俺流!バラとラン栽培

バラとランと WordPress に魅せられて!

タグ: しのぶれど

バラ、2016年シーズンに向かってキックオフ

既に 2 月です!2016 年シーズンに向けてバラの栽培をキックオフしました。って、ちょっと大袈裟ですが、それでも冬剪定を完全に完了させて、更に活力剤をたっぷりとやりました。あったい今日は、かなり充実したキックオフでした。

先ずは冬剪定。2016 年のバラは、花数よりも目線で花が咲いてくれること、コンパクトにまとまってくれることが目標ですから、かなり大胆に剪定しました。昨年 12 月に仮剪定を終わっているので、更に切り込む・・・ちょっと大胆過ぎたかな~って感じている部分もありますが、それでも地上から 20~30cm、最大でも 50cm 位まで切り込みました。まるで大苗のように・・・2016年2月7日 - 冬剪定(左:しのぶれど、右:ヨハネパウロ2世
上記の写真は、左側が「しのぶれど」で右側が「ヨハネパウロ 2 世」という品種ですが、昨年はかなり花付きが良かったのですが、かなり高い位置での開花になってしまって、花が見えないという現象に陥ってしまって。せっかくの素晴らしい花が誰も確認できない・・・そんな状態だったので、かなり断端に剪定しています。

上記の例のように、鉢植えのバラは全て大胆に切り詰めした。昨年購入した新苗も、新苗レベルの背丈まで選定するというこれまで経験したことがないほどに切り詰めました。

一応、参考書にあるように「芽」を意識していますが、それよりも開花時の姿(コンパクトに)を想像しての剪定となりました!大丈夫かな~このまま枯れてしまうようなことはないのかな~まっ、何事もチャレンジだとは思うのですが。

剪定後、活力剤である「バイオゴールド V-RNA」を規定量施しました。

キックオフ終了。肥料の開始は来週からになりますし、薬剤散布もそろそろ計画する必要がありそうです。

しのぶれど、満開です!

花の多さはピカイチ!「しのぶれど」が満開になってくれました!もうちょっと紫色が強いともっと良いのですが・・・それでもこの花の咲き方は素晴らしい。強風で鉢が転倒、割れるというアクシデントがありましたが、それでも良く咲いてくれています。

2015年5月20日 - しおのぶれど

この「しのぶれど」は、写真のような花を咲かせるため、雨が降るとその重みで花が下を向いてしまいます。また、枝が細いと重さで折れてしまったりして。更に、雨による花の色抜けは、ほかの品種よりも簡単にそうなってしまう・・・

「夏の選定は浅くするのがこつ」とのこと。今後に期待です。

バラのさし木(緑枝さし)にいよいよチャレンジ!

【追記:2015年5月16日】
いろいろと試してみたい「バラのさし木」ですが、5月16日現在、以下の 4 品種をさし木しています。今後、その経過を記録していきたいと思います。先ずは、1 週間後に葉が黄変せずに残っていること!これがキーポイントになりますね。

  • シークレットパフィーム(ハイブリットティー)
  • ヨハネ パウロ 2世(ハイブリットティー)
  • うらら(フロリバンダ)
  • しのぶれど(アンティークタッチ)

特に理由はなく、花が終わりかけている枝をゲットできたから、単純にタイミングが良かった!上記の他に、できれば「オクラホマ」をさし木してみたいな~と考えています。

【公開時、オリジナル投稿記事】
先日購入した雑誌「NHK 趣味の園芸」で知った「バラはさし木で増やせる」という事実!(ちょっと大袈裟だな~無知だっただけじゃん、と突っ込まれそうですが・・・)そんな事実を知って、俄然やる気になっている私です。と言っても、実際には強風で折れたような枝を単純に廃棄するのがもったいないな~って感じていたから!

適期は、5、6、9 月だそうですが、正にシーズンということになるんでしょうね!このシーズン、緑枝さし(りょくしさし)と言って、花が咲き終わりそうな枝を切り取ってさし木にする方法だそうです。

こんな感じ!

