイト」「バロック」「粘着くん」あたりをローテーションしてダニを防除しているんです。出典:「ダニ太郎 20ml:バラの家」より

上記の記述でハダニに関する薬剤ローテーションは十分なような気がしますが、更に参考書高原通寿著「根力で咲かせるバラつくり」(農山漁村文化協会:2008年01月)を確認すると、「バロック」「コロマイト」「ダニトロン」「オサダン」「粘着くん」としています。「オサダン」は、販売中止になっているようなので、上記の「バラの家」の推奨ローテーションに「ダニトロン」を加えてローテーションを組もうと思います。

以下、商品の説明を加えておきます。

商品 備考

ダニ太郎
これかなり効果のある殺ダニ剤なんです。ダニの卵・幼虫・成虫と全てのステージに効くダニ対策のスペシャリストなんです!そして、害虫の天敵や益虫にはあまり影響がなく、悪さをするハダニに効果を発揮する選択性薬剤です。プロが使う薬剤名では「マイトコーネ」って名前で販売されているんです。
高原氏推奨

コロマイト
最新の殺ダニ剤をご紹介します。「コロマイト」と言いまして、今までの殺ダニ剤に耐性がついたハダニでも、かなり効果の期待できる薬です。ハダニ専門、即効性の薬剤。ハダニの卵、若虫、成虫、全てのステージに高い効果!
高原氏推奨

バロックフロアブル
全く新しいタイプの殺ダニ剤で、現在防除が困難な抵抗性のついたハダニ類にもすぐれた効果を発揮します。ハダニは繁殖して密度が高くなると防除が困難になるため、増殖を抑えることがポイントです。本剤は、殺卵効果にすぐれ、幼若虫の脱皮を阻害します。しかも残効性にすぐれるため、ハダニの繁殖を長期間抑制します。植物に対する薬害も少なく、野菜類では収穫前日まで使用できます。
高原氏推奨

粘着くん
有効成分は、食品に使用されている加工でんぷんの一種のため作業者や人畜への安全性がきわめて高い。本剤の作用性は物理的効果のため抵抗性のついた害虫にも有効です。また、本剤による抵抗性の発達のおそれもほとんどありません。本剤は散布後10分から20分(露地条件)の短時間で散布液が乾きます。薬剤の十分かかった害虫は、乾くまでにすでに死亡しています。
高原氏推奨

ダニトロンフロアブル
有効成分は「フェンピロキシメート」で、各種のハダニ類に高い効果を示し、特に幼・若虫と成虫に対して強い殺ダニ効果を示す。卵に処理した場合には孵化直後に幼虫をよく抑える。作用の発現は極めて速効性である。極めて低い濃度では速効性はみられなくなるものの、幼・若令虫が脱皮時(静止期)に死亡する作用がみられる。

ハダニは、とにかく先手必勝で予防に徹することが重要なようですが、一旦発生が確認できたら「3日毎に薬剤ローテーションを実施すこと」というのは、上記の参考書で高原氏が推奨している方法の治療のようです。

1 / 3123
「俺流!バラとラン栽培」Copyright © 2015-2016 by Zero Cool. All rights researved. Frontier Theme