俺流!バラとラン栽培

バラとランと WordPress に魅せられて!

タグ: 利用プラグイン

W3 Total Cache でブログの高速化

投稿記事やアップロードしている写真数が多いと、どうも WordPress が重くなる・・・即ち、表示時間が遅くなるということ!何とか速くできないものかと試行錯誤していますが、いろいろと遅くなる原因が考えられ、どの対策が効果があるのやら・・・

そこで、色々とネットを調べて、やっぱり常套手段である「W3 Total Cache」というプラグインの有効化が効果的なのかな、という結論に達しました。本ブログで適用しているテーマ「Frontier」の作者も推奨しているし(投稿記事「Faster Loading with WordPress Caching | ronangelo」を参照)。
20150423_w3_total_cache

何もしなくても効果あり、という「Frontier」の作者の説明もあって、それこそ標準のままで有効化しました。つまり、設定の変更は全く実施せず・・・ところが、スマートフォンで確認すると、何とも動作が奇妙です。というよりも、スマートフォンではブログが表示できない。

なんだよ!とも思いつつ、一念発起してネットを検索。素晴らしい投稿記事を 2 つ発見しました。以下にリストしておきます。

上記の公開記事に従って、先ずは設定を全て見直し、もしやと思い「WordPress の W3 total cache と WPtouch を併用するには除外設定が必要」を参考にスマートフォン対応を敢行。これで解決。

詳細は、上記の投稿記事で詳細を説明していますから、それを参考にして頂いた方が安全です。私が詳細を説明して、皆様を迷わせてしまっては意味がありませんから。

Similar Posts、関連投稿記事をリストするプラグイン

Similar Posts メニューいろいろなブログを閲覧させて頂くと、多くのブログで「関連投稿記事」と銘打って、関連する投稿記事をリストされているものを良く見掛ます。良いな~と感じながらも、本ブログでは実装していませんでした。

しかし、いろいろと本ブログへのアクセスを分析すると「直帰率」というのが 70% に迫っていて、如何に 1 つの投稿記事を閲覧して頂いてから直ぐに他のウェブへ移動されてしまっているのかが明確になりつつあります。まっ、「関連記事」をリストしたところで、直帰率が下がるとは思いませんが、それでも対策の一つにはなるのでは・・・と考えて本ブログの投稿記事でも「関連記事」をリストするようにしました!

「関連記事」をリストさせるためのプラグインは多くありますが、本ブログでは以前利用経験のある「Similar Posts」を利用しました!WordPress のプラグインのページを見ると「2 年以上更新されていません。もはやメンテナンスされていません」とのメッセージが登場しますが・・・WordPress 4.1.1 下でもきちっと稼働してくれています。

このプラグイン、以前の投稿記事で公開した「Recent Posts」と同様、「Post-Plugin Library」が無いと稼働しません(本ブログの投稿記事「Recent Posts、「最近の投稿」のカスタマイズをするプラグイン | 俺流!バラとラン栽培」を参照)。また、「Recent Posts」と同じロジックで表示方法を設定することができますから、「Recent Post」と「Similar Posts」と合わせて利用するのが、私個人では必然的ですが・・・

通常のプラグインのインストールと同様に導入。メニューは「設定」をクリックすると「Recent Posts」の下にメニューが登場し、ほとんど「Recent Posts」と同じ設定画面です。

このプラグイン、通常のテーマにある CSS でスタイルを設定することができるので、ブログとのデザインに関する整合性を取ることもできます。

「関連記事」のリストに関しては、このプラグイン一筋です。

Editorial Calendar、投稿記事の予約公開を実施するプラグイン

それだけ忙しいのに、どうして投稿記事を公開できるの!?との質問がありました!これまでは、ほぼ毎日、投稿記事を公開していますが、実は毎日投稿記事を書いているわけではないんです。

WordPress には、予約投稿という機能が標準で装備されていますが、その機能を利用した「WordPress Editorial Calendar」というプラグインを利用しています。このカレンダーの優れているところは、視覚的に予約投稿記事の確認できることと、ドラッグ・アンド・ドロップで予約投稿を変更できる点が良い。

