俺流!バラとラン栽培

バラとランと WordPress に魅せられて!

タグ: Xperia Z3 Compact

モバイルデバイスのサイズをリストする

モバイルデバイス・・・Surface 3、iPad Air、MeMO Pad 8、SONY Xperia Z3 Compact、iPhone 5s、更にミニキーボード ELECOM TK-FBP043。それおぞれのサイズを明確にしておきます。あくまでも自分の備忘録として。いつもいつもサイズを知るためにネットを検索しているので・・・

モバイルデバイスのサイズ
デバイス サイズ(幅 x 奥行 x 高さ mm)
Surface 3 約 267 x 187 x 8.7
iPad Air 240 x 169.5 x 7.5
MeMO Pad 8 211.7 × 124.9 × 8.3
Xperia Z3 Compact 127.3 × 64.9 × 8.64
iPhone 5s 123.8 x 58.6 x 7.6
TK-FBP043 221.3 × 107.5 × 21.5

上記、「幅」と「奥行」の定義は難しいのですが、長い方を「幅」、短い方を「奥行」として、「高さ」は「厚み」と考えて数字を並べておきます。よって、メーカー発表の表現と違っている場合がありますが、あくまでも自分の備忘録なので善しとします。

ミニキーボード「ELECOM TK-FBP043BK」を復活させる!

TK-FBP043BK_01自作 PC、Surface 3、Xperia Z3 Compact、MeMO Pad 8 がプライベート、ThinkPad(PC)、iPhone 5s と iPad Air が所属する会社支給です!全てを利用中で、全ての機器(デバイス)をネットワークに接続し利用中です!

先日、次女から「増え過ぎ!どうやって使い分けんの!?」と指摘され、それもそうだよな~なんて今更利用の方法を再考している・・・

最も重要なことは、仕事関連の電話(電話帳管理を含む)、メール、スケジュールなのですが、これまでの利用状況を考えると、電話・メール・スケジュール全てを iPhone だけで処理できる!iPad Air も同じ作業のために利用していますが、理由は簡単でキーボードを利用して入力しているので、使い易いだけ!

ってことは、iPhone でキーボードが機能すれば、電話・メール・スケジュールは全て完了することができる!ただ、電話通話に関しては、個人のスマートフォンである SONY Xperia Z3 Compact へ転送していて、公私に渡って電話通話はスマートフォン。その他、おサイフケータイが手放せないので、iPhone と Xperia を常時携行することが必須!

あ~ということは、iPhone と Xperia で利用できるキーボードがあれば、iPad Air を持ち歩く必要が無くなる、なんて簡単なことに気が付いて、昔利用していた「ELECOM TK-BFP043 シリーズ」というミニキーボードを復活することにしました!

既に生産を完了しているようですが、iPhone、Xperia 両方を接続して使い分けることができる。そもそも 9 つのデバイスを接続できるので、使い慣れてくれば Windows PC も接続できるので、便利なはず!

ELECOM の「TK-FBP043」のページで互換性を確認すると・・・あった、あった!

以下、ELECOM の解説ページからの抜粋ですが、見事に接続完了です。これで iPad Air なし、単純に iPhone と Xperia だけ持ち歩けば、電話・メール・スケジュールが完了でき、更にはプライベート利用に関しても不便が無くなるはず!だよな~

SONY Xperia Z3 Compact

本検証は「ELECOM Keyboard layout」をインストールし確認しています。
接続は以下の手順で行ってください。

  1. スマートフォンのホーム画面から「アプリ」アイコンをタップします。
  2. 「設定」をタップし、「無線とネットワーク- Bluetooth」をタップします。
  3. Bluetooth を ON にして、デバイスの検索を開始します。
  4. お使いのキーボードのキーボード名が表示されたらタップします。
  5. パスコードの入力を要求された場合は、お使いのキーボードでパスコードを入力して「Enterキー」を押します。
  6. ステータスが「接続済み」となれば接続完了です。

動作モード「mode1」でご使用下さい(TK-FBP043,044)。接続には、「miniUSB – MicroUSB 変換ケーブル」が必要です。

iPhone 5s(iOS 8.1.x)

接続は以下の手順で行ってください。

  1. スマートフォンのホーム画面から「設定」をタップします。
  2. 「Bluetooth」をタップします。
  3. Bluetooth を ON にして、デバイスの検索を開始します。
  4. お使いのキーボードのキーボード名が表示されたらタップします。
  5. パスコードの入力を要求された場合は、お使いのキーボードでパスコードを入力して「Enterキー」を押します。
  6. ステータスが「接続されました」となれば接続完了です。

ペアリングした後、[Fn]+[F12] を押してMode3にしてご使用ください。Num Lock機能がご使用いただけません。

Posted by “WordPress for Android” in Xperia Z3 Compact.