2015年5月14日 - バラのさし木

では、早速、記録しておきましょう。

準備するもの

何はともあれ、準備が必要ですから、如何に私が準備したものをリストしておきましょう。

  • プランター(何でもいいのでしょうけど、私の場合、100 円ショップで購入したちょっと長くて深めのプランターを準備しました)
  • さし木用用土(鹿沼土(小粒):4、赤玉土(小粒):3、パーライト:1、ピートモス:1、ミリオン:1)
  • さし木用苗(今回は「シークレットパフィーム」と「ヨハネ パウロ 2世」の 2 品種)
  • オプション:発根促進剤(「さし木の発根促進剤:ルートン」を利用)
  • オプション:活性液(今回は「バイオゴールド バイタル」を利用)

特に気を使ったのは、用土です(当たり前かな~)いろいろと文献を参考にしたり、ネットを調べたりしましたが、いろいろな解説があって迷ったのですが、何はともあれ「清潔で保水性に優れていること」ということが重要なようです。そこで・・・上記のような配合にしてみました。

パーライトやピートモスは、かなり保水性に優れているのですが、乾いた状態で用土を使うと、鹿沼土や赤玉土の上に浮いてしまうので、プランターにセットする前に十分に水に浸すことが重要です。

さし木手順

では、実際の手順を示しておきます。

  1. さし木用用土を水に浸す(私の場合、活性液を入れた水を使いました!)。
  2. 活性液を準備します。さし穂候補の枝を切り取り、30~60 分、切り枝を活性液につけます。さし穂を確保するための切枝は、花が終わったような枝を選ぶ。
  3. さし穂を作る。5~7 枚葉の部分を発根させる方を 5cm 程度あった方がさし木がし易い。
  4. さし穂を、活性液につける。これも 30~60 分ほど。
  5. 発根促進剤をつけ、さし穂を用土にさす。
  6. 午前中は日当たりの良い場所に置く。できれば雨が当たらないことが望ましい!

作業自体は難しいものではありませんから、特に注意すべきことはないでしょう。

こうしてできた「さし木」は、20~30 日後には発根するらしいのですが、先ずは最初の 1 週間が勝負!「さし木」の葉が黄変しないことが成功へのカギとのこと!

作業後の管理として、以下のように理解することが重要。

  • 用土が過湿だと発根しないので水を与え過ぎないこと!
  • 日中は葉がしなっとなっても、朝、ピンとすれば問題なし!
  • 1 週間、しなっとなったりピンとなったりを繰り返す!
  • 葉が黄変しなければ活着する!

出典:「趣味の園芸 2015年5月号」より

さて、どうなりますか・・・先ずは 1 週間後に期待しましょう!とにかく葉が黄変しないこと・・・これに集中したいと思います。

しのぶれど、ヒビが入った鉢を断念して鉢増しを決行!

2015年5月2日 - しのぶれどの鉢増し4月に強風が吹いた時に、ひっくり返っていた「しのぶれど」ですが、数本の枝が折れていただけと考えていましたが、昨日、鉢を 360 度確認すると、何と、鉢の 2 か所に大きなヒビが確認できました。

鉢は、まだ割れているといった状態ではないのですが、割れるまでは時間の問題・・・ヒビの大きさはかなり大きくて、直ぐにでも「パリ~ン」といってしまいそう。

そこで、割れ掛けている「8 号鉢」を急遽、余っている「10 号鉢」へ鉢替えを決行することにしました。丁度、バラ用の培養土もあるし、この機会にちょっと大きめの鉢に。接着剤も考えたのですが、いずれ鉢を代える必要があるのであれば、この連休中に実施しようと考えたわけです。蕾もかなり付いているんだけどね~

先ずは、植え替える方の「10 号深鉢」に数 cm の培養土を入れました。私は、鉢底石のようなものは入れません!これまでの経験から、鉢底石は、根がそれを巻き込んで成長すると、将来に植え替えるのがとっても難しいので。

更に元肥を。中央に山盛りにして、「バイオゴールドクラッシク 元肥」200g!更に培養土を入れて・・・

割れかかった鉢から「しのぶれど」を静かに取り出し、根鉢を崩さずにそのまま新しい鉢に。後は、培養土を入れて完了。時間的には、30分程度の作業でしたが、これで蕾が散らないといいのですが・・・今後、要観察です。

Posted by “WordPress for Android” in Xperia Z3 Compact.

「俺流!バラとラン栽培」Copyright © 2015-2016 by Zero Cool. All rights researved. Frontier Theme