20150410_Calendar_0

「カレンダー」メニューこのプラグインをインストールすると一瞬、どこへ行ってしまったのか分からなくなりますが、実はメニューの「投稿」のサブメニューに「カレンダー」として表示されるようになります(右の写真をクリックすると拡大されます)。

日本語のメニューになるため、どこへ行ってしまったのか分からなくなるんですね~最初はびっくりしてしまって。

利用の仕方はとっても簡単です。投稿記事を書いて、通常の投稿記事の公開メニューから将来の日時を指定すると「予約投稿」というメニュになります。そのまま予約投稿をクリックして、カレンダーメニューから管理画面を開くと、下のようなカレンダーが登場して・・・

実際のカレンダー管理画面

薄く彩られた部分は、既に公開された投稿記事。白抜きの日は、これから予約投稿を示しています。こうして表示されるといつ何時に投稿記事を公開するように設定されているかが分かります。また、全体の公開のバランスを観察しながら、投稿記事をドラッグ・アンド・ドロップで変更することができるようになります。

私の場合、週末に多くの投稿記事を書いておいて、予約投稿をこのプラグインを利用して調整しています。あまり偏った投稿記事公開しないように・・・これで、たとえ全く別の作業をしていても投稿記事を自動で公開してくれるようになるわけです。

Akismet と Spam Free WordPress とでスパムを防ぐ

ブログを開設すると、どうやって見つけてくるんだろうと感心するほどスパムの攻撃を受けることになります。これって、個人的には「このブログもちょっとは知られるようになったんだな~」なんて呑気なのですが。

ただ、そうしたスパムをほっておくのも無責任かな~とも思っています。やっぱり最低限の対策は実施しておく必要があるでしょう。

WordPress のブログでスパム対策と言えば、誰でもご存じ「Akismet」です!詳細は、ネット検索をすれば、必ず素晴らしい記事を発見できるでしょう!ただ、この素晴らしい「Akismet」は、一旦、受け入れて、公開する前に本当にスパムかどうかの判断を運営側に委ねられています。つまり、「スパムか、そうではないかを承認という機能を使って、管理人が判断する」必要がある!これ、私個人ではかなりめんどくさい!

そこで、何とかこうした承認を省いて、スパムと判断することで承認の是非をする必要を無くしたい!

そこで、本ブログでは「Spam Free WordPress」というプラグインをインストールすることで、事前にスパムと判断、承認作業を省いています。コメント欄に「パスワード」を記入して頂くという単純作業にてそれを実現することができます。

しかも・・・パスワードは、「Spam Free WordPress」が自動で生成してくれて、コピペで再入力して頂ければ大丈夫!下の画像は、実際に導入したコメント欄(現在利用中)です。

「Copy tThis Password」の部分は自動で生成されて、「Type or Paste Password Here」の左の欄に全く同じ文字列を挿入するだけ。たったこれだけで、かなりのスパムを防ぐことができます。

20150311_Comment_Form

本ブログでは、まだまだスパムの攻撃を受けるほどのダメージはありませんが、事前に対策しておく方が良いと思って・・・これまでの経験から、「Akismet」のお世話になることがほとんどなくなるはずです。

Crayon Syntax Highlighter、ソースコードをキレイに表示する

本ブログでも、少しづつですが style.css や functions.php といったテーマに関するフォイルを変更しています。そんなソースコードを備忘録として投稿記事にしておきたい!

PAK86_codeing_700x200

いろいろと検討しましたが、「Crayon Syntax Highlighter」が良さそうです。以下の投稿記事を参照しました。

以前、「SyntaxHighlighter Evolved」を利用していましたが、上記の投稿記事でも指摘されていますが「なんかとっても重いな~」と感じて、できればもうちょっと軽いプラグインが良いな~と考えての決断です。まっ、style.css と functions.php のコードだけですし、その量も多くはないので、それほど多くは利用することはないとは思いますが。

1 / 212
「俺流!バラとラン栽培」Copyright © 2015-2016 by Zero Cool. All rights researved. Frontier Theme