SmartWatch 3 はガーデナーの味方です!

20150417_SmartWatch3世間では「Apple Watch」が話題を独占している!?感がありますが、私は、どうも Apple 系の商品が苦手です。所属している会社が「iPhone 5s」と「iPad」を標準として支給しているので、それは仕方なく利用はしちぇいるのですが、基本は昔ながらのおっさん派で「ウィンテル」と「Android」利用です(ウィンテルって知ってますかね!?インテル CPU と Windows が入った PC のこと)。

そんなおっさんですが、最近はまっている「SONY SmartWatch 3」がかなり使えると感じていて、庭仕事をする時には必ず、スマートフォーンではなく、左腕に「SmartWatch 3」を身に着けて作業することにしています。

この「SmartWatch 3」は、基本的にはスマートフォンとセットで利用することが推奨されているので、私の場合は「SONY Xperia Z3 Compact」と「SONY SmartWatch 3」というコンビネーション。「SmartWatch 3」は仕事でも利用するため、メタルバンドを選択しています。どうも「それって・・・Apple Watch ですか?」と質問されることが多くて困ってしまいますが・・・

横道にそれましたが・・・庭仕事をする時に「SmartWatch 3」を身に着けると・・・以下のような「良いこと」があります。

  1. スマートフォンを持っていなくても「電話があったよ」とか「メッセージを着信したよ」ってな通知を受信できる!
  2. 天気や温度を確認することができる!
  3. 直射日光の下でもはっきりと表示が認識できる!

週末であっても、想定以上に業務関連の電話がある私は、常にスマートフォンを持ち歩いていますが、「通知機能」でガーデニングの最中にはスマートフォンを待たずに作業ができるようになりました。通知があれば、その通知を確認して、重要な時だけスマートフォンで確認するということができるようになりました。

以前の投稿記事「SmartWatch 3 で天気、温度を確認する!」で記述しましたが、天気と温度を 1 時間単位で確認ができる!これって、想定以上に便利です。庭仕事をしていて、ちょっと曇ってるな~と思って、天気を確認するして、数時間後の天気を確認。特に薬剤散布の時には、頻繁に確認するようになりました。

そして、最も重要な「直射日光の下での視認性」です!購入前は、本当に期待していなかった!直射日光の下では見えないんだろうな~と思っていただけに、実際に利用しだして、直射日光の下でもはっきりと表示が見えるのは本当に素晴らしい!

すると・・・「WiFi単独接続も可能に!ソニーのSmartWatch 3がApple Watchより便利な5つのこと – 週刊アスキー」という投稿記事を発見しました!気になる部分を引用しておきましょう。

SmartWatch 3 が搭載しているディスプレーは“半透過型液晶”。この方式の最大の利点は直射日光下でも視認性が確保できることで、これから日に日に日差しが強くなる夏にもってこいのディスプレーなのです。

また、バックライトが消えていても、ある程度の明るさがあれば画面を確認できるのもポイント。文字盤を自分に向ける大げさなアクションをしなくても、各種情報を確認することが可能です。出典;「WiFi単独接続も可能に!ソニーのSmartWatch 3がApple Watchより便利な5つのこと – 週刊アスキー」より

技術的なことはよく解りませんが、上記により視認性に関しては私個人の感触ではなさそうです。

ちょっと余談ですが、最近になって「SmartWatch 3」のシステムを「Android Wear 5.0.2」を「Android Wear 5.1.1」にアップグレードしました。それによって、これまでスワイプという作業をすることで、上記の通知を確認していたのですが、そのスワイプという作業をしなくても通知を見れるようになった・・・

通知を本体に触れずに見れるようになった!
通知を時計で受け取るのはいいんですが、結局スワイプしないと見れないので両手が塞がるんですよね・・・

それが今回のアップデートで時計に触ることなく、簡単なジェスチャーで通知を次へと送れる機能が付きました!出典:「Android Wareを最新バージョン5.1.1へアップデートしてみた!」より

実際には、アップデートした後に設定が必要ですから、上記のリンク先にある投稿記事を参考にして欲しいのですが、なるほど、この新機能もとっても良さそうです。

Multi-Devise Keyboard k480、気楽に Android と iPhone とで

logicool_keyboard本ブログは、通常の PC 以外にも「SONY Xperia Z3 Compact」や「ASUS MeMO Pad 8」、そして更には「iPhone 5s」と、多彩なディバイスを利用して、投稿記事を公開しています。メインは PC ではありますが。

しかし、多忙の中、PC を起ち上げて、更にブログを呼び出して・・・ということになると結構時間が掛かります。

やっぱり「Android」系のディバイスや「iPhone」で入力ができれば、もっと簡単になるはずなんです。と考えて、「Logicool Multi-Devise Keyboard k480」を購入しちゃいました!

