俺流!バラとラン栽培

バラとランと WordPress に魅せられて!

タグ: ローズヨコハマ

2016年、バラシーズン到来!再剪定を強行

約 1 ヵ月振りのブログ更新となってしまいました!2 月の週末は、とにかくやることがいっぱいあって午前中に作業をして一休みすると、疲れ切ってしまって寝てしまう・・・そんな週末を過ごしていました!

そんな状態で、既に 3 月に突入。いよいよバラシーズン到来です。といっても、私個人としては 2 月がシーズン開始と考えているので、既にスタートを切っているという感じでしょうか。2 月中は、事前に薬剤散布や集中的に活性剤や液肥をスタートダッシュとして実行しています。

そして、3 月最初の週末。固形肥料の施肥を開始しました!今年も昨年同様「バイオゴールド セレクション薔薇」使おうと決意していますので、この固形肥料を規定量(それほど厳密じゃなくていいのが嬉しい)施肥。

更に、今年の目標である「鉢バラをコンパクトに仕立て直す」の達成のために、更に切り込みを実施しました!
2016年3月5日 - ローズヨコハマ
既に全ての鉢バラで新芽が確認できるので、ちょっと気が惹けましたが、新芽のかなり深いところ(用土面に近いところ)で、更に選定を実施しました。上記の写真は、「ローズ・ヨコハマ」ですが、冬剪定の状態から更に 10~15cm ほど切り込んでいます。新芽の数は少なくなりますが、それでも「コンパクト」に咲かせたいので、敢えて切り込む!剪定では、外芽とか内芽とか、良い芽を残すとか、参考書には専門的な事項が説明されていますが、やっぱり素人の私には判断できません。よって、全くの素人の感覚で、拘りなく剪定しています。

さ~これからどうなるのでしょう・・・春が楽しみであり、また不安でもありますが、とにかく「バラ栽培 2016」はスタートしています。

ローズヨコハマ、鉢替えを実施

2015年11月22日 - ローズヨコハマ何も知らない駆け出しの時に新苗で購入した「ローズヨコハマ」。鉢苗を見た時にその香り、花姿に惚れて購入した記憶があります。

しかし、まだまだ初心者(今もですけど・・・)で、暗中模索の頃だったので新苗で購入したのに、春からバンバン花を咲かせて(と言ってもあまりまともに咲いてくれませんでしたけど・・・)、日当たりの加減も確認せずに、単純に玄関先に置いていました。

その後、ひょこひょこと伸長して、剪定も上手くいかず・・・今に至っています!

写真から一目瞭然!間延びしたような茎・・・葉が少ないし・・・当然のように花数が少ない!2015年春こそ、7 輪の素晴らしい香の花を咲かせてくれましたが、その後は 1 輪ずつといった感じ。可能であれば、最低でも 4 輪くらいは開花して欲しいのですが、弱々しい花が 1 輪ずつしか咲いてくれません。咲いた花は、確かに素晴らしい香りと大輪の濃い黄色の花なのですが。

2016年、思い切って深く剪定しようと考えているのですが、その準備として、先ずは鉢替えを決行しました。ちょっと小さめの鉢に植えてあったので、かなり根が張っているだろうと想像していたのですが。

「あれっ!?太い根がないし、根も張っていないような気がする!」

これは想定外でした。かなり神経を使って水遣りや肥料をやっていた気になっていましたが、根の成長が芳しくありません。日当たり、水やりが原因かな~冬の剪定が浅く、かなり枝が伸びてしまっていることは自覚しているのですが・・・

2016年、相当の覚悟をもって仕立て直す必要がありそうです。

ハイブリット・ティーでもコンパクトに仕立てられる!?

2015年、1 番花がほぼ終了し出して、いよいよ 6 月の突入。2 番花のためにバラ達が準備を始めてくれていることでしょう。昨年は、「ハニーブーケ」という品種が良く咲いてくれました。今年は・・・誰が何と言っても「ローズヨコハマ」が素晴らしいと考えています。

2013年、新苗で購入。セオリー通りに秋までは摘心をして花を咲かせず。秋には、大輪の花 2 つでした。2014年、なぜか枝がやたらと長く伸びてしまって・・・それでも 3 輪をマックスにしっかりと繰り返し咲いてくれましたが、とにかくひょろっと長く伸びしてしまった枝は弱々しくて。私の身長が 179cm で、上から覗き込めない高さで花が咲いていましたから、枝はヒョロヒョロと 190cm 位になったのでしょうか。

そして迎えた 2015年!見事な大輪系の花を咲かせてくれていますが、それにも増して、樹形がコンパクトにまとまってくれているのが嬉しいのです!上からしっかりと覗きこめるような高さにまとまってくれている。


「ローズヨコハマ」はハイブリット・ティーローズという種類なので、100cm から 150cm 位の高さになるはずですが、今年の樹高は 80cm 位でしょうか。葉も多く、花もこれまでと同じくらいに大輪です。どうして、これだけコンパクトになってくれたのでしょうか?

考えられるのは、昨年実施した冬の仮剪定(12月に実施)と本剪定(2月に実施)にある、と信じています。ちょっと枯れてしまうかな~と感じるほど大胆に樹高を下げました。約 1/2 の高さに冬の仮剪定を実施して、2月には新芽を確認して、更に切り込みました!

単純に「これが原因」とは考えにくいですが・・・それでも、大きな成功要因であることは間違いないと考えています。

絶好調のローズヨコハマにベーサルショートが!

2013年に初めて「新苗」として購入した「ローズヨコハマ」ですが、素晴らしい香りと黄色い花を毎年咲かせてくれます。これまでは、1 株に 3 つの花が最高でしたが、今年 2015 年は、7 つの蕾を付けてくれています。例年通り素晴らしい香りです。

既にいくつかの花は切り取りしましたが、まだまだ絶好調です。

2015年5月30日 - ローズヨコハマ (1)

私個人としては、完全に咲ききった花姿よりも、下の写真のように完全に開き切る前の花姿が好きです。

2015年5月30日 - ローズヨコハマ (2)

そんな絶好調の「ローズヨコハマ」にベーサルシュートが!

2015年5月30日 - ローズヨコハマのベーサルシュート

こうした「生きてる」ということを見せつけてくれる「ローズヨコハマ」ですが、新苗からの成長でとにかく嬉しい限りです。

「俺流!バラとラン栽培」Copyright © 2015-2016 by Zero Cool. All rights researved. Frontier Theme