このキーボード、Bluetooth ですが 3 つのディバイスを接続することができるんです。随分と以前から興味がありましたが、今一つ必要性を感じなくて購入を躊躇していました。しかし、このブログを起ち上げてから、ブログの投稿記事を書きながら、ちょっと仕事のメールを返信したり、LINE を書いたり・・・そんなことが続いたので、PC ではなく、「ASUS MeMO Pad 8」で投稿記事を書きながら、「SONY Xperia Z3 Compact」で LINE や Facebook、Twitter を使って、「iPhone 5s」で仕事のメールチェック・・・それがたった一つのキーボードで実践できる!

以下、自分用の備忘録ですが・・・

それぞれのディバイスを以下の通り設定しました。

  1. ASUS MeMO Pad 8
  2. SONY Xperia Z3 Compact
  3. iPhone 5s

これで更に気合を入れて投稿記事を公開していこう・・・なんて考えています。

Xperia Z3 Compact と PC を Wi-Fi 接続してデータを同期する

logotipo-sony-media-go-1(個人的に、「Xperia と PC を Wi-Fi で繋ぐことで、簡単に Xperia で撮影、加工した写真を PC に取り込むことができ、とっても快適です!)

現在所有しているスマートフォン「SONY Xperia Z3 Compact」で撮影しているバラやランの写真が多くなってきました。中には、永久保存したいようなものもあります。

通常のデジタルカメラで撮影したものは、Microsoft OneDrive へアップロードすることで保存しているので、可能であれば同じようにスマートフォンで撮影した写真も OneDrive へ保存したいし、PC で編集もしたい。まっ、もっとシンプルにスマートフォンのバックアップとして、「SONY Xperia Z3 Compact」と PC とでデータの同期をしておきたい。

ネットを検索していると・・・あるんですね~素晴らしい方法が!公開されている「SONY XperiaとPCをWi-Fiで繋げる方法 (USBケーブル不要!) – アジア旅行とモバイルとネコのつぶやき」を参照して、「Xperia と PC」を繋げて、全てのファイルを PC を同期することが。Wi-Fi ですから、毎回、ケーブルで接続する必要がありません。

上記リンクから、「PC COmpanion」という Freeware を PC にインストールします。詳細は「PC コンパニオン(PC Companion) | サポート | ソニーモバイルコミュニケーションズ」に記載されていますので、問題なくインストールできました。通常のソフトウェアと同じですし、全く迷うことはありません。

次に「PC Companion」を起ち上げ、「Xperia Z3 Compact」とのペアリングを実施しますが、Wi-Fi 接続する前に一度、USB ケーブルでつなげてペアリングを実施する必要がありますので注意が必要です(これを飛ばしてしまって、結構大変でした・・・)

ぺリングが完了すると以下のような画面が「PC Companion」の初期画面です。
20150324_PCCompanion
私が目的としている写真の同期は「Media Go」というアプリケーションを利用するらしい!上記画面の「Media Go」の開始ボタンをクリックすると自動でインストールされます。当然、「Media Go」単独でも利用できるようですが。

icon_mediago-logoMedia Go では、音楽、映画、テレビ番組、ポッドキャスト、ゲーム、フォト、その他のコンテンツを簡単に検索、整理できるのはもちろん、お使いのコンピュータや携帯機器で再生できるよう最適化も行います。出典:「Media Go | 音楽のソフトウェア | サポート・お問い合わせ | ソニー」より

これで準備完了。どうやら「Media Go」は音楽再生という目的で利用されることが多いようですが、私の場合、スマートフォンで音楽を再生することは少ないので、もっぱらフォトの同期(バックアップ)という目的での利用が多そうです。

1 / 3123
「俺流!バラとラン栽培」Copyright © 2015-2016 by Zero Cool. All rights researved. Frontier Theme